logo

ネットワンパートナーズ、米国ジューレックス社のオフィス/データセンター向け消費電力可視化・削減ソリューションを販売開始


 ネットワンシステムズ株式会社のグループ会社で、パートナー企業との協業に特化してICTインフラを提供しているネットワンパートナーズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:齋藤 普吾、以下ネットワンパートナーズ)は、米国ジューレックス(JouleX Inc.)社のオフィス/データセンター向け消費電力可視化・削減ソリューション「JouleX Energy Manager(ジューレックス・エナジー・マネージャ)」を、本日より販売開始します。

 「JouleX Energy Manager」は、ネットワークに接続されたICT機器の消費電力をエージェントレスで自動的に収集し、事前に設定したルールに基づいて制御することで、電力コストの低減を実現します。さらに、消費電力・電気料金・CO2排出量をグラフ形式で可視化する機能や、設定ルール適用後の消費電力シミュレート機能を備えており、さらなる消費電力の改善に繋げることができます。

(※「消費電力を可視化したダッシュボード」につきましては、画像をご覧下さい)

 例えば、オフィス内では、平日夜間や休日に使用していないPC・モニターや部門代表電話以外のIP電話を自動的にシャットダウンするように設定することで、退社時に電源OFFされていないICT機器の消費電力を削減することができます。
 また、データセンター内では、VMware社の仮想マシン管理ツールであるvCenter Serverと連動し、夜間や休日など仮想マシンに必要なリソースが少ない時間帯に、JouleX Energy Managerで設定したパラメータや取得値に応じて仮想マシンを集約することで、一部の物理サーバをスタンバイ化することができます。これによって、消費電力を削減することが可能です。

 今回の「JouleX Energy Manager」の販売開始に際し、ネットワンパートナーズは自社オフィスで実証実験を実施しました。約2ヶ月間にわたって、平日は深夜早朝の1:00~7:00、休日は全時間帯、使用していないPCの電源を制御し、タイムスケジュールに従って自動的にシャットダウンさせ、使用電力の可視化、分析を行うことによって、実証実験前と比較して、50%以上の消費電力削減効果が確認されました。

 消費電力の削減は、企業の社会的責任(CSR)および電力リスクの観点から、企業の規模を問わず、あらゆる企業に求められています。ネットワンパートナーズのパートナー企業は、「JouleX Energy Manager」の販売およびネットワンパートナーズの販売支援・設計・構築・保守・運用サービスを活用することで、新たな販売機会を得ることが可能になります。

 今後もネットワンパートナーズは、「高付加価値ディストリビュータ」として、パートナー企業の競争力を高める製品・高品質サービスを提供してまいります。

■JouleX Energy Managerの販売参考価格

<対象>
●オフィス
 ・想定規模:従業員500人程度
 ・参考ライセンス費用(初年度保守費用込み):¥2,850,000

●データセンター
 ・想定規模:ラック100本程度
 ・参考ライセンス費用(初年度保守費用込み):¥28,800,000



ネットワンパートナーズ株式会社は、2008年11月に設立した、ネットワンシステムズ株式会社のグループ会社です。パートナー企業との協業ビジネスに特化し、ネットワンシステムズが販売可能な全ての商品群(サービスを含む)、およびネットワンパートナーズ独自のソリューションや製品を、販売支援・導入から保守・運用サービスまで含め、パートナー企業向けに付加価値とともに販売します。詳細は www.netone-pa.co.jp をご覧ください。

※本文掲載の社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

<本件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先>
ネットワンシステムズ株式会社 広報・IR室:西田武史
TEL:03-5462-0772 FAX:03-5462-0890 E-mail:media@netone.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。