logo

ヘイズ2012年10-12月期の採用動向レポートより:サプライチェーンの分野で人材採用の動きが拡大

Hays PLC 2012年11月06日 15時00分
From JCN Newswire

Tokyo, Nov 6, 2012 - ( JCN Newswire ) - 人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役兼アジア地区オペレーション・ディレクター:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパン)は、10月16日に発表した2012年10月から12月までの採用動向予測レポートから、サプライチェーン分野の人材動向についてコメントを発表しました。それによると、同分野では、経営効率を高めコスト削減を進めるため、グローバル・ビジネス経験が豊富で戦略的調達を実施できる専門家が求められています。

サプライチェーン業界で需要が高い人材は次のとおりです。

-- バイヤー管理に優れ、戦略的調達およびグローバル・ビジネス経験が豊富な直接購買マネージャー。

-- 自動車、電機、製薬、ライフ・テクノロジー業界の直接購買担当者。

-- 企業内または外部コンサルタントの直接購買を含む、間接購買マネージャーおよびスペシャリスト。

-- 配送センター、倉庫管理の分野でプロセス改善および経費削減を主導するマネージャー。

-- アパレル、日用消費財、自動車、工業、製薬業界で、分析・予測力、コミュニケーション能力が高いデマンド&インベントリー・プランナー。人材を求める動きは来年まで継続する見込み。

クリスティーン・ライトは次のように述べています。「ビジネスのグローバル化が進んでいることから、企業は人材に対しグローバル・ビジネス経験をはじめ、リーダーシップ、中国語、英語、日本語などの高い言語力、コミュニケーション能力の高さを求めています。コスト削減において優れた能力をもつ候補者も人気が高いです」。

「また、企業が採用したい高い資質の人材は、複数の採用オファーを得る場合があり、そのような候補者は15~35%高い給与水準を求めるケースもあります」。

サプライチェーン業界の採用動向を熟知しているヘイズのサプライチェーン部門は、顧客企業のニーズの高まりを受け、昨年よりコンサルタントを倍増しサービスの向上に努めています。10-12月期の採用動向レポートはヘイズ・ジャパンのウェブサイト リンク からご確認いただけます。

ヘイズ・グループについて

ヘイズ・グループは、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。世界33の国と地域*、245の拠点において、およそ7,800人の従業員が経験とスキルを備えた人材サービスをグローバルに提供しています。

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社について

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社は、ヘイズ・グループの日本法人として2001年に東京で設立されました。同社は日本で唯一、東京赤坂本社、新宿支店、大阪支店の3つの国内拠点を擁する外資系人材紹介会社です。「経理・財務」、「金融」、「ファイナンス・テクノロジー」、「人事」、「ヘイズ・リース・マネージメント」、「IT」、「保険」、「法務」、「ライフ・サイエンス」、「オフィス・プロフェッショナル」、「不動産関連」、「セールス&マーケティング」、「サプライチェーン」の13の専門分野に精通したコンサルタントが豊富な知識と経験をもとに、正社員から契約・派遣社員まで、企業の人材採用や個人のキャリアアップを支援しています。

* 日本、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ

本件に関するお問い合わせ先:
ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社
朝倉 03-3560-2813

概要:Hays PLC

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。