logo

最先端のクロル工場で28nm FD-SOI技術の製造体制を構築

STマイクロエレクトロニクス 2012年12月13日 10時25分
From PR TIMES

~ シリコン上で検証済みのプロセス技術が、30%の高速化と最大50%の低消費電力化を実現 ~

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロ
エレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、28nm FD-SOI技術プラットフォーム
の量産化へ向けたステップとして、クロル工場(フランス)の300mm製造設備を
利用し先行量産を開始したことを発表しました。本発表は、28nm以降で
プレーナ型の完全空乏技術を提供するSTの能力を裏付けるものです。この技術は、
最高性能・最小電力が求められるマルチメディア機器・携帯型機器向け組込み
プロセッサに欠かせず、バッテリ寿命を損なうことなく、美しいグラフィックや
マルチメディア、高速ブロードバンド接続を実現します。

本発表は、FD-SOI Consortiumが主催する完全空乏型シリコン・オン・
インシュレータ(FD-SOI)技術のワークショップ(サンフランシスコ)と同時に
行われました。

FD-SOI技術プラットフォームでは、充実した機能を持ち、シリコン上で検証済み
の設計プラットフォームが使用でき、基礎ライブラリ(標準セル、メモリ・
ジェネレータ、I/O、AMS IP、高速インタフェース)一式や、電力効率の高い
高速機器の開発に最適な設計フローが含まれています。

STのFD-SOI技術は、従来技術よりも格段に低い消費電力で、性能の向上を可能に
するST-エリクソンの次世代モバイル・プラットフォームに採用されています。

STのエグゼクティブ・バイスプレジデント、デジタル部門ジェネラル・
マネージャ 兼 最高製造・技術責任者であるJean-Marc Cheryは、次の様に
コメントしています。「STには、製品と技術の両方で新しいソリューションを
開発してきた長い歴史があります。FD-SOI技術の製造体制を整えることで、STは
再び半導体技術の開発・製造におけるイノベータかつリーダーになろうとして
います。プロセス後のウェハ・テストでは、従来の技術よりも性能・電力面で
優れているFD-SOIにより、費用対効果の高いソリューションを28nm以降で実現
できることが証明されました。また、最大動作周波数が2.5Ghz超で、供給電圧が
0.6V時でも800MHzで動作するST-エリクソンのNovaThor ModApプラットフォーム
(のマルチコア・サブシステムにおける評価結果が期待通りであることを
裏付けた他、非常に柔軟性の高い技術と、DVFS(Dynamic Voltage and Frequency Scaling、
動的な電圧・周波数制御)を介して利用可能な拡張された電圧範囲が確認されました。」

製造の成功と同様に重要なことは、28nm バルクCMOSから28nm FD-SOIへの
ライブラリおよびフィジカルIPの移植が簡単であることを確認できたことです。
また、MOSヒストリー効果がないため、従来のCADツールを使用したデジタル
SoC設計プロセスとFD-SOI設計手法がバルクCMOSと一致することも確認しました。
FD-SOIは、動的ボディ・バイアスによる必要時の高性能モードへの即時切替えと、
通常時の非常に低いリーク状態への回復が、アプリケーション・ソフトウェア、
オペレーティング・システム、キャッシュ・システムに対して完全に透過的に
実行されるため、電力効率に優れた機器の製造を可能にします。FD-SOIは、
バルクCMOSと比べて、高性能・低電圧・高効率な動作を可能にします。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、「センス & パワーとオートモーティブ製品」部門と「エンベデッド・
プロセッシング ソリューション」部門の多種多様なアプリケーションに半導体
を提供する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力から
データ・セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、
そして、家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしの
あらゆるシーンにおいてSTの技術が活躍しています。STは、よりスマートな生活
に向けた技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。
2011年の売上は97.3億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト
リンク )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
デジタル製品グループ
TEL:03-5783-8340 FAX:03-5783-8216

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事