logo

金銭を狙うサイバー犯罪者の増加でオンラインバンキングの安全性がますます重要に

エフセキュア・コーポレーション (本社: ヘルシンキ フィンランド、 CEO: クリスチャン・フレデリクソン) は、最新の「バンキング プロテクション」で、オンラインバンキングのトランザクションに対するセキュリティおよび信頼性を提供する拡張レイヤーを実現します。

ヘルシンキ発 - フィンランド本社発表資料抄訳


サイバー犯罪者がますます巧妙さを増す金融系マルウェアの開発を進める中、エフセキュアでは、独自のセキュリティ技術でユーザーの銀行口座を保護します。エフセキュア インターネット セキュリティ2013の新機能で、通信事業者が提供するSafe Anywhere PCのアドオンでもあるバンキング プロテクションは、特にユーザーのオンライン バンキング セッションを悪質な攻撃から保護することを目的として設計されています。


エフセキュアの主席研究員であるミッコ・ヒッポネンは次のように述べています。 「サイバー犯罪の世界は、巧みに組織化されたある種の闇産業です。犯罪者は技術的ノウハウを持たなくても、オンラインの銀行口座から金銭を詐取するために設計されたマルウェア ツールキットを容易に入手することができます。これはかつてないほどに簡単になっています。マルウェア アズ ア サービス(malware-as-a-service)と呼んでもよいでしょう」。


一般消費者の74%はすでにオンラインバンキングを利用しており*、サイバー犯罪者はその資産を狙っています。トロイの木馬(Trojan)というますます巧妙で検出困難なマルウェアを作成し、利用者のブラウザに照準を定めています。コンピュータを感染させると、トロイの木馬はユーザーがオンライン バンキングのセッションを始めるまで待機して、ログイン認証情報と個人情報を盗み出し、さらにトランザクションを犯罪者に流すことで金銭を詐取します。


簡単かつ便利な資産の保護


エフセキュアのバンキング プロテクションは、インターネット セキュリティ2013のアンチウイルス機能の上にセキュリティ レイヤーを追加することで、オンラインバンキングのセッションをトロイの木馬から保護し、セッションのセキュリティを脅かす可能性のあるコネクションをすべてブロックします。バンキングセッションを妨害することなく動作し、エフセキュアによって安全であることが確認されたサイトへのアクセスはそのまま許可します。


他のバンキングセキュリティ製品とは異なり、「バンキング プロテクション」では特別なソフトウェアをインストールする必要がなく、また、追加のアプリケーションやブラウザも必要ありません。一般消費者は自分のお気に入りをそのまま使い続けることができます。


エフセキュアのプロダクトマネージャであるサミ・ヴィスティは次のように述べています。「バンキング プロテクションは、この市場で最もシンプルなバンキングセキュリティを実現します。ユーザーは日常的にバンキングを行うことができ、トロイの木馬による攻撃から保護されます」。


バンキング プロテクションはエフセキュアの総合セキュリティ ソリューションであるエフセキュア インターネット セキュリティ2013の機能として、 www.f-secure.com/banking-protection から利用可能です。「エフセキュア インターネット セキュリティ2013」の既存ユーザーであれば、2013年第1四半期の自動アップデートでバンキング プロテクションがインストールされますが、それ以前に導入したいユーザーは、 www.f-secure.com/download からアップデートをすぐにダウンロード可能です。


また、バンキング プロテクションは、エフセキュアのSafe Anywhere PCへのアドオンサービスとして、通信事業を展開するパートナーから入手可能です。エフセキュアの他のソリューションと同様に、バンキング プロテクションはパートナー独自のブランドで提供可能です。顧客の安全を守る方法については www.f-secure.com/banking をご覧ください。


* 引用元:SurveyGizmo - Earthによる9/16~10/4に実施されたオンライン調査。世界中から540人が回答。


*エフセキュアの社名、ロゴ、製品名はF-Secure Corporationの登録商標です。
*本文中に記載された会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。