logo

「ホットペッパーグルメリサーチセンター」 Market Report:記念日の飲食シーン調査 発表

株式会社リクルートライフスタイル 2012年12月26日 13時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚優)に設置された食に関する調査・研究、地域振興機関「ホットペッパーグルメリサーチセンター」(センター長:竹田 邦弘)は、記念日の飲食シーンについての調査結果を、以下の通り発表いたします。

――――――――――――――――――――
■結果サマリー
――――――――――――――――――――
■調査時期:2012年9月19日(水)~9月24日(月)
■調査方法:インターネットによる調査
■調査対象:首都圏、関西圏に住む20~59歳の男女(株式会社インテージの登録モニター)
■有効回答数:5,141件(首都圏3,498件、関西圏1,643件)
※今回の調査では記念日=日常とは異なる特別なお祝いを実施した経験と定義し、個人、家族、学校・同窓、仕事、地域、趣味、の関係者と誕生日、結婚恋愛、打上げ、入学卒業、就職転職昇進、歴上の記念日などを祝ったことを指します。

◆過去1年間で特別なお祝いの実施者は77.7%。うち、外食でお祝いは35.3%
<過去1年間の特別なお祝いの実施率> (首都圏・関西圏計、複数回答  ※以下同)
●お祝いの実施あり計:77.7%
○第1位:自分の誕生日54.4%
○第2位:配偶者の誕生日37.2%
○第3位:子供・孫の誕生日36.3%

<特別なお祝いの内容>
○第1位:プレゼント・贈り物56.9%
○第2位:家の中での特別な食事36.9%
●第3位:外食や飲食店でのパーティー・会合など35.3%

 特別なお祝いで誕生日以外では「クリスマス・クリスマスイブ」(35.9%)や「母の日」(32.2%)が上位に入った。実施の内容では「家の中での特別な食事」( 36.9%) が「外食」(35.3%)をわずかながら上回り、世の中的に宅配やお惣菜購入などいわゆる「中食」が伸びている傾向と一致する結果であった。

◆結婚記念日→レストラン、仕事の打上げ→居酒屋・・・。記念日と相手により場所は使い分け
<記念日×相手別・お祝い時の外食場所>
○結婚記念日×自分 第1位:レストラン(ファミレス以外)37.0%
○誕生日×恋人 第1位:レストラン(ファミレス以外)35.0%
○誕生日×子供・孫 第1位:ファミリーレストラン、回転寿司27.8%
○誕生日×友人 第1位:居酒屋、バー、ビアホール33.3%
○打上げ・お祝い×同窓・OB会 第1位:居酒屋、バー、ビアホール54.5%
○打上げ・お祝い×仕事関係者  第1位:居酒屋、バー、ビアホール65.1%

 全記念日の合計ではレストラン(ファミレス以外)が、29.6%で最多であった。「食事を主体とする店」が合計で80.5%、「飲酒を主体とする店」が合計で12.8%と、記念日全体ではお酒より食事を楽しむニーズが高いという結果に。

◆店選びは、「雰囲気が落ち着いている」重視、あったら嬉しいのは「デザート系」サービス
<お祝い時の飲食店重視点>
●第1位:雰囲気が落ち着いていること34.7%
○第2位:美味しい料理、そこでしか味わえないメニュー26.7%
○第3位:おしゃれなお店であること22.0%
<あったら嬉しいサービス>
●第1位:ケーキのプレゼント40.6%
○第2位:デザートサービス27.3%
○第3位:割引サービス25.4%

 祝い時の飲食店の重視点も相手による違いは大きく、「七五三」「還暦祝い」では「個室があること」、「恋人の誕生日」では「高級感があること」などが上位に。お店によるサービスでは「よくあるバースデーケーキのサービスではなく、名前や日にち、趣味のスポーツなどをデコレーションに取り入れた、その人のためだけに作られた感のあるケーキを出されて感動(20代・女性)」などに代表される、「ケーキのプレゼント」や「デザートサービス」が1,2位、次いで割引がランクイン。


▼『HOT PEPPERグルメリサーチセンター Market Report:記念日の飲食シーン調査』詳細はこちら
リンク


▼リクルートライフスタイルについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。