logo

あいおいニッセイ同和損害保険様を、APAC地区のジェネシス社カスタマーサービス・ヒーロー・アワードのファイナリストに選出

オーストラリア・シドニー‐2012年8月17日 ‐ ジェネシス社(Genesys Telecommunications Laboratories, Inc.)は、8月21日から23日までオーストラリア・シドニーにおいて開催されるユーザー・カンファレンス”G‐Force APAC 2012”に合わせた新企画” カスタマーサービス・ヒーロー・アワード(Customer Service Heroes Awards)”のファイナリストとして、日本からあいおいニッセイ同和損害保険様を選出しました。

カスタマーサービス・ヒーロー・アワードは、企業の顔として献身的に感動的なサービスを提供しているにもかかわらず、なかなか日の当たることのないカスタマーサービスやコンタクトセンターにおける「ヒーロー」や「ヒロイン」を探し出し、称賛することを目指しています。男女問わずカスタマーサービスの前線で働く、多くのエージェントが対象となります。初開催にもかかわらず、アワードにはAPAC地区の8カ国から応募があり、顧客の生活に大きな影響を与えるような感動を呼ぶストーリーが数多く寄せられました。

「カスタマーサービス・ヒーロー・アワードへの応募は、量と質の面において非常に素晴らしいものでした。今回のアワードで明らかになったことは、世界中どこの国においても、イノベーティブな技術ソリューションは、献身的で情熱を持った個人と密接に連動して初めて傑出したカスタマーサービス体験を顧客に提供できるということでした」とジェネシス社、APAC地区マネージング・ディレクターの Bruce Eidsvikは語ります。

あいおいニッセイ同和損害保険様における感動ストーリーは、昨年3月の東日本大震災の際に結成された特別対応チームに関するものでした。特別対応チームは、2011年4月6日からの2ヵ月間、震災や津波によって被害を受けた契約者からの保険内容に関する問い合わせ等を受け付けるチームとして活動。地震によって車が壊れたり、津波によって車が流された契約者からの相談が多く、通常の相談以上に時間がかかるなど非常に難しい問い合わせに対応しました。また、震災や津波によって親族を亡くしている契約者も多く、非常に精神的にも負担がかかる業務となりました。しかし、被災者目線に立った対応をチーム一丸となって行った結果、自動車任意保険の問い合わせについては93.2%の応答率を維持し、被災者からも非常に多くの感謝の言葉をうけるなど、品質の高い感動的なサービスを提供しました。

今回、ジェネシスでは、カスタマーサービス・ヒーロー・アワードのファイナリストを3社選出し、”G‐Force APAC 2012”に招待。メインステージ上で、感動ストーリーを参加者に披露し、投票によってカスタマーサービス・ヒーローの”ウイナー”を選出します。

カスタマーサービス・ヒーロー・アワードの詳細は下記サイトをご覧ください。
リンク


ジェネシスについて

ジェネシスは、カスタマーサービスとコンタクトセンター向けのソフトウェアとサービスを提供する世界的なリーディングカンパニーとして、顧客体験の向上に全精力を傾けています。世界80カ国2000社以上のユーザー企業を抱えるジェネシスは、企業が社員、洞察、顧客チャネルを総動員して、消費者とのカンバセーション(対話)を成立するためのユニークなソリューションを提供しています。ジェネシスのソフトウェアは、コンタクトセンターからバックオフィスまで、毎日1億件以上のインタラクションを処理し、企業によるスピーディーでシンプルなサービスの提供と、高度にパーソナライズしたクロスチャネルの顧客体験を実現しています。ジェネシスのソフトウェアは、企業全体にわたるカスタマーサービスのプロセスと顧客対応窓口となる従業員の業務能力も最適化します。

リンク
Join the Conversation:リンク

<本リリースに関する報道関係からのお問い合わせは下記にお願いいたします>
ジェネシス・ジャパン株式会社 マーケティング本部
斉藤 哲也
Tel: 03‐6361‐8960 Fax:03‐6327‐7955
Email: saito@genesyslab.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。