logo

LINE、世界3大デザイン賞の一つである 「iFデザイン賞」をクロスメディア広告部門で受賞

プロダクト・マーケティング・イベントなど総合的なブランド体験が評価

NHN Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森川 亮、以下 NHN Japan)は、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ『LINE(ライン)』(リンク)につきまして、世界的に権威あるドイツのデザイン賞「iFデザイン賞」(International Forum Design)をクロスメディア広告部門で受賞いたしましたので、お知らせいたします。

「iFデザイン賞」は、ドイツ・ハノーバー工業デザイン協会が1953年から主催し、全世界の工業製品から優れたデザインを選定する国際的に権威のあるデザイン賞で、「レッドドット(red dot)」・「IDEA(International Design Excellence Awards)」とともに世界3大デザイン賞の一つとされています。

今回LINEが受賞した「iFクロスメディア広告部門」では、LINEのシンプルでわかりやすいユーザー・インターフェース、および「デバイスや国境を越えて人と人を繋げる」というブランディング展開を通じ、国際的にも受け入れられるグローバルなコミュニケーションを提供した部分が高く評価されました。

また、2012年7月に東京•渋谷で開催したカンファレンス「Hello、Friends in Tokyo2012」、2012年5月~8月にかけて開催された「麗水(ヨス)国際博覧会」にて設置した展示スペース「LINE square」の会場演出・装飾において、LINEの世界観を体現したシンプルなデザインと、スタンプのキャラクターを象徴的に活用することで、より良いブランド体験を提供したのが印象的だった、という評価をいただいています。

なお、LINEのデザイン関連アワードでの受賞は、2012年度 グッドデザイン賞「金賞」に続き、2回目となります。

LINEでは、世界230カ国・8,100万人に利用されるグローバル•コミュニケーション•プラットフォームとして、今後も世界中のユーザーに対してより良いコミュニケーション体験を提供して参ります。

■参考:iFデザイン賞公式サイト(英語)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事