logo

【藤田観光】10/16(火)「椿山荘三重塔落慶法要記念茶会」を開催

藤田観光株式会社 2012年09月27日 15時00分
From Digital PR Platform


 藤田観光株式会社(本社:東京、代表取締役社長:末澤 和政)は、椿山荘三重塔「圓通閣(えんつうかく)」の修復落慶から1年を記念した「椿山荘三重塔修復落慶記念茶会」を、椿山荘が運営する料亭「錦水」で、2012年10月16日(火)に開催いたします。

 このたびの記念茶会は、相国寺承天閣美術館の協賛で開催いたします。当日の茶会席主として、濃茶席は臨済宗相国寺派の管長であり、昨年の落慶法要(写真2~4枚目)の際にもご尽力をいただいた有馬賴底(ありまらいてい)猊下、薄茶席は表千家不審庵の家元直門・教授である渡邊千保氏をお招きします。また、観音様の月命日にあたる翌17日(水)には「観音祭」として、三重塔に奉安されている「聖観世音菩薩」1周年の法要も執り行います。

 修復落慶から1年を迎える椿山荘三重塔は、もともと広島県・竹林寺に建立されましたが、元勲山縣有朋公より庭園を譲り受けた藤田組2代目当主・藤田平太郎男爵により1925年に移築されました。現在では、旧寛永寺の五重塔、池上本門寺の五重塔とならび、東京に現存する3つの古塔のひとつで、登録有形文化財とされています。
 昨年の改修時には、室町時代前期1420年頃の部材が使用されていることが判明いたしました。また、天井絵として「宝相華(ほうそうげ)」と呼ばれる唐草文様を天然緑青、天然群青、朱、弁柄で彩色し、一枚一枚手書きで 復元しており、塔の初重には、京都の仏師宇野孝光氏による「聖観世音菩薩」を奉安し、三重塔は新たに「圓通閣(えんつうかく)」という名を授かりました。椿山荘三重塔ならびに聖観世音菩薩は、現在多くのお客さまにご見学いただいております。

 椿山荘では、今後も約2万坪の日本庭園を始めとした文化財・歴史的建造物を活用し、歴史ある文化や芸術に触れるイベントを多数開催することで、お客さまに上質な時間を提供してまいります。

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
■「椿山荘三重塔修復落慶記念茶会」開催概要

主催 :  藤田観光株式会社
協賛 :  相国寺承天閣美術館
日時 :  2012年10月16日(火)9時、10時30分、12時、13時30分、15時(全5回)
濃茶席 :  席主 臨済宗相国寺派 管長 有馬賴底
薄茶席 :  席主 表千家 渡邊千保
点心席 :  〒112-8680 東京都文京区関口2-10-8 椿山荘内 料亭「錦水」
定員 :  300名
会費 :  20,000円

■席主プロフィール
【濃茶席 席主 臨済宗相国寺派 管長 有馬賴底】
1933年生まれ。
55年京都臨済宗相国寺僧堂に入門。大津櫪堂老師に師事。
68年相国寺塔頭大光明寺住職、71年相国寺派教学部長。
84年相国寺承天閣美術館設立により事務局長、95年同館長。
88年京都仏教会理事長に就任。
95年臨済宗相国寺派7代目管長(相国寺132世)に就任、
同時に鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)の住職を兼ねる。

【薄茶席 席主 表千家 渡邊千保】
表千家不審庵 家元直門・教授
淑徳中学・高等学校の茶道教師であり、東京水天宮の茶道部にて講師を担当。
・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

2013年1月1日、椿山荘とフォーシーズンズホテル椿山荘 東京は「ホテル椿山荘東京」に生まれ変わります。
~世界をもてなす、日本がある。ホテル椿山荘東京~


■一般の方のお問い合わせ先
「椿山荘三重塔修復落慶記念茶会」事務局
TEL:03-5981-7750

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。