logo

「就活スタートの1カ月前、何を済ませておく?」アンケート結果大公開 『就職ジャーナル』大学生のリアルがわかる「学生×シゴト総研」

株式会社リクルートキャリア 2012年11月08日 13時30分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:水谷智之)が運営する1日10分の社会勉強サイト『就職ジャーナル』(リンク)は、大学生の最新情報がわかる連載「学生×シゴト総研」を公開しております。
今回は「就活スタートの1カ月前、何を済ませておく?」をテーマに調査を実施いたしました。

▼「就活スタートの1カ月前、何を済ませておく?」記事はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■11月時点で「リクナビ2013の登録」を済ませていた先輩は62.3%で半数以上。
先輩たちが「早めに済ませておけば良かった」と後悔していることも大公開。
――――――――――――――――――――

就活を経験した大学4年生・大学院2年生998人(うち男子学生431人、女子学生567人)を対象に、アンケート調査を実施。(調査協力:株式会社クロス・マーケティング、調査期間:2012年10月20日~21日)
いよいよ12月から始まる就活。その1カ月前のこの時期、先輩たちはどんな準備を済ませていたのでしょうか。そこで今回は、先輩たちがこの時期に済ませていたことと、済ませておけば良かったと後悔している点について尋ねました。

まず、就活スタート1カ月前に済ませておいたことについて尋ねたところ、最も多かった回答が「リクナビ2013の登録」で62.3%。半数以上が11月の時点で登録を済ませていたことがわかりました。次いで、「スーツやバッグなどの用意」が44.7%、「卒業単位の確認」も38.0%で続き、「興味のある業界・会社のピックアップ」が26.0%、「自己分析」も22.6%に。「その他」では、「学内の就活セミナー参加」などが挙げられました。

また、早めに済ませておけば良かったと後悔していることについて具体的に挙げてもらったところ、「企業研究。12月1日にさあエントリーをしようと思っても、どの会社にエントリーしたらいいかよくわからずに戸惑ったから」「説明会や面接に行くための交通費だけで10万円もかかったので、就活資金は、貯(た)められるうちにアルバイトで貯めておいた方がいい」「就活中は卒論に手がつけられなかったため、今になって卒論に追われている。就活前にめどをつけておけば良かった」といった声が寄せられ、この時期の就活生には、就活そのものの準備はもちろんのこと、学業などとバランスよく両立させる周到さも求められていることがわかる結果となりました。

▼「就活スタートの1カ月前、何を済ませておく?」記事はこちらから
リンク

▼1日10分の社会勉強サイト『就職ジャーナル』はこちらから
リンク

▼リクルートキャリアについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事