logo

マイクロフォーカス株式会社、IBMメインフレーム・アプリケーション向けの開発・管理支援製品をリリース

マイクロフォーカス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:田島裕史)は、IBMメインフレーム・アプリケーション向けの開発・管理支援ツール「Micro Focus Enterprise Developer」「Micro Focus Enterprise Test Server」「Micro Focus Enterprise Server」の3製品を、本日より販売・出荷開始することを発表いたします。

IBMメインフレームは日々世界のビジネストランザクションの主要な部分を担って稼働し続けており、メインフレーム上の基幹システムは、多くの企業にとって欠くことのできない経営資源となっています。しかし、その高額な運用コストや、開発・管理に特別なスキルが必要とされることがIT部門の課題であることも事実です。マイクロフォーカスのEnterprise製品は、汎用的なIDEを利用したメインフレーム・アプリケーションのクロス開発を可能にするとともに、Windowsサーバーを仮想メインフレームとしてテストを行うこともでき、生産性向上に寄与します。また、メインフレーム・アプリケーション資産を容易にWindows, Linux, UNIX等の最新テクノロジー環境へリホストし、柔軟性・拡張性の向上も実現します。

マイクロフォーカスは、価値あるIBMメインフレーム・アプリケーション資産を低コスト・低リスクで活かし続けるためのソリューションを提供します。


■今回リリースの製品の特長と主な機能

Micro Focus Enterprise Developer
IBMメインフレーム・アプリケーションの開発向けに、EclipseやVisual Studioなどの開発環境を利用することで生産性や品質の向上を支援するツールです。

・開発環境としてEclipseやVisual Studioを利用可能
・IBMメインフレーム互換性コンパイラ・ランタイム
・JCL/CICS/IMSの開発サポート


Micro Focus Enterprise Test Server
Windowsサーバーを「仮想メインフレーム」として、大規模バッチやマルチユーザーオンライン処理の統合テストを行うIBMメインフレーム・アプリケーション向けのテスト環境です。

・IBMメインフレーム互換性ランタイム
・JCL/CICS/IMSのテストサポート


Micro Focus Enterprise Server
IBMメインフレーム上で稼働しているアプリケーションをWindows/Linux/UNIXなどのプラットフォームへリホストし低コストの基幹システム運用を可能にする実行環境製品です。

・IBMメインフレーム互換性COBOLランタイム
・IBMメインフレーム互換性JESエンジン
・IBMメインフレーム互換性CICSエンジン
・IBMメインフレーム互換性IMSエンジン


※各製品情報の詳細は、こちらをご覧ください;
リンク


■稼動環境
Micro Focus Enterprise Developer 2.1J
 Windows 8 (32/64-Bit)
 Windows 7 (32/64-Bit)
 Windows Server 2008 SP2 (32/64-Bit)
 Windows Server 2008 R2 (32/64-Bit)
 AIX POWER 6.1/7.1 (32/64-Bit)
 x86-64 running Red Hat Linux 5.5/5.8/6.2 (32/64-Bit)
 Oracle Linux 6 Update 2 with Unbreakable Enterprise Kernel Release 2
 SPARC running Solaris 10/11 (32/64-Bit)
 x86-64 running SuSE SLES 11/11 SP2 (32/64-Bit)
 z/390 running SuSE SLES 11 SP2 (32/64-Bit)
 z/390 running Red Hat Linux 6.2 (32/64-Bit)
 HP-UX IA 11.31 (32/64-Bit)

Micro Focus Enterprise Test Server 2.1J
 Windows 8 (32/64-Bit)
 Windows 7 (32/64-Bit)
 Windows Server 2008 SP2 (32/64-Bit)
 Windows Server 2008 R2 (32/64-Bit)

Micro Focus Enterprise Server 2.1J
 Windows 8 (32/64-Bit)
 Windows 7 (32/64-Bit)
 Windows Server 2008 SP2 (32/64-Bit)
 Windows Server 2008 R2 (32/64-Bit)
 AIX POWER 6.1/7.1 (32/64-Bit)
 x86-64 running Red Hat Linux 5.5/5.8/6.2 (32/64-Bit)
 Oracle Linux 6 Update 2 with Unbreakable Enterprise Kernel Release 2
 SPARC running Solaris 10/11 (32/64-Bit)
 x86-64 running SuSE SLES 11/11 SP2 (32/64-Bit)
 z/390 running SuSE SLES 11 SP2 (32/64-Bit)
 z/390 running Red Hat Linux 6.2 (32/64-Bit)
 HP-UX IA 11.31 (32/64-Bit)


■製品の販売について
・販売・出荷開始: 2012年12月3日
・販売価格(初年度保守料込・税抜)
   Micro Focus Enterprise Developer 2.1J:1ネームドユーザー 60万5,000円
   Micro Focus Enterprise Test Server 2.1J:1コア 266万2,000万円
   Micro Focus Enterprise Server 2.1J:1コア 266万2,000万円より


■Micro Focus製品全般について/ユーザー事例など
以下のサイトをご参照ください。
リンク


■マイクロフォーカス製品・サービスに関するお問い合わせ先
マイクロフォーカス株式会社 営業部
Tel: 03-5413-4800/Fax: 03-5413-4777
E-mail: sales@microfocus.co.jp
URL: リンク


*本文中の各社の社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。