logo

ラリタン、インテリジェントPDUのラインアップ拡充 クラウドやコンテナ型データセンタに対応 した大容量PDU

アウトレット、回路、エネルギー、環境のリアルタイムでのモニタリングで コストとエネルギーの節約をサポート

米国ニュージャージー州サマセット(2012年8月8日)— ラリタンは、データセンタでの高密度ラックの電力需要に対応するため、インテリジェントPDU(ラック用電源タップ)の製品ラインアップに400ボルトの高出力モデルを加えました。この大容量 iPDUは高圧電力をラックへ直接供給し、ブレードサーバや高密度サーバ、高消費電力ネットワークスイッチ、ストレージなどのコスト効率とエネルギー効率を高めます。尚、三相大容量400V のiPDUは、日本では現在カスタマイズ(ETO=受注設計)モデルとなります。

ラックへの電力供給量需要は増加の傾向にあり、近いうちに平均的なラックの電力は2006年の6.0kW の倍にあたる12.0kW に達すると見込まれます。こうした需要に応えるため、既に最大30kW もの電力供給が可能なラックを所有する企業もあります。

大電力を必要とする高密度サーバやネットワーク機器、ストレージを支えるために、電源盤からラックへ400ボルトの電力を直接供給することは、世界中の様々な規模のデータセンタで広く行われるようになってきました。400Vの三相電力がラリタンの大容量iPDU2台に供給され、そこからサーバに対しそれぞれ230Vの単相電力を供給します。この数値は、殆どのIT機器が機能できる電力供給の範疇内に充分な電力量です。また、次世代クラウドデータセンタやコンテナ型データセンタ向けの480V/277Vモデルも提供可能です。

IT機器を搭載したラックへ400ボルトの電力供給を維持することで、電源経路(power path)の過程で電力を低電圧へ「ステップダウン」変換の必要がなくなり、変換に伴う電力損失もなくすことができ、消費効率が改善されます。400Vの供給では、208Vと比較して、エネルギー費用を2~3%減らすことができます。



三相400V対応PDUについて、詳しくはこちらをご覧ください。
リンク

ラリタンについて(Raritan.com)
ラリタンは、あらゆる規模のデータセンタに適した電源管理、KVM、シリアルソリューションで豊富な実績を誇るITインフラ管理のリーディングサプ ライヤー。ラリタンの製品は世界5万ヶ所以上の施設で使われており、電源効率の改善、データセンタ生産性の向上、遠隔拠点業務の強化に必要な制御機能を提 供しています。米ニュージャージー州サマセットに本社を置くラリタンは、世界各地にオフィスをもち、76ヶ国に製品を供給しています。詳しくはウェブサイ ト(Raritan.co.jp)をご覧ください。

※ 本プレスリリースに記載されている会社名、製品名ならびにサービス名は、各社の商標または登録商標です。
‹報道関係者様問合せ先›
ラリタン・ジャパン株式会社 担当︰吉田
電話︰03-5795-3170(代)
E-mail︰marketing.japan@raritan.com
URL︰リンク

このプレスリリースの付帯情報

三相400V 対応PDU

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。