logo

アシスト『オープンソース・オフィスソフト自治体導入事例』セミナー



■概要

・題名 :『オープンソース・オフィスソフト自治体導入事例』セミナー
      ~オフィスソフトに係るコストを
        LibreOffice/Apache OpenOfficeで削減しませんか~
・主催 :株式会社アシスト
・後援 :財団法人地方自治情報センター
     日本OpenOffice.org&OpenDocument Format利用推進グループ
・日時 :2012年12月13日(木)14:30~17:00 (受付開始 14:00)
・参加費:無料
・会場 :東京、大阪、福岡
 ※詳細およびお申し込みについては後述しております。


■ご挨拶

2014年4月、商用オフィスソフトのMicrosoft Office2003はメーカー方針に
より、延長サポートの提供が終了となります。Microsoft Officeの新バージョ
ンのライセンス購入には高額な費用が発生します。そのため無償で誰でも利用
可能で、Microsoft Officeと高い互換性があるオフィスソフトのLibreOffice/
Apache OpenOfficeに注目が集まっています。LibreOffice/Apache OpenOffice
はコスト抑制やベンダー・ロックインの解除などを目的として山形県や会津若
松市など多くの自治体で採用されています。

本セミナーでは、LibreOffice/Apache OpenOfficeの移行事例として、茨城県
龍ケ崎市様に移行における「課題と対応策」や「職員へのフォローアップ」に
ついてご講演いただきます。またアシストより、多くの自治体/企業に支援
サービスをご利用いただいた中で培った「自治体における移行ポイント」につ
いてご紹介いたします。

皆様のLibreOffice/Apache OpenOfficeへの移行の一助となれば幸いです。
ご参加をお待ちしております。


■プログラム

●日本OpenOffice.org&OpenDocument Format利用推進グループの活動のご紹介
 講演者:日本OpenOffice.org&OpenDocument Format利用推進グループ

●龍ケ崎市での「OpenOffice/LibreOffice」の採用から現在まで
 講演者:龍ケ崎市 政策推進部 情報政策課

 龍ケ崎市は、全庁標準のオフィスソフトとしてOpenOffice/LibreOfficeを
 採用しました。 導入PCは約420台、移行によるライセンス・コストの抑制効
 果は約2,000万円を見込んでいます。移行における課題と対応策や、職員へ
 のフォローアップについてご紹介します。

●自治体や大手企業で採用進むLibreOffice、Apache OpenOfficeご紹介
 講演者:アシスト

●LibreOffice/Apache OpenOffice自治体での移行ポイント
 講演者:アシスト


■会場およびお申し込み

最寄りの会場のWebサイトよりお申し込みください。
・東京メイン会場:アシスト市ヶ谷セミナールーム
 リンク

・大阪サテライト会場:アシスト西日本支社セミナールーム
 リンク

・福岡サテライト会場:アシスト福岡営業所セミナールーム
 リンク


■問い合わせ先

 公開ソフトウェア推進室 セミナー担当:助川(スケガワ)
 E-Mail:ooo_evt@ashisuto.co.jp
 TEL:03-5276-5807 FAX:03-5276-5878

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。