logo

今の交際相手と結婚したい人の割合は?女性は3人に2人。


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するブライダル総研では、『恋人がいる人の結婚意向に関するレポート』をまとめましたので、ご報告いたします。


▼『恋人がいる人の結婚意向に関するレポート』はこちら
リンク

▼その他の『ブライダル総研 Research News』はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
1.今の交際相手と結婚したい人、男性47.2%、女性63.3%。
――――――――――――――――――――

現在、恋人がいる人に対して(20代~40代の未婚者の男女が対象)に“現在の恋人と結婚したいと思っているか”を聞いてみたところ、 「結婚したいと思っている」と答えたのは、男性は47.2%と約半数、女性は63.3%とおよそ3人に2人でした。

また、今の恋人と結婚したいと思っている人のうち、男性で「すぐにでも結婚したい」人は33.7%、「いつか結婚したい」人は46.6%で、一方、女性は「すぐにでも結婚したい」人が47.4%、「いつか結婚したい」人は46.3%でした。

――――――――――――――――――――
2.『結婚につながる恋愛』は出会いや交際の理由を明確に。
――――――――――――――――――――

今の交際相手と「結婚したいと思っている」人と「結婚したいと思っていない」(結婚したいと思わない/結婚したいかどうか考えていない)人では、交際の始まり方から違いがあるようです。

“交際にあたり告白をしましたか”と言う質問に対して、現在の恋人と「結婚したいと思っている」人は告白をした人が明確であるのに対して、「結婚したいと思っていない」人は「どちらとも言えない」と言う回答が多くなっています。

また、“交際した理由”について聞いてみると「結婚したいと思っている」人は理由の各項目に「結婚したいと思っていない」人よりも多く回答しています。特に男性では「この相手を逃したら一生後悔すると思うから」「好きな相手と一緒にいたいから」に結婚意向によって差があり、女性では「自分の家庭をいずれ持ちたいから」「自分には相手が必要だと思うから」で結婚意向による差が大きくなっています。
一方、「結婚したいと思っていない」人では「覚えていない」や「なんとなく」が多く、理由が不明確なケースが多いようです。

結婚につながる恋愛は最初も肝心。交際にあたりきちんと想いを伝え、理由を明確にすることが『結婚につながる恋愛』の第一歩と言えそうです。

▼『恋人がいる人の結婚意向に関するレポート』はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
◆『リクルート ブライダル総研』とは
――――――――――――――――――――
『リクルート ブライダル総研』は、株式会社リクルートのIMCカンパニーブライダル事業本部に設置されている調査・研究組織です。恋愛・出会い、結婚や結婚式、夫婦関係に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展に貢献することを目的として活動しています。
出版・印刷物等へデータを転載する際には、“リクルート ブライダル総研調べ”と明記いただけますようお願い申し上げます。

▼『リクルート ブライダル総研』について
リンク

▼リクルートについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本リリースに関するお問い合わせ】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。