logo

鬼才浮世絵師・歌川国芳の春画作品集を電子化! 12月21日、eBookJapanにて電子書籍版『国芳の春画』(平凡社刊)販売開始



国内最大級の電子書籍販売サイト「eBookJapan」(リンク)を運営する、株式会社イーブックイニシアティブ ジャパン(本社:東京都千代田区西神田2-5-2、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)は、2012年10月に刊行されて以来、注目を集めている『別冊太陽 国芳の春画』(平凡社刊)を電子書籍化し、12月21日にリリースいたします。

日本が世界に誇る文化遺産ともいうべき「春画」はいま、国内外を問わず注目を集めています。例えば2012年11月より、ハワイ・オアフ島のホノルル美術館で「日本の春画展」が開催されており、2013年10月からは、イギリス・ロンドンの大英博物館で「大春画展」が開催される予定です。また、幕末の鬼才・歌川国芳については、2012年11月より横浜美術館で「はじまりは国芳―江戸スピリットのゆくえ」展が開催されています。

eBookJapanでは創業以来、マンガを中心に展開する一方で、時代を超えて高い価値を持つ名著を一人でも多くの読者に届けるべく取り組んでまいりました。このような考え方に沿って、今回、歌川国芳の春画・艶本の代表作と未公開作品を収録した画期的大全『別冊太陽 国芳の春画』を電子書籍化いたしました。

   

本書の編著者・白倉敬彦氏は、「はしがき」で次のように述べています。「本書は、図版を中心とした国芳の春画・艶本の全貌を明らかにした最初のものである。ぜひ、その多種多様な図柄の変遷を辿って見てほしい。そこに新しい国芳の豊潤な世界が出現するであろうことは必定である。」

eBookJapanは今後もビッグタイトルや名作を中心に、積極的に電子書籍化を行い、新たな試みにも挑戦してまいります。


■eBookJapanの主な特長
<世界最大級の電子コミック保有数>
コミックを中心に約72,000冊の電子書籍を、高画質でお楽しみ頂けます。

<パソコン、スマートフォン、タブレットで読める>
WindowsPC、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Android端末、Windows Phone(※)に対応し、オフラインでも楽しめます。

<トランクルーム機能>
トランクルームとは、購入された電子書籍を保管するために自由に使用できるWeb上のお客様の本棚です。これにより端末の記憶容量を圧迫せず、端末故障時にも電子書籍を保護し、お好みの端末に自由に移動して読書ができます。
※ Windows Mobile 6.1以上(Windows Phone 7.5には未対応)

■株式会社イーブック イニシアティブ ジャパンについて
「Save trees!」を合い言葉に地球環境保護の理念を掲げて2000年に創業した電子書籍業界の老舗で、電子書籍販売サイトeBookJapanを運営しています。2011年には東京証券取引所マザーズ市場に上場しました。(コード: 3658)
コーポレートサイト: リンク
電子書籍販売サイト: eBookJapan (リンク)

■ 株式会社イーブックイニシアティブジャパンの歴史
1998年4月 創業者鈴木雄介が、(株)小学館勤務時代、電子書籍コンソーシアムを結成し、衛星配信による電子書籍の「ブックオンデマンド」の実験を実施(2000年3月実験終了)。
2000年5月 鈴木が、(株)小学館を退社し、株式会社イーブックイニシアティブジャパンを創業。
2001年10月 手塚プロダクションとの契約締結。
2003年10月 鈴木が、発起人代表として電子書籍ビジネスコンソーシアムを設立し、副会長に就任。
松下電器産業(現パナソニック)の電子書籍専用端末「Σbook」事業に協力。
2004年1月 鈴木著書『eBook時代はじまる! -「電子の本」が変える読書革命 -』発売
2007年10月 トランクルームサービスを開始。(世界初の電子書籍をインターネットで預かるサービス)
2010年4月 鈴木が取締役会長に、小出斉が代表取締役社長に就任。
2011年10月 東証マザーズ上場


■代表者プロフィール
代表取締役社長 小出 斉(こいで ひとし)

1993年 東大経卒。三菱重工業、A.T.カーニー、
ボストンコンサルティンググループなどを経て、
2009年イーブックイニシアティブジャパン副社長。
10年から代表取締役社長(現職)。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。