logo

「COOLPIX S800c」「COOLPIX S01」「COOLPIX S6400」を発売

株式会社ニコンイメージングジャパン 2012年08月22日 16時49分
From Digital PR Platform


株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、先進機能と洗練されたデザインを両立したCOOLPIX Sシリーズの3製品を発売します。

「COOLPIX S800c」:Android搭載、Wi-Fi(R)対応モデル
COOLPIX シリーズの新しいラインナップで、Android搭載、スマートフォンのような操作感とWi-Fi(R)対応によるワイヤレスで快適なインターネット接続を実現します。スマートフォンのカメラ機能では撮影が難しい望遠写真やブレの少ない高画質な作品でも、「COOLPIX S800c」であれば、1602万画素の裏面照射型CM0Sセンサー、光学10倍ズームのNIKKORレンズ、フルHD動画などの装備を駆使して撮影が可能。きれいな写真・動画をSNSなどにカメラから直接アップロードすることができます。ニコンが提案するデジタルカメラの新たな楽しみ方、「撮る」「見る」「つながる」「楽しむ」を1台で実現します。

「COOLPIX S01」:COOLPIX史上最小、最軽量モデル
いつでも持ち歩きたくなるデザインの、ニコンCOOLPIX史上最小、最軽量デジタルカメラです。ボディーは約77mm(幅)×約51.2mm(高さ)×約17.2mm(奥行き)と幅、高さは通常の名刺より小さく、質量も約96gと軽量で、手のひらに収まる極小サイズを実現しました。デザインや素材にもこだわり、どの角度からみても段差のない滑らかなフォルム、薄くて丈夫なステンレス素材、素材をいかした美しい表面仕上げを施しています。また、ユーザーインターフェース(UI)についても、誰もが直感的なタッチ操作ができるように4分割のグリッド状画面構成を採用するなど使いやすさにもこだわり、使うこと・持ち歩くことが楽しくなるカメラです。

「COOLPIX S6400」:快適タッチパネル操作のスリム高倍率モデル   
スリムなコンパクトボディーに、有効画素数1602万画素の裏面照射型CMOSセンサー、広角25mm相当から300mm相当(いずれも35mm判換算の焦点距離)の撮影画角をカバーする光学12倍ズームのNIKKORレンズを搭載した、快適なタッチパネル操作の高倍率モデルです。カメラとしての高い基本性能を備え、さらに、カメラを向けるだけで撮りたい被写体を判別してピントを合わせる「ターゲットファインドAF」、撮影・加工・保存の3ステップ操作で撮影画像の編集ができる「クイックエフェクト」、暗いシーンでも高画質に撮影できる「くっきり夜景ポートレート」や高画質なフルHD動画機能など、簡単操作で思い通りの撮影をするための機能も充実しています。

●「COOLPIX S800c」の主な特長
1.スマートフォンのような操作感とワイヤレスでインターネット接続を実現するAndroid 2.3 搭載、Wi-Fi(R)対応
カメラとしての優れた基本性能に、スマートフォンの快適な操作性とコミュニケーション機能(電話機能を除く)を備え、「撮る」「見る」「つながる」「楽しむ」を1台でカバーします。ニコンは、ネットワークにつないで楽しむ「COOLPIX S800c」を通じて、新しいデジタルカメラライフを提案します。

<主な機能>
簡単設定、簡単接続
Android 搭載スマートフォンと同様の操作性で、インターネットへの接続や各種セットアップや文字入力ができます。  
ソーシャルネットワークサービス(SNS)への投稿、閲覧
デジタルカメラで撮影した写真や動画、コメントを「Google+(TM)」、「Facebook」や「Twitter」※などのソーシャルネットワークサービス(SNS)にカメラから直接投稿できます。またアップロードだけでなく、SNSの閲覧もスムーズにできます
※Facebook、 Twitterへの接続は「Google Play(TM)」からのアプリケーションのインストールが必要です。

「Google Play(TM)」対応とGoogle(TM)アプリの搭載
「Google Play(TM)」から好みのアプリをダウンロードし、カメラのカスタマイズが可能。フォトライフの楽しさが広がります。また、「Google+(TM)」、「YouTube(TM)」、「Google マップ(TM)」、「Gmail(TM)」などのGoogle(TM)アプリがカメラにプリインストールされており、撮影以外の楽しいコンテンツも充実しています。


