logo

日本を代表する写真家、山岸伸による写真展「瞬間の顔Vol.5」開催記念 :「ばんえい競馬」と「球体関節人形」のiPad 用写真集アプリを配信開始

株式会社ハンズエイド 2012年11月15日 09時28分
From PR TIMES

スマートフォーン/タブレット向けアプリ開発を行う、株式会社ハンズエイド(本社:東京都中野区、代表取締役 小室健 リンク)は、日本を代表する写真家、山岸伸によるiPad専用写真集アプリ「ばんえい競馬」「球体関節人形vol.1」「球体関節人形vol.2」3つのアプリをAppStoreにて配信開始いたしました。



【写真集アプリ概要】


写真家:山岸伸 (特別協力 株式会社創都) 

アプリ開発、販売:株式会社ハンズエイド

利用可能端末: iPad (RETINA対応) 専用, iOS 5.0以上 

価格:各アプリ 500円 * RETINA用超高解像度データは別途 85円にてアプリ内で購入する形態です。


「ばんえい競馬 iPad版」アプリ概要


世界でたったひとつ。馬と人間が刻む北のロマン。収録枚数136枚。


AppStore:リンク


最高1トンの重量物をのせた鉄ソリを馬に曳かせ、全長200m、途中に2カ所障害(坂)のある直線コースで競うレースです。よく知られている平地競馬とは違い、スピードだけではなく、馬の重いものを引っぱる力と持久力そして騎手のテクニックの勝負です。このレースは北海道開拓に活躍した農耕馬で農民たちがお祭り競馬として楽しんでいたもので、すでに35年以上の歴史をもち、北海道をが育てた世界でたったひとつの「ひき馬」競馬として内外の注目を集めています。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
「球体関節人形 vol1」「球体関節人形 vol2」 アプリ概要


日本を代表する球体関節人形作家大竹京と、写真家山岸伸のコラボ写真集アプリです。vol.1は121枚を収録、vol.2は128枚収録しています。


Vol.1 AppStore:リンク

Vol.2 AppStore:リンク


▼ 球体関節人形とは?

球体関節人形(きゅうたいかんせつにんぎょう)とは、関節部が球体によって形成されている人形の総称。その特徴から、自在なポーズを取らせることが可能です。(Wikipediaより)350冊を超える写真集を手がける写真家、山岸伸による究極のアート作品です。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
写真家 山岸伸 プロフィール


1950年3月22日生まれ千葉県出身。
日本写真家協会会員俳優・アイドル・スポーツ選手・政治家などポートレート撮影が中心。 グラビア、雑誌、広告等幅広く活躍。写真集出版は350冊を超える。北海道遺産であるばんえい競馬を撮り続け、写真展、写真集を出版。帯広市観光大使に任命されている。また、2009年3月23日に慢性骨髄性白血病と診断され、現在も笑顔で治療中。


山岸伸写真事務所 リンク

撮影日記アイドルブログ リンク

Facebook リンク


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

山岸伸 写真展 「瞬間の顔 Vol.5」 開催概要                                 


東京:2012年11月15日(木)~11月28日(水)

会場:オリンパスプラザ 東京 ー 東京都千代田区神田小川町1-3-1 NBF小川町ビル (旧:小川町三井ビル)

大阪:2013年2月28日(木)~ 3月13日(水)

会場:オリンパスプラザ 大阪 - 大阪市西区阿波座1-6-1 MID西本町ビル

詳細URL:リンク

時間:午前10:00~午後6:00(最終日 午後3:00まで) 入場無料

休館:日曜・祝日

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。