logo

モバイルアプリ内広告は3年以内に70億ドル以上に

英国の市場調査会社ジュニパーリサーチ社が出版レポート「「モバイル広告市場 2012-2017年 - Mobile Advertising」のプレスリリースにおいて、モバイル機器におけるアプリ内広告への支出は2012-2015年に24億ドルから71億ドルにまで増加するだろう、との予測結果を発表しました。

【調査レポート概要】
◆没入型広告(Immersive Ads)の利用が増加して成長を促進

英国調査会社ジュニパーリサーチ社の調査レポート「モバイル広告市場 2012-2017年:メッセージング、アプリ内広告、モバイルインターネット戦略 - Mobile Advertising:Messaging, In-App and Mobile Internet Strategies 2012-2017」は、すべてのモバイル機器におけるアプリ内広告への支出は、2012-2015年に24億ドルから71億ドルにまで増加するだろうと報告している。アプリ利用の増加に伴うリッチメディアの利用の増大に促進されて、アプリ内広告への支出が増加するだろう。この主要なモバイル広告セグメントの一つに促進される成長が、2017年までにモバイル広告の市場を3倍にまで拡大するだろう。

◆モバイル広告の革新

この調査レポートは、ユーザとのつながりを深めるには広告マテリアルが有効であることや、「Shazam」(シャザム、音声認識アプリ)のようなアプリを利用して広告の対話性を高めて、クリック数を増やしたりブランド認知を上げたりすることなどによって、モバイル広告の利用がより効果的になるだろうと報告している。革新的なブランドは、単に消費者を引き付けるだけでなく、ビジネスニーズを満たす広告のためにリッチメディアを利用している。例えばそれは、消費者が必要とするものについて議論するために、近隣の店舗を地図上に示したり、販売窓口に電話するボタンを表示したりというようなことであるかもしれない。


この調査レポートは、モバイル広告市場を広範に調査し、ビジネスモデル分析やデリバリーチャンネル、個人情報の問題などについて、分析・予測を行っています。

主な掲載内容 (目次より抜粋)

•モバイル広告の将来性
•広告市場の現状:市場成長促進要因と阻害要因
•モバイル広告市場
•携帯メール(メッセージング)広告市場の予測
•アプリ内広告市場予測
•モバイルインターネット広告市場予測
•呼び出し音広告市場予測
•モバイル広告のバリューチェーン


【調査レポート】
モバイル広告市場 2012-2017年:メッセージング、アプリ内広告、モバイルインターネット戦略
Mobile Advertising
Messaging, In-App and Mobile Internet Strategies 2012-2017
リンク


◆英国市場調査会社 ジュニパーリサーチ社について
リンク

株式会社データリソースはジュニパーリサーチ社の日本販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

◆無料メ-ルマガジンのお申込み
リンク

◆メールマガジンバックナンバー
リンク

日本販売代理店
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:office@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。