logo

【システム導入事例】基幹系システムの再構築と並行して短期間でのマイグレーションを遂行~ソフトバンクテレコム様~



日立公共システムエンジニアリング株式会社(略称:日立GP( リンク ))は、「レガシーシステム再生ソリューション」を提供しています。このたび、本システムのソフトバンクテレコム様における導入事例を当社Webサイトに公開しましたので、是非ご覧ください。

レガシーシステム再生ソリューション:
お客さまの声(導入事例インタビュー) ソフトバンクテレコム株式会社 様
リンク

■「レガシーシステム再生ソリューション」とは

「レガシーシステム再生ソリューション」は、レガシーマイグレーションなど、新システムへの移行を支援するソリューションです。当社は、10年間マイグレーションサービスに携わっており、これまでに150件以上、総計100メガステップ以上の豊富な実績があります。分析診断と4種類の充実したサービスメニューをご用意し、システムマイグレーションにお悩みのお客さまを、強力にサポートします。

レガシーシステム再生ソリューション
リンク

■ソフトバンクテレコム株式会社

ソフトバンクテレコム様は、20年以上の実績を背景に、固定電話サービス、データ伝送・専用線サービスなど高品質で安定性の高い通信サービスを提供し続けています。ソフトバンクグループで通信事業を展開するソフトバンクモバイル株式会社、ソフトバンクBB株式会社とのシナジーを生かした価値あるサービスの提供を通じて、お客さまの課題解決や新しいワークスタイル、ライフスタイルの創造をめざしています。

同社では、2000年からオープン系と汎用機の双方で稼働していた大規模システムを24カ月という短期間で全面オープン化し、2012年5月に問題なく稼働しました。このシステム再構築プロジェクトの一部において、日立GPの「レガシー再生ソリューション」による汎用機からのストレート移行を実施し、工期の短縮化および移行後のメンテナンス性の向上を実現しました。当社の豊富なマイグレーション実績、および当社が汎用機を熟知している点が決め手となり、本ソリューションを選定いただきました。

レガシーシステム再生ソリューション:
お客さまの声(導入事例インタビュー) ソフトバンクテレコム株式会社 様
リンク

■レガシーシステム再生ソリューション:分析診断+4種類のサービスメニュー

【マイグレーション分析診断】

システムオープン化や言語移行の構想段階で、簡易な調査・分析を実施し、マイグレーションの方針決定をサポートします。これにより、マイグレーション対象システムの正確な規模の把握や、資産の棚卸しなどができます。
レガシーシステム再生ソリューション:マイグレーション分析診断
リンク

【サービスメニュー1:オープン化移行支援】

ホスト系のOS、データベース、言語からオープン系への移行を支援します。業務への影響を最小限に抑え、システム資産を最大限に活用します。
レガシーシステム再生ソリューション:マイグレーション分析診断
リンク

【サービスメニュー2:言語リニューアル】

メインフレーム系、オープン系の言語および簡易言語で作成されたプログラムを保守性・拡張性に優れたCOBOL言語やJava言語などに変換します。
レガシーシステム再生ソリューション:言語リニューアル
リンク

【サービスメニュー3: C/S系言語バージョンアップ支援】

Windows OSバージョンアップ時に影響を受ける既存資産を改修することで、ウイルスなどの被害に遭う確率を低減し、セキュアなシステムをサポートします。
レガシーシステム再生ソリューション:C/S系言語バージョンアップ支援
リンク

【サービスメニュー4:ポイントサービス】

お客さまの業務システムに関する疑問・不安を解消するサービスメニューを用意しています。また、当社ソリューション技術を活用して、その他の個別ニーズにも対応します。
レガシーシステム再生ソリューション:ポイントサービス
リンク

■商標注記
本リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

■日立GPのWebサイト
リンク

■会社概要
会社名:日立公共システムエンジニアリング株式会社(略称:日立GP ※)
資本金:3億円
従業員数:930人(2012年4月)
事業概要:
(1)業務システム開発を中心としたソリューション事業
(2)パッケージ・ソリューション事業
(3)レガシー・システム再生ソリューション事業
(4)インターネット総合サービス事業
(5)日立製品の販売事業
対象分野:中央省庁、自治体、準公共団体、年金基金、図書館、大学、研究所、民間企業
拠点:東京、名古屋、大阪、福岡

※当社は、社名「Hitachi Government & Public Corporation System Engineering, Ltd.」(英語表記)より「日立GP」を略称としています。

■ニュースリリースに関するお問い合わせ先
日立公共システムエンジニアリング株式会社 事業推進部 照屋/原
〒135-8633 東京都江東区東陽二丁目4番18号 電話:03-5632-1338
リンク

----------------------------------------------------------------

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URLなど)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更される可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

----------------------------------------------------------------

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。