logo

海外ウエディング実施者の約半数が日本での披露宴を実施。その理由は「海外挙式に来られなかった人に結婚のお披露目をするため。」


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するブライダル総研では、『海外ウエディング調査2012』(首都圏、東海、関西在住の『ゼクシィ』読者のうち、海外で挙式を行った人)から見えてきた海外ウエディングの状況や特徴に関する分析をしましたので、お伝えします。

▼『海外ウエディング実施者の国内パーティの理由に関するレポート』はこちら
リンク

▼『海外ウエディング調査2012』はこちら
リンク

▼その他の『ブライダル総研 Research News』はこちら
リンク


――――――――――――――――――――
1.海外ウエディング実施者の約半数が日本国内での披露宴・披露パーティ実施
――――――――――――――――――――

『海外ウエディング調査2012』では、海外ウエディング実施者に対して、日本国内での挙式、披露宴・披露パーティの実施状況を尋ねたところ、「披露宴・披露パーティのみ行なった」人が40.6%で、「挙式も披露宴・披露パーティも行なった」人(8.0%)と合わせ、国内での「披露宴・披露パーティ実施者・計」は48.6%でした。

――――――――――――――――――――
2.日本国内で披露宴・披露パーティを実施した理由
――――――――――――――――――――

それでは日本国内で披露宴・披露パーティをしたのはなぜなのでしょうか。当初は日本国内での披露宴・披露パーティを実施したいと思っていなかったが、実際には実施した人にその理由を聞いてみたところ、

1位:海外挙式に来られなかった人に結婚のお披露目をするため
2位:友人など親・親族以外の方に感謝の気持ちを伝えるため
3位:親族同士の紹介・顔合わせをするため

でした。
海外ウエディングは距離や金銭面でのハードルから、ゲストは限定されてしまいます。しかし、周囲の人にしっかり「お披露目」をしたり、「感謝の気持ちを伝える」ために、日本国内でも披露宴・披露パーティを実施しているようです。

――――――――――――――――――――
3.こだわりの料理でしっかりおもてなし
――――――――――――――――――――

海外ウエディング調査で分析しているとおり、海外ウエディングを実施した人で、日本国内でも披露宴・披露パーティを実施した人は「おもてなし」の意識が高まり、その結果、会場選択する際にも料理を重視する傾向が強く出ているようです。今年の調査結果では、料理の形態で「ビュッフェスタイル」が減少し、「コース料理」がおよそ9.8pt増加しました。ここからもしっかりゲストを「おもてなし」したいという傾向がうかがえます。

▼『海外ウエディング実施者の国内パーティの理由に関するレポート』はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
◆『リクルート ブライダル総研』とは
――――――――――――――――――――
『リクルート ブライダル総研』は、株式会社リクルートのIMCカンパニーブライダル事業本部に設置されている調査・研究組織です。恋愛・出会い、結婚や結婚式、夫婦関係に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展に貢献することを目的として活動しています。出版・印刷物等へデータを転載する際には、“リクルート ブライダル総研調べ”と明記いただけますようお願い申し上げます。

▼『リクルート ブライダル総研』について
リンク

▼リクルートについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本リリースに関するお問い合わせ】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。