logo

第5回「DEGジャパン・アワード / ブルーレイ大賞」追加情報 竹中 直人氏が 「DEGアワード アンバサダー」に就任

デジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン 2012年12月17日 14時53分
From Digital PR Platform


映像コンテンツメーカーや映像機器メーカーが加盟する次世代デジタルエンターテイメントの普及団体「デジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン」 (会長:塚越 隆行、以下DEG ジャパン)は、2012年に発売されたブルーレイ ソフトの中でブルーレイディスクの特長を最も活かした作品を表彰する第5回「DEGジャパン・アワード / ブルーレイ大賞」(以下 DEGジャパン・アワード)の開催に合わせて、俳優、タレント、映画監督等、様々な分野で幅広く活躍されている竹中 直人(たけなか なおと)氏が「DEG アワード アンバサダー」に就任したことを発表しました。

竹中氏は、ベネチア国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞した『無能の人』をはじめご自身も映画監督をされていると同時に、ブルーレイ観賞が趣味ということで、ブルーレイ作品に対する深い見識をお持ちです。このたびブルーレイの魅力・特長を訴求しているDEGジャパンおよび「DEGジャパン・アワード」の活動に賛同し、「DEGアワード アンバサダー(広報大使)」としてDEGジャパンと共にブルーレイの普及活動に協力していただきます。

なお本日より、竹中氏は過去の「DEGジャパン・アワード」受賞作品へのコメント提供のほか、現在審査中の第5回「DEGジャパン・アワード」においてもアンバサダーとして参加していただくなど、ブルーレイの魅力を様々な形で発信して頂きます。

■竹中 直人(たけなか なおと)氏プロフィール: 
1956年3月20日生まれ(56歳)。神奈川県横浜市金沢区富岡出身。多摩美術大学卒。
1993年に映画『シコふんじゃった』にて日本アカデミー賞最優秀助演男優賞の受賞のほか、映画『Shall we ダンス?』、NHK大河ドラマ『秀吉』等、俳優として数々の映画、ドラマに出演。映画監督としては1991年に初主演・初監督となる『無能の人』がベネチア国際映画祭国際批評家連盟賞受賞。現在、監督として7作品目となる『R18文学賞 自縄自縛の私』の公開を来年2/2に控えているほか、タレント、ミュージシャンをはじめマルチな才能で活躍中。


【第5回「DEGジャパン・アワード / ブルーレイ大賞」最新情報】

今回の各社からのエントリーは合計77タイトル(12月17日現在)と過去最多の前回(67作品)を超え、過去最多のエントリー数となっており、急速に拡大しているブルーレイ市場の頂点を競い合う大混戦が予想されます。エントリー作品の詳細は、リンクをご参照ください" target="_blank">リンクをご参照ください。

また、ユーザー投票だけで決定するユーザー大賞【リンク】の投票も現在好評実施中です。投票の締め切りまで残り2週間を切る、2012年12月26日(水)までです。こちらでも日々激戦が続いています。
ユーザー投票していただいた方には、エントリー作品のBDソフト全部セットや、ヘッドマウントディスプレイなどの豪華賞品を抽選でプレゼント。また、投票応援企画
リンク)も同時に開催中で、皆さんご自身のブログやネットの友達等にこちらのユーザー投票を呼び掛けていただき、数多くのネット投票にご協力(応援)いただいた方にも、エントリー作品のBDソフト全部セットやBDプレーヤーなどの豪華賞品を抽選でプレゼント。ぜひ、あなたの投票及び応援で2012年を代表するBD作品を選んでください。

【DEGジャパンについて】
デジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン(DEGジャパン)は、次世代のデジタルエンターテイメント市場のさらなる成長を目的に、映像コンテンツメーカーや映像機器メーカーが一体となって活動を行う業界団体です。2008年6月に発足し、2012年12月現在計41社が加盟しています。
DEGジャパンの活動の詳細並びに最新のブルーレイソフト情報については、リンク でご覧いただけます。

DEGジャパンの会員企業・計41社  (五十音順、2012年12月現在)

映像コンテンツ会員 (計26社)
アスミック・エース エンタテインメント株式会社、アミューズソフトエンタテインメント株式会社、株式会社IMAGICA TV、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社エスピーオー、株式会社NHK エンタープライズ、角川書店株式会社、キングレコード株式会社、ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社、松竹株式会社、株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、株式会社ソニー・ミュージックディストリビューション、東映株式会社、東宝株式会社、20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン株式会社、日活株式会社、株式会社バップ、株式会社ハピネット、パラマウント・ジャパン合同会社、バンダイビジュアル株式会社、ビクターエンタテインメント株式会社、ビコム株式会社、株式会社ポニーキャニオン、株式会社よしもとアール・アンド・シー、ワーナー エンターテイメント ジャパン株式会社

機器メーカー会員 (計7社)
NECパーソナルコンピュータ株式会社、シャープ株式会社、ソニー株式会社、パイオニア株式会社、株式会社日立製作所、パナソニック株式会社、三菱電機株式会社

