logo

調査レポート「韓国モバイルヘルス市場の動向と展望」をROAホールディングスが出版

この調査レポートは、医療産業の変化を基盤に新しく台頭してきている韓国市場でのモバイルヘルスについて詳しく調査を行うと同時に、モバイルヘルスの範囲と定義について再規定を試みている。また、今後モバイルヘルスの本格導入が進む環境を仮定し、韓国国内のモバイルヘルス市場を「サービス」「ネットワーク」「機器」「ソリューション」の4カテゴリーに区分し市場規模を予測している。

本レポートの紹介

本報告書では、医療産業の変化を基盤に新しく台頭してきている韓国市場でのモバイルヘルスについて詳しく調査を行うと同時に、モバイルヘルスの範囲と定義について再規定を試みた。また、今後モバイルヘルスの本格導入が進む環境を仮定し、韓国国内のモバイルヘルス市場を「サービス」「ネットワーク」「機器」「ソリューション」の4カテゴリーに区分し市場規模を予測している。 現在の韓国におけるモバイルヘルスは、病院事業者と通信事業者間の合従連衡が起きており、機器事業者とソリューション事業者もモバイルヘルスによって自社の事業領域を拡大しようとする動きが現れている。本報告書では、モバイルヘルス事業に参入している事業者の現在の主な戦略方向と推進現況に対しても調査を行っている。

レポートサマリー
Executive Summary

モバイル技術の発達とモバイルデバイスの拡大は、通信産業の枠を越えて様々な産業に影響を及ぼしている。モバイル産業と他の産業が区分されるのではなく、すべての産業においてモバイルが融合し、さらに産業が発展・変化している状況といっても過言ではない。それは韓国における医療産業でも同じである。

医療は高度な専門性が要求される分野であり、医師である専門家集団と病院という特殊な領域内で閉鎖的に産業(技術、基盤、事業形態)が発展してきた。しかしモバイル技術の発展と共にモバイルネットワーク基盤の情報交流が活発になる中、医療産業もモバイルの影響を受け始めており、最近では韓国でもモバイルヘルスという用語を通じて新しい医療産業のパラダイムが表出してきている。

例えば、今まで医師自身の能力(知識力、技術選定力)で院内にて患者を診療・検査してきた形態から、IT基盤の先端医療機器を活用した医療行為が展開され始めている。また最近では、スマートパッド、モバイル医療機器のようなハンドヘルドデバイスとモバイルネットワーク基盤を活用した映像情報共有、処方伝達システム、そしてモバイル電子カルテのようなモバイルヘルスの環境も構築されている。当然、医療関連プレイヤーに加えて、最近では通信事業者やITメーカー、ソリューションベンダーなども同市場に続々と参入してきた。

本報告書では、医療産業の変化を基盤に新しく台頭してきている韓国市場でのモバイルヘルスについて詳しく調査を行うと同時に、モバイルヘルスの範囲と定義について再規定を試みた。また、今後モバイルヘルスの本格導入が進む環境を仮定し、韓国国内のモバイルヘルス市場を「サービス」「ネットワーク」「機器」「ソリューション」の4カテゴリーに区分し市場規模を予測している。2013年以降、韓国モバイルヘルス関連市場はCAGR(2013年~2017年)=11.1%水準で成長すると予想され、2017年には13兆ウォン規模まで市場が拡大すると推定している。

これに加え、モバイルヘルス事業に参入している事業者の現在の主な戦略方向と推進現況に対しても調査を行った。現在のモバイルヘルスは病院事業者と通信事業者間の合従連衡が起きており、機器事業者とソリューション事業者もモバイルヘルスによって自社の事業領域を拡大しようとする動きが現れている。本報告書を通じて、韓国の各事業群別に現在の具体的な事例と共にモバイルヘルスの動向を分析する。

モバイルヘルスは医療産業の全領域に包括的かつ瞬時に適用されるのではなく、一部の領域において徐々に適用されていく可能性が大きい。これは、技術の進歩が人間の生命を扱う領域においては保守的にアプローチする傾向があるためだ。したがって、韓国ではモバイルヘルスがまずどのような領域で適用が可能なのかを考察し、最後にモバイルヘルスの活性化の面で解決しなければならない課題について制度的、技術的、サービス的な側面で調査を行った。また、モバイルヘルス産業の拡大によって様々な事業者のアプローチ方法についても示唆している。

