logo

キヤノンソフトが、マルチブラウザ対応のWebアプリケーション100%自動生成ツール「Web Performer V1.2.2」を発売

キヤノンMJ ITグループのキヤノンソフトウェア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:加藤 高裕、以下キヤノンソフト)は、Webアプリケーション100%自動生成ツール   「Web Performer(ウェブ パフォーマ)V1.2.2」を7月31日より発売開始しました。

「Web Performer」は、開発現場への生産革新を目指し「短納期」、「高品質」、「低コスト」をコンセプトに2005年から発売開始し、大手、中堅を問わず、企業内の開発部門やSIベンダーなど様々な分野の開発現場で200社以上の導入実績を誇るWebアプリケーション100%自動生成  ツールです。発売以来、市場の動向やビジネスの変化に対応した機能を追加し、バージョンアップを重ねてきました。
 
「Web PerformerV1.2.2」では、マルチブラウザ環境下で利用するWebアプリケーションの100%自動生成が可能となりました。これにより、利用者はAjax技術やJavaScriptを活用した操作性の高いWebアプリケーションを従来のInternet Explorerに加え、FirefoxやGoogle Chrome、Safari(*)でも利用できるようになりました。またWeb開発者は、JavaScript等のブラウザ依存による仕様差異への対応に悩まされることなく、柔軟性の高いマルチブラウザ対応アプリケーションを  コーディング無しに簡単かつ低コストに構築することができます。多様化するビジネスニーズ への俊敏な対応と、変化に強いIT基盤の構築が可能になります。キヤノンソフトは、大手・中堅企業のIT部門やSIベンダーなどを中心に、2015年までに35億円(導入に関するシステム開発を含む)、累積350社の販売を目指します。
なお、キヤノンソフトは「Web PerformerV1.2.2」の発売にあたり、8月24日(金)東京・天王洲にて製品紹介セミナーを開催します。
*2012年10月以降対応予定

このプレスリリースの付帯情報

Web Performer ロードマップ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。