logo

クリスマスを彩るCUTE&SEXYなランジェリーを、大切な人へのメールや、ソーシャル上でおねだりできる!チームラボ制作「Ravijour」公式サイトに新要素追加

クリスマスシーズンにあわせ、ランジェリーブランドRavijourの公式サイト「RavijourオフィシャルWEBストア」に、限定商品の世界観を楽しめるスペシャルページと新機能を追加。欲しいものを特別な人へ「おねだり」したり、ソーシャルメディアを使って友達に恋を応援してもらうことが可能に

株式会社ベリグリが手掛けるランジェリーブランド「Ravijour(ラヴィジュール)」の公式通信販売サイト「RavijourオフィシャルWEBストア」(制作、運営:チームラボ)が、クリスマスシーズンにあわせて新機能「おねだり機能」と、クリスマス限定のランジェリー商品「Christmas Collection」を扱うスペシャルページを追加しました。

欲しいランジェリーを自分の代わりに買ってもらうことができる「おねだり機能」は、ソーシャルメディアやブログを使って自分のおねだりアイテムを友達にシェアする「みんなにおねだり」と、特定の人にメールを送っておねだりする「あの人におねだり」の、2つの方法からおねだりを選べるのが特徴。

「RavijourオフィシャルWEBストア」は、ショッピングサイトでありながらブランドサイトでもある、全く新しいファッションサイトです。トップページにも、商品検索一覧ページにもカワイイ画像を多用しており、常にページがキラキラするように、女性のテンションが上がるデザインになっています。「おねだり」ページもサイトのコンセプトに合わせ、大事なクリスマスを迎えるキラキラした気持ちが伝わるような、そして待っているだけでも楽しめるようなデザインにしました。

2012年12月1日(土)の導入から約一週間のデータを集計したところ、22:30~25:30という遅い時間帯のおねだりはその50%以上が成功していました。導入前や他の時間帯に比べてコンバージョン率が圧倒的に高く、ランジェリーやイベントシーズンとの相性の良さが伺えます。

クリスマス限定ランジェリーや、おねだり機能を使い、クリスマスという一大イベントをよりハッピーなものにしてください。


【おねだりの種類】

[A]: みんなにおねだり
サプライズを仕掛けたい方や、恋人におねだりするのが恥ずかしいという方であれば、イベント感覚で“勝負下着”を伝え、友達に応援してもらうことができます。
クリスマスの大事な夜を友達に応援してもらうため、Facebookやツイッター、ブログなどを使って、専用のおねだりページを友達みんなにお知らせ。もちろん、何人かの親しい友達だけにメールで伝えてもOKです。

[B]: あの人におねだり
面と向かっておねだりが出来なくても、秘密のメッセージや写真を添えて、特別な人だけにこっそりと伝えることができます。なかなか恋人に逢うことができない、遠距離恋愛中の方などにもおすすめです。


【おねだりの手順】

[1]: 自分専用のおねだりページの作成
各アイテムに表示している「これ、ほしい!」というボタンを押してログインすると、自分専用のおねだりページを簡単に作ることができます。この専用ページでは、おねだり相手へのメッセージや、自分自身のプロフィール画像の編集ができます。

[2]: おねだりの方法を選ぶ
特別な人だけに伝える「あの人におねだり」と、イベント気分でみんなに伝える「みんなにおねだり」のどちらかを選びます。

[3]: おねだりが成功すれば、あとは住所を入力するだけでOKです。
おねだりされた人たちが、商品をチェックして、決済をすると、メッセージが届きます。そこで届け先住所を入力すれば、あとはアイテムが届くのを待つのみです。
※おねだりページの有効時間は48時間で、「みんなにおねだり」の場合、1人が決済するとおねだりは終了します。


【ギフトラッピングサービス】
おねだり機能と同時に開始したサービス。Official Web Store限定のサテンギフトポーチでラッピングして商品をお届けします。メッセージと一緒にプレゼントを綺麗にラッピングしてくれる、イベントシーズンのサプライズにぴったりなサービスです。


■RavijourオフィシャルWEBストア
リンク

■Ravijour Christmas 特設ページ
リンク

■株式会社ベリグリ
リンク

■チームラボとは
プログラマ・エンジニア(プログラマ、UIエンジニア、DBエンジニア、アーキテクチャー、ネットワークエンジニア、ロボットエンジニア、コンピュータビジョンエンジニア、ソフトウェアアーキテクト)、数学者、建築家、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、CGアニメーター、絵師、編集者など、情報社会のさまざまなものづくりのスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。

<主な実績>
『百年海図巻』と『チームラボハンガー』が文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作
品(11)に選出。『美術手帖(6月号)』にて、pixivと共に特集記事が掲載(11)。大晦日の第62回NHK紅白歌合戦で、嵐メドレーの演出を担当(11)。フランス「LAVAL VIRTUAL」にて『世界はこんなにもやさしく、うつくしい』を展示し、「建築・芸術・文化賞」賞を受賞(12)。国立台湾美術館にて、「We are the future」展を開催(12)。明治神宮外苑で行われた「TOKYO DESIGNERS WEEK2012」にて、新作アートアニメーション「Nirvana」を発表(12)。2012年末にかけて、「コミニカ展」(at 佐賀城本丸歴史館, 11/23~12/2)に、「百年海図巻」を、「SIGGRAPH Asia 2012」(at SingaporeExpo, 11/29~12/1)に、「Graffiti@Google」を、「LIVE SCOPE」(at 青山スパイラル,12/3)に、「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」を展示。また、「ヴィレッジヴァンガード」(リンク)や「ラヴィジュール」(リンク)などのECサイトも共同運営(12)。

チームラボ株式会社
リンク
チームラボ作品紹介
リンク


本件に関するお問い合わせ
チームラボ(広報担当・工藤/森)
lab-pr@team-lab.com
03-5804-2356

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。