logo

国産初のフロアスタンドタイプ(立上げ型)サイドテンション付スクリーン、短焦点プロジェクター用のモバイルスクリーンとしてオーエスから新登場!

短焦点プロジェクターは、例えば約0.5mの短い投写距離から80型の大きな画面を映し出すことができる※ため、スペースの有効利用や、プロジェクターの天吊り設置が困難な場所などに有効なプロジェクターとして2012年春から急激に市場浸透しています。
  ※プロジェクターの機種によって投写距離は異なります。
株式会社オーエスでは、その短焦点プロジェクター用スクリーンとして、本年8月にSZPを発表いたしました。SZPは天井・壁面設置の巻取り型電動スクリーンとして、好評価で市場に受け入れられております。SVSはその姉妹機になり、スクリーンの幕面(生地)もサイドテンション用専用生地WV101をそのまま採用しています。最大の特長は持ち運びができるフロアスタンド型という機構。モバイル性だけでなく、スクリーン設置ができない体育館の中などでも、映像を使ったインストラクションが有効に行えます。SVSのサイドテンション機能による快適な平面性は、画像のゆがみを抑え、見る人に快適な印象を与え、画面を見る疲れも軽減します。

SVSはトップバーにより生地全体を引っ張り、生地左右方向からも紐によりテンションをかけることで、短焦点プロジェクターで投写しても影や歪みの出にくい平面性を実現しました。これから益々シェアの拡大する短焦点プロジェクターに最適のスクリーンとして、2機種を同時発売いたします。
商品名:オーエス モバイルサイドテンションスクリーン SVS
希望小売価格:オープン
発売開始日:2012年11月29日(木)
出荷開始日:2012年12月19日(水)

■SVSの平面性を高める主な機構
・サイドテンション機構:生地左右にタブを付け、タブを通した紐で生地を引っ張ることにより、映写面のシワを防止しています。
・トップバー:弊社従来品よりも太くして、生地のたわみを少なくしました。
・オリジナル素材のタブ:SVSのタブはテンションが均一になるように、ほとんど伸縮の無い素材を使用しています。
・サイドテンション専用生地の採用:サイドテンションスクリーンの平面性を生むために専用生地を採用、生地の適度な緊張を保ちます。(生地記号WV101)また防炎性能試験合格品の為、学校やオフィスなどにも安心して導入をいただけます。
■SVSその他の特長
・巻き取り収納し、持ち運びができる平面性に優れたスクリーン
・施工やスクリーン支持具の必用の無い、フロアスタンド型モバイルスクリーン
・安定性のある回転脚を採用
・幕面のセットは、しっかりと止まるスリーブ・ロック方式を採用。
(スクリーンの高い平面性を実行するためには、支柱は常に最大に引き伸ばした状態で使用する必要があります)
・ アスペクトフリー:SVSは黒マスクの無いアスペクトフリースクリーン。黒マスクが無いために、プロジェクターのアスペクト比に煩わされる事無く、幕面一杯に投写することができます。

■ SVSのラインナップと最大投写サイズ
型式:SVS-63FN-H-WV101/最大投写サイズ(インチ):63(16:9)、65(16:10)、68(4:3)/外形寸法(スクリーン引き出し時):2001(W)×2110(H)×410(D)/質量:9.0kg
型式:SVS-83FN-H-WV101/最大投写サイズ(インチ):83(16:9)、85(16:10)、90(4:3)/外形寸法(スクリーン引き出し時):2444(W)×2245(H)×410(D)/質量:11.0kg

■本件に関するお問い合わせ   リンク
株式会社オーエス コンタクトセンター:〒120-0005東京都足立区綾瀬3-25-18
電話:フリーダイヤル  0120-380-495  FAX:フリーダイヤル 0120-380-496
E-mail info@os-worldwide.com


■本ニュースに関するお問合せ先・ニュース発信者
株式会社オーエス  本部:〒120-0005東京都足立区綾瀬3-25-18
マーケティングチーム 藤枝 昭  
TEL.03-3629-5356 FAX.03-3629-5187  E-mail a.fujieda@os-worldwide.com
■株式会社オーエス 会社概要
名称:株式会社オーエス リンク
本社:大阪市西成区南津守6-5-53オーエス大阪ビル  本部:東京都足立区綾瀬3-25-18オーエス東京ビル
創業:昭和28年4月
資本金:4608万円
代表者:代表取締役 奥村正之
事業内容:オーエススクリーンのブランドで文教・企業向けに数多くの製品を提供。スクリーンばかりでなく、プロジェクター、薄型ディスプレイハンガー等を活用したコミュニケーションシステムの構築。ウォールバック開閉や、ハンガー・バトン昇降・カーテン開閉などをはじめとした装置類の開発・設計・施工からトータルコントロールシステムまで、一貫したソリューションを提供する。
営業所:仙台、北関東・新潟、首都圏、中部、北陸、近畿、広島、福岡
北海道地区販売代理店:東和E&C株式会社
沖縄地区販売代理店:株式会社オーエス沖縄黒板
■関連企業
株式会社オーエスエム 本社:兵庫県宍粟市    リンク
株式会社オーエスプラスe 本社:東京都足立区  リンク
株式会社オーエス沖縄黒板 本社:沖縄県中頭郡  リンク
OSI CO., LTD.(Hong Kong)           リンク
喜摩租賃(北京)有限公司:中華人民共和国      リンク

■日本総販売代理店
OPTOMA(台湾)/ 世界初のポケットプロジェクターを発表したDLPプロジェクターメーカー
Vogel’s(オランダ)/フラットディスプレイなどのスタイリッシュハンガーメーカー
SCREEN RESEARCH(イタリア)/ THX、ISF公認のサウンドスクリーン
AV Stumpfl(オーストリア)/画像処理技術で世界的に定評あるメーカー
EASTONE(日本)/国産唯一のTHX認定スクリーン、ecoスクリーンを開発する国内メーカー





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事