logo

-国内初のWebメディアリスクに関するフォーラムを開催- NRAフォーラム2012 「体系的Webメディアリスクマネジメントの手法」

一般社団法人ニューメディアリスク協会 2012年10月16日 08時00分
From ValuePress!

(社)ニューメディアリスク協会(理事長・中村伊知哉、所在地・東京都港区赤坂3-13-3)では、企業におけるWebメディアのリスクを考えるフォーラム「体系的Webメディアリスクマネジメントの手法」を11月9日(金)、14時より日本橋三井ホールにて開催致します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
-国内初のWebメディアリスクに関するフォーラムを開催-
NRAフォーラム2012 「体系的Webメディアリスクマネジメントの手法」
~開催日:2012年11月9日(金)14:00~18:00 場所:日本橋三井ホール (中央区日本橋 COREDO室町)
企業の広報・宣伝、web担当者には最適~
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

(社)ニューメディアリスク協会(理事長・中村伊知哉、所在地・東京都港区赤坂3-13-3)では、企業におけるWebメディアのリスクを考えるフォーラム「体系的Webメディアリスクマネジメントの手法」を11月9日(金)、14時より日本橋三井ホールにて開催致します。
企業にとって、Webメディアは消費者とのコミュニケーションツールとして活用できる半面、いわれの無い誹謗中傷やSNSによる情報漏えいなど、様々な新しい企業リスクが発生しています。
昨今、尖閣諸島や竹島の問題により、中国や韓国でのナショナリズムが高まっており、その結果、ソーシャルメディアを通じて、デモ、不買運動、労働争議に発展するケースが増えております。
また、Webメディアのリスクは1国の1企業だけでなく、多くの企業や国にまで発展・被害を及ぼすケースもあり、特に海外で事業展開している企業にとっては早期に適切な対応が求められます。
これまで、WEBメディアのリスクマネジメント(危機管理)に関する体系的な指針はありませんでした。(社)ニューメディアリスク協会では、各企業の指針となるようなWebメディアのリスクマネジメント、並びにそれらを体系的にまとめたハンドブックに関する発表を行います。
加えて、これからのWEBメディアの可能性やリスクに対し、企業、官庁、弁護士等、様々な立場の方をお招きして議論を行います。

<フォーラム概要>
日時 :2012年11月9日(金)14:00~18:00
場所 :日本橋三井ホール(東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町5F(エントランス4F)
定員 : 500名
参加費 :非会員おひとり様 1000円
主催 :一般社団法人ニューメディアリスク協会
協賛 :アルシエン法律事務所、(株)エルテス、(株)データセクション、(株)ホットリンク、(株)ライトワークス
後援 :総務省、経済産業省

<申し込み方法>
申込み : ご招待枠お申込みページ( リンク )より必要事項を記入
または(社)ニューメディアリスク協会 事務局(03-6809-2867)まで。
締切日 : 定員になり次第締め切りとさせていただきます。



<プログラム内容>
■14:00~14:10【開会挨拶】
■14:10~15:00【基調講演】中村伊知哉(一般社団法人ニューメディアリスク協会 理事長)
■15:00~16:30【パネルディスカッション】ニューメディアと自主規制
◆モデレーター
中村伊知哉(一般社団法人ニューメディアリスク協会 理事長)
◆パネリスト
総務省情報流通行政局情報流通振興課情報セキュリティ対策室 課長補佐 平松寛代氏
経済産業省商務情報政策局情報経済課 課長補佐 宮田洋輔氏
鳥飼総合法律事務所 弁護士 中村隆夫氏

■16:20~16:40【報告会】WEBメディアリスクマネジメントハンドブックの発表
従来のWEBメディアリスクマネジメントの取り組みでは、炎上事例の紹介にとどまるなど体系的かつ実用的なものがありませんでした。NRAでは各企業の指針となるべく体系的なウェブメディアリスクマネジメントハンドブックを開発致しました。ハンドブックに加えNRAの各部会の活動報告を行います。

■16:40~17:00【セミナー】webメディアリスクマネジメントハンドブックの活用方法~高度専門企業の紹介~
◆講演者
(株)ホットリンク 取締役COO 成瀬功一郎 ほか

■17:00~17:50【セミナー】「グローバル炎上及びその被害事例」
海外でも事業を行う企業の場合、日本のネット上のみを見ていればWEBメディアリスクを低減できるという訳ではありません。実際に海外での炎上が飛び火するリスクや対応策についてご紹介頂きます。
◆講演者
ニューメディアリスク協会 主任研究員 太田薫正氏
ニューメディアリスク協会 主任研究員 山本達郎氏

■17:50~18:00【閉会挨拶】

<一般社団法人ニューメディアリスク協会概要>
所在地 : 東京都港区赤坂3-13-3 みすじ313ビル4階
設立 : 2012年1月18日(登記)
理事長 : 中村伊知哉
<プロフィール>
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授
1961年生まれ。京都大学経済学部卒。慶應義塾大学で博士号取得(政策・メディア)。郵政省を経て、1998年MITメディアラボ客員教授。2002年スタンフォード日本センター研究所長。2006年より慶應義塾大学教授。内閣官房知的財産戦略本部コンテンツ強化専門調査会会長、総務省情報通信審議会専門委員、文化審議会著作権分科会専門委員などの委員を務める。社団法人「融合研究所」代表理事、デジタルサイネージコンソーシアム理事長、デジタル教科書教材協議会事務局長、NPO「CANVAS」副理事長、ミクシィ社外取締役などを兼務。

事業目的 : ・ネット上の新しいメディアの調査研究
・新しいメディアの問題分析
・利用上の注意点の啓蒙、伝達・ネット上の情報公開と風評被害についての事例研究
・風評被害の防止と事後対策についての意見交換
・ネット上の風評被害の損害と補償についての提言
・会員間の情報交換、相互扶助ネットワークの構築
活動内容 : ・定期セミナー、特別講師による勉強会の開催
・各種研究部会における企画と進行
・ニューメディアリスク協会WEBサイトの運営
・会報誌「メディアリスクトピックス」の発行
・一般向けサービスの特別価格にてのご提供
・ニューメディアリスクに関する書籍の発行
・会員に対するリスク事例や対策に対する相談、専門家の斡旋


【本件に関するお問い合わせ先】
一般社団法人ニューメディアリスク協会 
事務局 セミナー窓口
MAIL:seminar@newmediarisk.org
TEL:03-6809-2867 FAX:03-6809-2876

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。