協賛会員 (計8社)
株式会社キネマ旬報社、 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社、株式会社ソニーDADCジャパン、ダイキン工業株式会社、dts Japan株式会社、Dolby Japan株式会社、メモリーテック株式会社、ロヴィ株式会社


【参考資料】
第5回「DEGジャパン・アワード / ブルーレイ大賞」概要

1.カテゴリー
第5回「DEG ジャパン・アワード / ブルーレイ大賞」は下記のカテゴリーによって構成されます。
下記の下線(*)は、第5回からの新設および変更点です。
■グランプリ
■審査員特別賞
■ベスト高画質賞(映画部門(洋画、邦画)、TVドラマ部門、企画映像部門*1、アニメ部門(洋、邦)*2)
※1:前回までのビデオ(TV・ドキュメンタリー・音楽)部門を、TVドラマ部門と企画映像部門に2区分化
※2:アニメ部門を洋部門と邦部門に2区分化
■ベスト高音質賞(音楽部門(クラシック)、音楽部門(ポップス他)*3、映像部門)
※3:音楽部門をクラシックとポップス他に2区分化
■ベストインタラクティビティ賞
■ベストレストア/名作リバイバル賞(旧作品の画質・音質を修復)
■ユーザー大賞 (下記「ユーザー大賞について」ご参照)
■ベストBlu-ray3DTM賞
※映画部門(洋画、邦画)、およびTVドラマ部門へのアニメ作品のエントリー不可

2.選考委員
審査委員長
麻倉 怜士 (AV評論家)
審査委員
本田 雅一 (AV評論家)
藤原 陽祐 (AV評論家)
明智 惠子  (株式会社キネマ旬報社 キネマ旬報 編集長)
米崎 明宏 (株式会社近代映画社 スクリーン 編集長)
長谷川 暢紀 (株式会社エンターブレイン DVD&ブルーレイでーた 編集長代理)
千葉 栄  (株式会社日之出出版 DVD&ブルーレイVISION 編集長)
泉 哲也  (株式会社ステレオサウンド HiVi/ホームシアター編集部 部長)
岡 政人   (ぴあ株式会社 ぴあ映画生活/ぴあMovieSpecial 編集人)
吉岡 広統 (株式会社日経BP 日経エンタテインメント ! 編集長)
社団法人日本オーディオ協会
DEGジャパン 機器メーカー会員             
(順不同、敬称略)

3.エントリー対象作品
2012年1月1日~12月31日の間に国内で発売・販売されたブルーレイ作品
※一般作に限る

エントリー規定
・DEGジャパン会員ソフトメーカーによる自薦エントリー
・審査員による推薦エントリー
・DEGジャパン非会員ソフトメーカーによる一般公募エントリー

4.審査プロセス

■一次選考(ノミネート作品の決定) *〆切は2013年1月16日(水)
エントリー作品を、審査委員の投票により審査し、二次選考に進むノミネート作品を決定

■二次選考
審査委員が一堂に会する2次選考会にて審査を行い、ノミネート作品の中から各部門の受賞作品、グランプリ作品を決定。
ユーザー大賞のみ、一般BDユーザーからの投票より決定(投票はBDAマイスタークイズサイト:リンク にて2012年12月3日(月)から2012年12月26日(水)まで実施)
※BDAマイスターサイトは、ブルーレイディスク・アソシエーション(BDA)が主催しているブルーレイ関連のクイズ・検定を行うサイトです

■受賞作品発表・授賞式
2013年2月15日(金)に東京都内で実施する授賞式にて各受賞作品の発表を予定しております。またDEGジャパンのWebサイト(リンク)内で発表いたします。


【ユーザー大賞について】:【リンク】 からのユーザー投票※で決定。投票期間は、2012年12月3日(月)から2012年12月26日(水)まで。

※ユーザー投票:一般ブルーレイユーザーからのWeb投票は、ブルーレイディスクの規格策定、普及活動を行う業界団体であるBDA(Blu-ray Disc Association)のBDAマイスタークイズサイト【リンク】で行います。人気アニメや話題のハリウッド作品、人気アイドル・アーティストの音楽作品等と様々なジャンルの全18作品が、候補作品として上がっています。こちらでの投票による最高投票獲得作品がそのまま「ユーザー大賞」の受賞作品として表彰されます。
ユーザー投票していただいた方には、エントリー作品のBDソフト全部セットや、ヘッドマウントディスプレイなどの豪華賞品を抽選でプレゼントいたします。また、投票応援企画(リンク)も同時に開催中で、皆さんご自身のブログやネットの友達等にこちらのユーザー投票を呼び掛けていただき、数多くのネット投票にご協力(応援)いただいた方にも、エントリー作品のBDソフト全部セットやBDプレーヤーなどの豪華賞品を抽選でプレゼントいたします。ぜひ、あなたの投票及び応援で2012年を代表するBD作品を選んでください。

-----------------------------------------------
本件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先:
DEGジャパン広報事務局(株式会社プラップ ジャパン 内)
担当:務台(むたい)、柏木
電話: 03-4580-9105  
e-mail: deg@ml.prap.co.jp
-----------------------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。