logo

「OB・OG訪問、いつする? 何を聞く? 何を着る?」アンケート結果大公開 『就職ジャーナル』大学生のリアルがわかる「学生×シゴト総研」

株式会社リクルートキャリア 2012年10月11日 13時30分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:水谷智之)が運営する1日10分の社会勉強サイト『就職ジャーナル』(リンク)は、大学生の最新情報がわかる連載「学生×シゴト総研」を公開しております。
今回は「OB・OG訪問、いつする? 何を聞く? 何を着る?」をテーマにアンケートを実施いたしました。

▼「OB・OG訪問、いつする? 何を聞く? 何を着る?」記事はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■OB・OG訪問時に聞いた内容は「仕事内容・スケジュール」が78.9%でトップ
訪問時の服装は「スーツ」が82.3%でダントツの結果に
――――――――――――――――――――

就活を経験した大学4年生・大学院2年生903人(うち男子学生381人、女子学生522人)を対象に、アンケート調査を実施。(調査協力:株式会社クロス・マーケティング、調査期間:2012年9月22日~23日)
就職を考える大学3年生・大学院1年生にとって、OB・OG訪問は12月から始まる就活に備えて今からしておきたい準備の一つ。そこで今回は、就活の先輩である大学4年生・大学院2年生に、OB・OG訪問をした時期や質問内容、訪問時の服装について尋ねました。

まず、OB・OG訪問をしたかどうかを尋ねたところ、OB・OG訪問をした学生は16.3%で、残りの83.7%の学生はOB・OG訪問をしていないことがわかりました。属性別では、男子学生・大学院生の方がOB・OG訪問をしている学生の割合が高い傾向が見られました。

次に、OB・OG訪問をした先輩にいつから訪問を始めたかを尋ねたところ、2011年12月から2012年2月までがピークとなり、大学3年生・大学院1年生の年末から翌年始にかけてOB・OG訪問をスタートする学生が多いことがわかりました。

また、訪問時にどんなことを聞いたかを尋ねたところ、「仕事内容・スケジュール」が78.9%、「仕事のやりがい」が75.5%でほぼ並び、「社風・人間関係」も68.7%で続きました。次いで、「就活アドバイス」が62.6%、「仕事の大変なところ・失敗談」も57.1%で並びました。「その他」では、「その会社の福利厚生面について質問した」という回答も見られました。

加えて、訪問時の服装について尋ねたところ、一番多かったのが「スーツ」で、82.3%とダントツの結果に。「私服」は18.4%、「ビジネスカジュアル」(襟のあるシャツやジャケットを着用したスタイル)も9.5%にとどまりました。

最後に、訪問時の服装にまつわる成功談・失敗談について具体的に挙げてもらったところ、「当日は会社近くのレストランで会う約束だったが、先方に急な仕事ができ、突然、会社で会えないかと言われた。スーツで行ったからよかったが、私服だったら浮いてしまったかも」「同じ大学の先輩にお茶を飲みながら軽い感じで話を聞いただけだったので、スーツで行くのも変かと思い、私服で行って正解だった」といった声が寄せられ、TPOに応じた服装選びが大切であることを身を持って実感した就活生たちの姿が浮かび上がる結果となりました。


▼「OB・OG訪問、いつする? 何を聞く? 何を着る?」記事はこちらから
リンク

▼1日10分の社会勉強サイト『就職ジャーナル』はこちらから
リンク

▼リクルートキャリアについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。