logo

ドヴァとSkeedが事業提携 遠隔地間通信のHUBとして沖縄と国内外の伝搬遅延を解消する 高速ファイル転送システム「シーサーガード +SonicEx」を提供開始

株式会社Skeed 2012年11月16日 11時30分
From DreamNews

【発表の概要】
経済活動のグローバル化に伴う遠隔地との情報共有のニーズの増加、また、企業が取扱うデータの大容量化などからファイルの送受信において様々な課題が浮き彫りとなりつつあります。例えば、一般には「転送遅延を少しでも解消する為にファイル自体を小さくし、何回かに回数を分けて送付」「メディアに保存して郵送」「FTPサーバを用意し時間をかけて転送」などの対策が採られてまいりましたが、ビジネス上の要求に十分応えられるものではありません。
むしろこれらの一時的な解決策によって「ファイルを小さくする作業や、小さくされたファイルをまとめる作業に手間がかかってしまう」「配送中のトラブルによって荷物(メディア)が届かない」「郵送中のセキュリティの担保が出来ない」「大容量ファイルでは、FTPでの転送中にエラーが起こり止まってしまう事がある」など新しい問題点が生じています。
こうした課題に対し、ドヴァはSkeedの開発した大容量高速ファイル転送ソフトウェア「SkeedSilverBulletTM」のエンジンを採用した「シーサーガード +SonicEx」をリリース致しました。
これにより、沖縄県内に設置する同社iDC(インターネットデータセンター)や同県内の高品質イントラ網回線で結ばれた各データセンター間と、国内外の離れたところにある顧客拠点との間で行われる遠隔データ転送においてFTPの数十倍といった大容量高速ファイル転送を実現します。



【シーサーガード +SonicExのサービス詳細】
「シーサーガード +SonicEx」はドヴァの沖縄iDCをご利用/ご契約頂いているお客様、またはOK-net※1およびOKイントラ※2をご利用/ご契約のお客様にご提供するものです。主な性能特性と利用用途は次のようになります。

※1:沖縄県内で提供している、インターネット接続サービスです。
※2:OKイントラとは、沖縄県内の離れた場所にあるデータセンターをイントラネットで結ぶことにより、県内データセンター間の通信をシームレスに行う事の出来るイントラ網を使ったサービスです。


≪性能特性≫
■自動的な帯域制御(ユーザーの設定による制御も可能)
■高度な暗号化により通信傍受を防止
■「SHA-1」アルゴリズムを活用しデータの完全性を担保
■低品質回線のパケット損失率増大によっても転送性能が悪化しにくい為高速にファイル転送が可能

≪主な利用用途≫
『国内大都市圏や、海外の顧客拠点からのDR(ディザスタリカバリ)対応ソリューションとして』
『遠隔地間から中継サーバへのファイルアップロード/ダウンロードツールとして』
『グローバル通信におけるマスターデータのファイル連携ツールとして』など
※ご利用料金などのお問い合わせについては、
株式会社ドヴァ ICT営業統轄本部 TEL:045-222-6607 までご連絡ください


【SkeedSilverBulletTMについて】
SkeedSilverBulletTMは、長距離通信や回線品質の劣化に伴い伝搬遅延を来すという、TCPの欠点を克服するため、ファイル転送に特化した独自プロトコル“SkeedSilverBulletProtocol(以下SSBP)”を実装したソフトウェア製品です。SSBPを用いることで、他の通信と公平に共存しつつ、通信距離や
ファイル容量を気にすることなく、FTPの数十倍といった大容量高速ファイル転送を実現します。
・SkeedSilverBulletTM 製品Webサイト:リンク 


■株式会社ドヴァ:リンク
ドヴァは1998年の設立以降、ICT(Information Communication Technology)のプロとして、マルチベンダーの広い視点から顧客企業の様々な課題・問題点を抽出・分析し、運用状況に応じた容易なICT導入・コスト削減策を提案・構築支援することで、最適なパフォーマンスを提供しています。また、運用の煩雑化・トラブル対応などの負担軽減や保守業務までのフルサポートをワンストップで支援する事により、煩雑な業務管理にとらわれない業務の効率化を実現しております。

■株式会社オキット:リンク
「シーサーガード +SonicEx」販売、運用パートナー
オキットは、情報資産を沖縄に集積させ沖縄から世界に発信していく為に設立した「沖縄に密着・特化したICTサポートカンパニー」です。ISP事業として、OK-net・OKイントラ等の回線のご提供、高速リストアバックアップサービス「シーサーガード +BACKUP」、アプリケーション開発やネットワーク・システムの各種構築を主事業としています。幅広いニーズにハードからソフトまでワンストップで柔軟に対応し、ICTに関して最適なサービスと確実な成果をご提供しております。

■ 株式会社Skeed:リンク
Skeedは、Winny開発者の金子勇氏のリーダーシップのもと、革新的技術開発で市場を牽引しています。例えば、クラウドコンピューティング、ビッグデータ時代の進化するネットワーク利用ニーズに応えるべく、多数のマシンの協調動作によるオーバーレイネットワークを用いた効率と信頼性に優れたファイル配信・保管実現、また大容量・長距離でのセキュアなデジタルデータ転送基盤の実現などにより、ターンキーソリューションを創出しています。


<本件に関する報道関係お問い合わせ先>

株式会社ドヴァ ICT営業統轄本部 担当:井口・内田
TEL:045-222-6607 FAX:045-222-6575 E-mail: info@dova.co.jp

株式会社オキット 担当:園木
TEL:098-894-9408 FAX:098-862-2833 E-mail:info@okit.co.jp

株式会社Skeed 営業マーケティング部 担当:松岡
TEL:03-5487-1032 FAX:03-5487-1037 E-mail:t-matsuoka@skeed.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事