logo

モーションビート、国内初RTB Exchange「AdStir RTB Exchange」を提供開始

モーションビート株式会社 2012年08月24日 12時00分
From PR News

モーションビート株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長:金子 陽三、証券コード:2497、以下「モーションビート」)は、スマートフォンに特化したSSPサービス「AdStir(アドステア)」をスマートフォンWEB・アプリ事業者向けに提供しておりましたが、今回新たにSSP事業者・ネットワーク広告事業者向けに「AdStir(※1)RTB Exchange」としてサービス提供を開始致しました。

「AdStir RTB Exchange」では、モーションビートが提供するRTB配信APIや掲載可否API、レポートAPIなど、RTB広告の配信に必要な各種APIをSSP事業者・ネットワーク広告事業者に対して提供する事によって、各事業者は自社サービスの広告メニューとして、手軽にRTB広告の配信を行う事が可能となりました。
「AdStir RTB Exchange」を導入する事により、SSP事業者・ネットワーク広告事業者は、既存の取扱い広告よりも収益性の高いインプレッションに対してRTB広告配信を行う事や、既存のネットワーク広告が案件切れを起こした際にメディア様に対してバックフィル広告としてRTB広告を配信する事が可能となります。これにより各SSP事業者・ネットワーク広告事業者・メディアパートナーに対してより高い収益をもたらす事が可能となります。

通常、SSP事業者・ネットワーク広告事業者がRTB広告を自社サービスとして開始する場合、各DSPへの申し込みや契約の締結及び接続実装や乖離テストなどの多くの工数が発生します。しかし「AdStir RTB Exchange」では国内の主要なDSPとの接続が完了しており、各事業者は個別DSPと繋ぎ込みを行わなくとも、「AdStir RTB Exchange」の提供するAPIを利用する事により、国内のRTB広告案件を網羅的に配信する事が可能となり、手軽にRTB広告を配信する事が可能となります。また、複数DSPからの入札が起きる事によって、入札競争が働き、より収益性の高い広告を配信する事が可能となります。

■「AdStir RTB Exchange」導入予定事業者
株式会社スパイア(adPapri)/株式会社adingo(Fluct)/株式会社Zucks(Zucks Ad Network)/株式会社ファンコミュニケーションズ(nend)

(※1)RTB(Real Time Bidding)とは
RTB広告とは、広告の買い手(広告主)がDSP(デマンド・サイド・プラットフォーム)を使い、SSP(サプライ・サイド・プラットフォーム)を経由してメディア(媒体)の広告枠を入札形式でインプレッション毎に買い付けを行う広告技術のことであり、これにより広告の買い手(広告主)は効果に見合った最適な値付けを行うことで広告効果の向上を図ることができます。また、メディア(媒体)は最も高い入札を行った広告主へインプレッションを販売することができるため、飛躍的な広告収益の向上が期待できます。

モーションビートではスマートフォンWEB・アプリ事業者向けのAdStirと、SSP事業者・ネットワーク広告事業者向けの「AdStir RTB Exchange」を用意する事によって、急速に拡大するスマートフォン広告市場におけるリーディングカンパニーとして、最新アドテクノロジーによる広告ソリューションを提供して参ります。

■モーションビート株式会社 会社概要
・商号:モーションビート株式会社 (リンク)
※ 当社は平成24年6月に商号を 「ngi group株式会社」 から 「モーションビート株式会社」に変更しております。
・上場市場:東京証券取引所マザーズ市場(証券コード2497)
・代表者:代表執行役社長 金子 陽三
・事業所:東京都港区北青山3-3-11 ルネ青山ビル6F
・設立年月日:1998年2月20日
・資本金:18億4,096万9,000円 ※2012年3月末現在
・主な事業の内容:インターネット関連事業、インベストメント&インキュベーション事業
・サービスサイト:リンク(スマートフォン向け新広告プラットフォーム)
リンク(スマートフォン特化型広告配信システム)

PR Newsリリース詳細ページ リンク
提供元:PR News リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。