logo

1stホールディングス、米Treasure Dataとビッグデータ分析分野で提携 ~「ビッグデータ活用基盤」を簡単かつ安価に提供~

1stホールディングス株式会社は、Apache Hadoop(以下Hadoop)ベースのクラウド型・データウェアハウスサービスを提供するTreasureData, Inc (本社:米国カルフォルニア州、CEO:芳川裕誠、以下TreasureData)と、ビッグデータ分析分野において提携することで合意しました。

Treasure Dataは、ビッグデータに関わる日本を代表する技術者グループが2011年に米国カルフォルニア州で創業した、クラウド型データウェアハウスサービスを提供する企業です。
Treasure Dataの提供する「Treasure Data Cloud Data Warehouse Service」は、Hadoopとクラウドサービスを組み合わせ、大きな投資をすることなく安価に、簡単に、かつ数日でビッグデータの分析基盤のサービスインができるのが特長です。

 両社は本提携に基づき、密な連携のもと、Treasure Dataの「Treasure Data Cloud Data Warehouse Service」と、1stホールディングスの「Dr.Sum EA」「MotionBoard(モーションボード)」をはじめとしたBI製品・サービスを連携させた「ビッグデータ活用基盤」を、簡単かつ安価に提供していく予定です。
 1stホールディングスが推進するビッグデータビジネスにおいては、その目的であるビッグデータの活用を実現するための情報活用基盤の必要性を強く認識しており、本提携は包括的なビッグデータソリューション・サービス提供のための重要な位置づけと捉えています。


 両社製品・サービス連携の詳細は以下のとおりです。

■ビッグデータ時代の企業の情報活用を強力に支援
2013年3月1日より、1stホールディングスグループの販売会社であるウイングアーク株式会社、バリオセキュア・ネットワークス株式会社を通じて、「Treasure Data Cloud Data Warehouse Service」の販売を開始します。
「Dr.Sum EA」「MotionBoard」と連携させ、BI製品の活用ノウハウで実績があるウイングアーク社のBIコンサルタントが導入支援を実施することで、ビッグデータ時代の企業の情報活用基盤の構築を強力に支援していきます。

■困難なHadoopシステム構築を誰でも利用可能なサービスとして提供しTCO削減に貢献
「Treasure Data Cloud Data Warehouse Service」の特長である、「Hadoopに特化したITスキルが必要なく」「困難な運用監視もサービス提供し」「ビッグデータ分析基盤のサービスインまでの構築期間を大幅に短縮」することを通じて、企業のビッグデータ分析基盤構築におけるTCOの削減に貢献します。
■ビッグデータ収集、保存、活用における最適な環境
収集、保存、活用の3つの領域で、お客様に最適かつ堅牢なビッグデータ活用基盤を提供します。

- データ収集:Treasure Dataの技術者が開発を主導したオープンソースソフトウェア「fluend」を企業システム向けにパッケージ化した、既存のシステムから簡単に本サービスへデータのインポートが可能なエージェント「td-agent」を提供。SSLによる暗号化された状態で、1コア毎秒最大10,000メッセージレベルでのアップロードが可能

- データ蓄積:クラウド上のオブジェクトストレージを活用し、3つのロケーションへ複製し、データ保存を行うことで、データウェアハウスとしての堅牢性を確保し、オリジナルのカラム型DBにより最大でオリジナルのデータソースを約80〜90%圧縮することなどにより、通常のHadoopクラスターより大幅にパフォーマンスが向上

- データ活用:JDBCドライバーの提供で、様々なツールとも連携し、SQLのようなクエリー言語であるHiveQLで情報取得が可能


なお、本協業について株式会社ブレインパッド 取締役 安田誠様よりご賛同文をいただいています。

「株式会社ブレインパッドは、1stホールディングス株式会社と米TreasureData,Inc社のHadoopクラウド・データウェアハウスサービスでの提携を歓迎いたします。
既にブレインパッドと1stホールディングスで発表した、協業でのマーケティングソリューションにおいても、ブレインパッドが分析対象とするデータの収集、蓄積の仕組みとして連携することにより、大規模でかつ、ローコストにお客様へ付加価値の高いサービス提供ができるデータ分析基盤になると考えており、大いに期待しております。」




<MotionBoardとは> リンク
ダイナミックなチャート表現により、企業システム内に蓄積された膨大な情報を可視化する情報活用ダッシュボードです。リアルタイムにデータを反映するとともに、モバイル端末に対応することにより時間と場所の制限を低減し、データに基づく的確でタイムリーな意思決定をサポートします。

<Dr.Sum EAとは> リンク
さまざまな企業システム内に蓄積された膨大な情報を統合、高速かつ柔軟に多次元集計分析するBI・データ活用ソリューションです。国内では3,430社、6,670サーバー(2012年2月現在)の導入実績があり、日本国内BIツール市場でシェアNo.1を獲得しています。(出所:株式会社富士キメラ総研 「ソフトウェアビジネス新市場2012年版」出荷数量ベース)


[1stホールディングスについて] リンク
本社所在地 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー14F
代表取締役社長 内野弘幸
創業 2004年3月
事業内容 企業の情報活用を支援するソフトウェア・サービスおよびインターネットセキュリティサービスの開発・販売

[TreasureDataについて]  リンク
所在地 米国カリフォルニア州マウンテンビュー市
CEO 芳川裕誠
設立 2011年6月
事業内容 オープンソースソフトウェアを積極的に活用した企業向けデータ解析基盤「Treasure Data Cloud Data Warehousing Service」を開発・販売


<製品・サービスに関するお問い合わせ先>
1stホールディングス株式会社  
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1  渋谷インフォスタワー14F
ビッグデータ事業担当  担当:小島・中川
TEL:03-5962-7300

<本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>
1stホールディングス株式会社 兼 ウイングアーク株式会社 広報担当 山本・高橋
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:pr@wingarc.co.jp


※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。