スマートデバイスへの簡単画像送信
「スマートデバイスへ転送」アプリを使えば、Android、iOSデバイスへ高解像度の画像や動画をワイヤレスで送信できます。
※スマートデバイス側の連携アプリはAndroidとiOS版の提供を予定しています。

2.高画質、高精細な撮影を支える高い基本性能
「COOLPIX S800c」を使えば、スマートフォンでは撮影が難しい望遠写真や決定的な瞬間をブレの少ないきれいな画像でとらえることが可能です。高画質・高精細な画像をそのままSNSなどにアップロードすることができるので、カメラならではの美しい画像を簡単に共有できます。

<主な基本性能>
広角25mm相当から250mm相当(いずれも35mm判換算の焦点距離)の撮影画角をカバーする、レンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能を備えた光学10倍ズームのNIKKORレンズ
夜景や室内など光量の少ない場所でも高感度、低ノイズ撮影を可能にする有効画素数1602万画素、裏面照射型CMOSセンサー
ステレオ音声付き、1920×1080/30pのフルHD動画撮影機能(1/2、1/4または1/8の速度のドラマティックな動画を再生できる「スローモーション動画」と、2倍の速度でコミカルな動画を再生する「早送り動画」も可能)

3.ニコンが運営する写真共有・保存サービス「my Picturetown」の対応アプリ(Android版)
対応アプリ「my Picturetown」(Android版)を「Google Play(TM)」からインストールすると、「COOLPIX S800c」で撮影した写真を簡単に「my Picturetown」にアップロードできます。 また、アップロードした写真を閲覧できるアルバムのURLを「Facebook」への投稿や「Twitter」でツイートすることが可能。「my Picturetown」で管理しているアルバムは、一覧表示や、ドラッグ&ドロップによる並び替え、レイアウト変更などができます。
「my Picturetown」に保存している写真に「COOLPIX S800c」から直接アクセスできるので、アルバムを持ち歩いているようにいつでもどこでも写真の閲覧ができます。

4.撮影した写真に位置情報を記録できるGPS(A-GPS※機能付)機能
カメラに組み込んだ高性能なGPSで取得した撮影時の位置情報(緯度と経度)を写真や動画に記録することができます。これらの写真、動画は対応アプリ「my Picturetown」(Android版)を使えば、「Googleマップ(TM)」に表示させることができます。
※A-GPSとは、カメラが捕らえたGPS信号とGPS衛星の位置を予測するデータ(EEデータ:Extended Ephemeris
Data)を演算し、測位を高速化する機能です。リンク から最新のA-GPSファイルをダウンロードして更新してください。

5.細部まで鮮やかに再現する約82万ドット、3.5型ワイド有機ELモニター
約82万ドットのタッチパネル式3.5型ワイド有機ELモニターを搭載しています。フルワイドVGA有機ELモニターならではの高精細な画面で「撮る」・「見る」・「見せる」楽しみをさらに広げます。
有機ELならではの、深く締まった黒で夜景を美しく表現し、ハイライト部も白とびしにくく、コントラストの高い、より深みのある色彩表示が可能
広い色域で、被写体を色鮮やかに再現。写真だけでなく、ユーザーインターフェースも高精細表示

●「COOLPIX S01」の主な特長

1.COOLPIX史上最小・最軽量ボディー 
約77mm(幅)×約51.2mm(高さ)×約17.2mm(奥行き)と幅、高さは通常の名刺サイズより小さく、質量も約96gと軽量で、手のひらに収まる極小ボディーを実現しました。首から下げたり、ポケットやバッグに入れたり、常に持ち歩き撮りたいシーンを逃さず撮影できます。

2.なめらかな曲線のプレミアム&スタイリッシュなデザイン
ボディーは、上質感のあるデザインを目指し、素材、色、仕上げに徹底的にこだわりました。操作系ボタンは必要最低限のもののみで、どの角度からみても段差のない滑らかなフォルムとなっています。カラーバリエーションはステンレスを磨き上げた鏡面仕上げのミラーシルバーや、レッド、ピンクといったインパクトのあるカラーも取り揃えました。

3.小さいボディーでも使いやすい操作を可能にする新GUIと快適タッチパネル
約23万ドット2.5型TFT液晶モニターは使いやすさを追求し、直感的な操作感のタッチパネルと誰もがシンプルに使いこなせるようグリッド状に画面を構成した新GUIを採用しました。

