logo

藤沢とおる原作の『ソウルリヴァイヴァー第2巻』など3作品を発売  未来形コミック月刊『ヒーローズ』の人気作品が単行本化

株式会社ヒーローズ 2012年11月28日 13時00分
From Digital PR Platform


株式会社ヒーローズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三宅克)は、12月5日(水)に未来形コミック月刊『ヒーローズ』で連載中の3作品のコミックス最新刊を発売致します。

この度ヒーローズコミックスとして発売するのは、『海傑エルマロ』第2巻、『ソウルリヴァイヴァー』第2巻、『BLUENEST』第1巻の3タイトルです。同コミックスは、販売先を限定している本誌と異なり、全国の書店でも販売致します。

◆コミックス詳細ページ:リンク

なお、その他本誌連載作品ついても毎月5日に順次コミックスとして刊行予定。発売タイトルの詳細は本誌、公式WEBサイト[リンク]にてお知らせして参ります。

【12月5日(水)発売 ヒーローズコミックス概要】

■発売商品 :
『海傑エルマロ』(第2巻)
原案:伊藤福八 / 脚本:中川トシヒロ / 作画:井上紀良
『ソウルリヴァイヴァー』(第2巻)
原作・構成・キャラクターデザイン:藤沢とおる / 作画:秋重学
『BLUE NEST』(第1巻)
原作:JUN / 作画:TAIBOGI
■発売日 : 2012年12月5日(水) ※一部地域では発売日が異なります。
■発行 : ヒーローズ
■発売 : 小学館クリエイティブ
■販売価格 :
『海傑エルマロ』『ソウルリヴァイヴァー』 560円(税別)
『BLUE NEST』 520円(税別)
■販売店舗 : 全国のコンビニ・書店 ※一部取扱いのない店舗もございます。

【各作品のあらすじ】

●『海傑エルマロ』 原案:伊藤福八 / 脚本:中川トシヒロ / 作画:井上紀良

世界を盗むサムライ×パイレーツ!
群雄割拠の日本にすら飽き、自由と冒険を求め大海へ飛び込んだ若きサムライ。彼は世界の至宝を追い求めるうち“悪童(=エルマロ)”といわれる伝説の海賊となった...!!
戦国日本の世界への玄関口、長崎は平戸港に突如あらわれた謎の男・和光カイリ。遊女たちばかりに声をかけて仲間を募った彼は“俺は海賊になる”と宣言する。彼が狙うのは近海を荒し回る中国一の大海賊“王直”の財宝だという。はたして空の向こう、海の果て、大地の彼方から彼が盗み獲るのは...!!
『夜王』の井上紀良が、大海原をキャンバスに鮮烈に描き出す。サムライ海賊の圧倒的な生きる鼓動が世界の果てまで響き渡る。待望の第2巻。

『海傑エルマロ』 作品詳細ページURL
リンク

●『ソウルリヴァイヴァー』 原作・構成・キャラクターデザイン:藤沢とおる / 作画:秋重学

「ちょっくら逝ってくっか。魂を奪還しによ」――
“生”と“死”の狭間で、逝ってしまったものを再び還す“魂の救出屋”が、ここに。
「魂の救出屋」稼業のジンとクララは、死んだ人間を生き返らせる――人呼んで“ソウルリヴァイヴァー”。
“死”と“無”の狭間「死界」で繰り広げられる“魂”の救出ミッションを100%の成功率で遂行する二人のもとには、さまざまな依頼が舞い込むのだが......。
『GTO』藤沢とおる+『GO_ON!』秋重学コンビが放つ、アクション・エンターテインメント第2弾!!

『ソウルリヴァイヴァー』 作品詳細ページURL
リンク

●『BLUE NEST』 原作:JUN / 作画:TAIBOGI

22世紀、世界の大陸は海に沈み、テラという大地だけが海上に残された。そこはタイロンという心やさしき王が遭遇した人々を平等に迎え入れる希望の場所だった。
しかし、ある日、クラーという最悪の男がクーデターを起こし、タイロン王と王妃は殺された。その子供のカイとルカは命からがらテラを離れ生き延びた。
10年後、成長したカイは船で生活する貧しい人々を助け、テラを取り戻す決意をし、長い長い航海に出るのであった。

『BLUE NEST』 作品詳細ページURL
リンク

###

【未来形コミック月刊『ヒーローズ』 概要】

未来形コミック月刊『ヒーローズ』は、ヒーロー漫画を連載作品として連ねた月刊コミック雑誌で、2011年11月の創刊以降、現在までに計12作品を連載中です。作品に複数の才能を活用する“スタジオ方式”や、本誌だけでなくWEBサイトで作品に関連するコンテンツを楽しめる新しいコミック誌のかたちを目指します。2012年9月にはヒーローズコミックスを創刊し、現在までに『ULTRAMAN』など計10タイトルの単行本を販売中です。また現在、新たな才能発掘のため開催する第2回ヒーローズ漫画大賞の作品を募集中です(第二期12月5日締切)。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事