logo

佐賀城築城400年記念シンポジウムを開催します!

佐賀県 2012年08月22日 11時50分
From Digital PR Platform


 県教育委員会では、佐賀市教育委員会とともに、佐賀城築城400年記念事業として、佐賀城の更なる解明と新たな保存・活用策による地域づくりを目指すため、下記のとおりシンポジウムを開催します。
 多くの皆様のご来場をお待ちしております。


              記


1  開催日時及び場所
(1)日時:平成24年9月2日(日曜日)13時30分~16時00分
(2)場所:佐賀城本丸歴史館 外御書院

2 内容
(1)開会挨拶(13時30分~13時35分)
(2)プレゼンテーション(早稲田大学佐賀学生稲門会)(13時35分~14時30分)
   テーマ:「佐賀城の保存的再開発へ向けた試み」
(3)対談(14時30分~15時40分)
   テーマ:「佐賀城再発見」
    早稲田大学 社会科学総合学術院 島善高 教授
    魅力発掘プロデューサー 桜井篤 氏
(4)質疑及び意見交換(15時40分~16時00分)

3 主催
佐賀県教育委員会、佐賀市教育委員会、佐賀城本丸歴史館

4 その他
事前申込及び参加料は不要です。


<対談者の紹介>
○島善高 氏(早稲田大学 社会科学総合学術院 教授)
1952年佐賀県生まれ
1976年早稲田大学法学部卒業後、國學院大學非常勤講師、名城大学助教授、早稲田大学社会科学部助教授、早稲田大学社会科学部教授・大学院社会科学研究科教授を経て2004年から現職。博士(法学)。
専門は日本近代史、日本法制史。
2011年大隈侯の90回忌にあわせ、慶應義塾創立者の福澤諭吉との親交や、大隈についての新しい研究成果を反映させた「佐賀偉人伝02『大隈重信』」を上梓。他に「近代皇室制度の形成」(成文堂)、「元老院国憲按編纂史料」(国書刊行会)、「副島種臣全集」(慧文社)など。
日本近代史、比較法制史の専門家として、テレビ番組等のコメンテーターも務める。


○桜井篤 氏(魅力発掘プロデューサー)
1965年茨城県水戸市生まれ
早稲田大学第一文学部哲学科を卒業後、コピーライター、取材記者を経て(株)リクルートに入社。『A B ROAD』『自由旅行』の編集部を経て1997年九州へ赴任。『九州じゃらん』『おとなのいい旅』などの編集長を務める。
2009年(社)佐賀観光協会の招聘を受け来佐。大人気の「佐賀のお城下ナイトウォークツアー」や「佐賀暦」「12賢人佐賀歴史散策お楽しみ帳」「思い立ったら、佐賀。現地発着体験プラン」「恵比須・お菓子・賢人 いいとこどり散策ツアー」等を企画。
現在、魅力発掘プロデュース協会の会長を務める。朝日放送の「ナニコレ珍百景」で全国に紹介された佐賀市県庁通り商店街のアイドル猫ユニット「八福猫団」補欠総選挙を初め、「幕末・維新 佐賀の八賢人おもてなし隊」「義祭弁当」「12賢人イラスト缶バッジ」等のプロデュースのほか、佐賀県下の観光振興策の立案とプロデューサーの人材育成を推進。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。