4.高い基本性能と撮影・編集機能
「COOLPIX S01」は、ニコンのデジタルカメラとしての高い基本性能と手軽で楽しい撮影を支える各種機能を備えています。
有効画素数1014万画素、CCDセンサー
広角29mmから87mm相当(いずれも35mm判換算の焦点距離)までをカバーする光学3倍ズームNIKKORレンズ
豊かな階調表現を可能にする高速・高精度な画像処理エンジン「EXPEED C2」
撮りたいものにカメラを向けるだけで、撮影状況を自動判別し最適なシーンモードを設定する「らくらくオート撮影」機能
約7.3GBの大容量内蔵メモリー
撮影時のメニュー設定で、イメージ通りの露出や色調の写真・動画撮影ができる「スペシャルエフェクト」(ノスタルジックセピア、硬調モノクローム、ハイキー、ローキーの4種類)
撮影した写真をカメラ内で簡単に加工できる「フィルター効果」(トイカメラ風、ソフト、魚眼効果、ミニチュア効果、ビビットカラー、白黒、セピア、クールの8種類)
HD動画撮影機能(720pフォーマット)

●「COOLPIX S6400」の主な特長
1.広角25mm相当から300mm相当(いずれも35mm判換算の焦点距離)の撮影画角をカバーする光学12倍ズームのNIKKORレンズ
レンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能を備えた高性能・高倍率なNIKKORレンズを搭載し、どこにでも気軽に持ち歩き、風景からクローズアップまで、きれいに撮影できます。「COOLPIX S6400」は最薄部が19.8mmとクラス最小レベルのコンパクトボディーで、「COOLPIX S6300」(光学10倍ズーム、最薄部24.0mm)より高倍率化しながらも、スリム化を実現しました。

2.夜景や室内など光量の少ない場所でも高感度、低ノイズ撮影を可能にする、有効画素数1602万画素、裏面照射型CMOSセンサー
有効画素数1602万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載し、高感度撮影時のノイズを抑えます。
「夜景ポートレート」「逆光」「夜景」の3つのシーンモードでは、高速性能に優れ、高感度時の画質を向上する裏面照射型CMOSセンサーをいかした、自動連写合成を採用しています。感度やシャッタースピードを変えて高速連写し合成させることで、イメージ通りの写真に仕上げます。

3.撮りたいものにカメラを向けるだけで、最適な被写体にピントを合わせるターゲットファインドAF※
膨大な数のシミュレーションと人間工学に基づいて、ユーザーが被写体を選ぶ条件を分析し、独自開発した被写体抽出技術「ターゲットファインドAF」を採用しています。撮りたいものにカメラを向けるだけで、瞬時にピントを合わせたい部分を予測します。被写体のサイズに合わせてAFエリアを設定するためピンボケせず、また、被写体が中央にない中抜けの構図の場合でも意図した場所にピントを合わせることができます。人物だけでなく、花や料理、小物などの撮影時にもその性能を発揮します。
※AFエリアのデフォルト設定は「中央」です。ターゲットファインドAFを活用する際は、AFエリア設定の 
変更が必要です。

4.簡単3ステップで多彩な画像編集ができる「クイックエフェクト」
「撮影」「加工」「保存」の3ステップのタッチ操作をするだけで、撮影画像を簡単に編集できます。エフェクトも全30種類(19パターン)を装備し、被写体のイメージや撮影シーンに合わせて選択できます。
<主なクイックエフェクト>
ポップ、極彩色、絵画調、ハイキー、ローキー、トイカメラ風、クロスプロセス、ソフト、魚眼効果、クロススクリーン、ミニチュア効果、硬調モノクローム、セピア、クール、セレクトカラー

5.タッチパネルによる快適操作
約46万ドット、3型ワイドTFT液晶の明るく高精細なワイド画面とタッチしやすい新ユーザーインターフェース(UI)を採用し、ストレスなく撮影や確認、編集操作ができます。

6.ステレオ音声付き、1920×1080/30pのフルHD動画撮影機能
背面に配置した「動画撮影ボタン」を押すだけで、1920×1080/30fpsのフルHD動画をステレオ音声付きで撮影できます。また、高感度な裏面照射型CMOSセンサーによる暗いシーンでの高画質撮影や、動画撮影中の光学ズーム動作も可能です。また、個別に撮影した複数の動画を1つのファイルとして保存することができる「録画ポーズ機能」を搭載し、手軽に動画撮影ができるだけでなく、撮影後の楽しみも広がります。

※ Google、Android、Google Play、YouTube、Gmail、Google マップ、Google+ は、Google Inc.の商標です。
※ Facebook(R) はFacebook Inc. の登録商標です。
※ その他記載されている会社名および製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。