本報告書が、多少なりともモバイルヘルス分野の成長に必要な海外ベンチマークの役割を担い、少なからず日本市場の発展に寄与できるようになれれば幸いである。


目次

Executive Summary

1 韓国医療産業の変化

2 モバイルヘルスケアの定義と範囲

3 モバイルヘルス市場規模と展望

4 モバイルヘルスによる医療サービスのエコシステムの変化
 4-1 既存医療サービスのエコシステム
 4-2 モバイルヘルスケアサービスのエコシステム
 4-3 モバイルヘルスケアによる利用者観点での変化
  4-3-1 医療死角地帯の解消
  4-3-2 多様な新規医療サービス
  4-3-3 医療費削減
 4-4 モバイルヘルスケアによる供給者観点での変化
  4-4-1 医療サービス提供形態の変化
  4-4-2 病院業界の構造調整
  4-4-3 新規参入者との協業増加

5 モバイルヘルスケアの事業者別戦略方向性および動向
 5-1 病院事業者
 5-2 通信事業者
 5-3 機器事業者
 5-4 ソリューション事業者

6 モバイルヘルスの適用領域

7 結論とインプリケーション
 7-1 モバイルヘルス拡大のための解決課題
  7-1-1 制度的側面:モバイルヘルス環境構築のための法制度改正
   7-1-1-1 遠隔診療関連法
   7-1-1-2 医療機関の営利行為許容関連法
  7-1-2 技術的側面:モバイルヘルス関連技術の標準化確立
  7-1-3 サービス的側面:モバイルヘルスデータの活用方案および管理方案確立
 7-2 モバイルヘルス市場の機会要因 図表目次図目次

[図1-1]医療産業の変化
[図2-1]モバイルヘルスケアの範囲
[図2-2]モバイルヘルスケアの定義
[図3-1]韓国国内医療費推移(1990年~2010年)
[図3-2]韓国モバイルヘルス市場規模推定根拠および方法
[図3-3]2013年韓国国内モバイルヘルス市場規模(単位:億ウォン)
[図3-4]韓国国内モバイルヘルスケア市場規模予測(2013年~2017年、単位:億ウォン)
[図4-1]現在の医療サービスエコシステム
[図4-2]モバイルヘルスサービスのエコシステム
[図4-3]2011年韓国地域別医療機関比率(単位:%)
[図4-4] 2011年人口10万人当たりの病院・医院数(単位:箇所)
[図4-5]韓国国内高齢者人口の変化および全体人口対比率(2003年~2010年)
[図4-6]モバイルヘルスケア導入前後の医療サービス提供形態の変化
[図4-7]モバイルヘルスケア導入前後の地域病院利用形態の変化
[図4-8]モバイルヘルスサービスによる医療産業の事業者間協業構成図
[図5-1]各事業群別モバイルヘルス戦略方向性
[図5-2]モバイルヘルス市場での事業群別影響力の変化
[図6-1]モバイルヘルス優先適用領域
[図7-1]モバイルヘルス拡大のための解決課題


表目次

[表4-1]モバイルヘルス導入によって創出される新規サービス事例
[表4-2]韓国内の国民医療費規模およびGDP対比率の推移(1990年~2010年)
[表5-1]韓国主要病院のモバイルヘルス推進動向
[表5-2]韓国主要通信事業者のモバイルヘルス推進動向
[表5-3]韓国主要機器メーカーのモバイルヘルス推進動向
[表5-4]韓国主要ソリューション事業者のモバイルヘルス推進動向
[表6-1]医療サービスのプロセス区分
[表6-2]医療疾患の区分
[表7-1]医療法関連モバイルヘルス制約事項および改善事項


◆ROAホールディングスについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

◆無料メ-ルマガジンのお申込み
リンク

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531  Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:office@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

[図]韓国国内モバイルヘルスケア市場規模予測(2013年~2017年)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事