logo

調査レポート『2012年「交通分野」における「ビッグデータ(BigData)」の「データ(Data)」種類に関する詳細調査』をESP総研が出版

各業界・業種別の中で最もニーズが高まっている“2012年「交通分野」における「ビッグデータ(BigData)」の「データ(Data)」種類に関する詳細調査”をESP総研が出版

【調査レポート概要】

【はじめに】

 2012年度下期がスタートし、早2ヶ月以上が経過したが、「ビッグデータ(BigData)」 に対する期待や注目度は今まで以上に高まっている。

 中でも、特に最近では医療・ヘルスケア分野、農業分野、交通分野、防犯・セキュリティ分野などを中心に各分野別、各業界・業種別に「ビッグデータ(BigData)」の「データ種類(各業界・業種別に、どのようなデータ種類が存在し、どのようなデータが今後活用価値の高いデータになるのか?)」ならびに「活用シーン(そのデータを活用した斬新な未来シーン)」について調査&レポート化して欲しい!といった声が高まっている 。
 
 背景にあるのは、 「ビッグデータ(BigData)」を収集・蓄積・保存、解析(マイニング)、活用、予防・予見・予兆・コンサルティングなどの「ビッグデータ(BigData)」関連ビジネスの一連の流れの基となる「データ種類(各業界・業種別に、どのようなデータ種類が存在し、どのようなデータが今後活用価値の高いデータになるのか?)」 を網羅的且つ多層的に把握したい!といった要望・リクエストがある。

 こうした声を受けて、ESP総研では各業界・業種別の中で最もニーズが高まっている“2012年「交通分野」における「ビッグデータ(BigData)」の「データ(Data)」種類に関する詳細調査”をレポート化することとなった。

 この調査報告書が「ビッグデータ(BigData)」関連ビジネスに着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【サブタイトル】

~ 「ビッグデータ(BigData)」時代を睨み、「交通分野」に属するあらゆる「データ(種類)」の網羅的な抽出調査を実施、「交通分野」で活用価値の高い「データ」の徹底探索≪合計1,576件の交通分野×全データ種類を抽出・整理&体系化≫~

【調査対象】

・ 「交通分野」 全般

【調査方法】

・弊社専門調査員によるオープンデータの収集ならびに、クローズドデータの収集、プラス弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査&レポート期間】

・ 2012年9月7日(調査開始)~2012年11月1日まで深堀調査を実施した。その後、レポーティング(集計&分析)を実施し、2012年11月15日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。

リンク


◆株式会社 ESP総研について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

◆無料メ-ルマガジンのお申込み
リンク

株式会社 データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531  Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:office@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。