logo

ハイネケン、APBにおけるFraser & Neave株式買収案を提示

Heineken N.V. 2012年07月23日 19時00分
From JCN Newswire

AMSTERDAM, NETHERLANDS, July 23, 2012 - ( JCN Newswire ) - Heineken N.V.(「ハイネケン」)は、ジョイントベンチャーパートナーである Fraser & Neave, Limited(「F&N」)の取締役会に対して、F&Nが直接あるいは間接的に所有するAsia Pacific Breweries Limited(「APB」)の株式を 1 株当たり S$50.00、総額 S$51億での買取を提示した。

さらに ハイネケン は ハイネケン と F&N の 50/50 ジョイントベンチャーである Asia Pacific Investment Private Limited (「APIPL」) が所有する APB 以外の資産に対して、S$1.63 億での買取を提示した。

シンガポールにおける買収・合併の規範によると、オファーの条件が満たされた場合、ハイネケンが現時点で所有していないAPBの全株式に対して、APB 1株当たりS$50.00、最大S$24億の一般全部買付義務を申し出る。

ハイネケンは自社の申し出がF&Nの株主およびAPBの少数株主にとって非常に価値あるもので、APBの株主全員を平等に取り扱っている。提示価格は、APB株式当たり、出来高加重平均価格(一ヶ月)の45%である。(1)

ハイネケンはこのオファーが完了した時点で、株主に対して長期における財政および戦略的価値を生み出すものと確信している。これは東南アジアが成長する魅力的な可能性と会社の世界プレミアムビール部門における強力な位置付けを根拠としている。

ハイネケンの会長兼CEOである Jean-Francois van Boxmeerは次のように本提示について述べた。「当社は80年以上にわたるF&Nとのパートナーシップを重要視しているが、F&NとAPBの株保有に変化が生じたため、パートナーシップにも変化が生じた。その結果、当社のアジアにおけるビジネスの次の段階を見るときが来た。シンガポールは引き続き当社の地域本部を勤め、ハイネケン(R)とTigerブランドは当社のアジアにおけるブランドポートフォリオの先頭を行く。

「APB株に対する当社の提示は非常に魅力的であり、F&NとAPBの株主に対して、非常に価値のあるものだと思う。 同時に、APBを支配下に置くことにより、ハイネケンの株主に対して長期的財政および戦略的価値を作り出す。

本提示の根拠

ハイネケンの提示は新興市場における存在感を拡大するという会社の戦略に沿ったもので、近年転換のための取引が行われている。例えば、メキシコとブラジルにおけるFEMSAの醸造事業の買取、インドのUnited Breweriesとのパートナーシップ、およびアフリカにおける買収と設備投資が行われた。

同意に達した場合、このオファーは人口が急上昇している、世界でもっともエキサイティングでダイナミックな経済の一部でハイネケンのプラットフォームを強化する。ハイネケンはカンボジア、中国、インドネシア、マレーシア、ニュージーランド、パプアニューギニア、シンガポール、タイとベトナムなど、いくつかの重要な市場に直接アクセスできるようになる。

本提示が完了すると、ハイネケンのポートフォリオが強化され、国際ブランドとして確立されているTigerブランドや、Anchor、BintangおよびLarueなどの強力な地域・ローカルブランドを支配下に置くことができる。

さらに、ハイネケンはAPBのアカウントを自社のアカウントとまとめることができ、アジアにおける業務がさらによく分かるようになる。

本提示の背景

F&Nはハイネケンのアジアでの長期におけるパートナーである。F&NはAPIPLの50%を所有し(APIPLはAPBの64.8%を所有する) 、APB の 7.3% を所有する。 ハイネケン は APIPL の 50% を所有し、APB の 9.5% を所有している。

ハイネケン(R) ブランドはハイネケンのライセンスのもとで醸造され、APB最大のブランドで、出来高の30%を占める。

2012年7月18日、OCBC 銀行は Thai Beverage Public Company が OCBC 銀行が所有する、Great Eastern Holdings Limited(「GEH」)および Lee Rubber Company (Pte) Limited(「Lee」)が合わせて持つF&N株式の22%を1株当たり S$8.88で取得し、Kindest Place GroupsがAPB 1株当たりS$45.00で、合わせて8.4%の株式を買取同意書に署名したことを発表した。

本提示の条件

ハイネケンの提示はデューディリジェンスまたは財政上の条件を受けない。次の条件のみが関与する。F&Nの取締役会が自社の株主に対して、該当する株主総会で本提示に賛成することを推奨し、F&N株主の承認、(必要な場合は)法律上の承認を受け、最終的な取引文書がF&Nとハイネケンとの間で交わされること。

次の段階

ハイネケンはF&Nと同意することを希望しているが、ハイネケンが全APB株主に提示を申し出ることができない場合、商業上の利害を保護するために、利用可能なすべてのオプションを見直す。

適切な時期に、F&Nと ハイネケン が最終的な取引文書を交わし、該当する法律上の要件に順守した場合、ハイネケンからさらに発表が行われる。

ハイネケンはCredit SuisseとCitiからアドバイスを受けている。

1ページの注釈
2012年7月16日以前の1ヶ月間(「有効ではない日付」)。この日、OCBC銀行と Great Eastern Holdingsが所有するF&NとAPBの株式を購入するオファーが示されたことを共同持ち株会社として発表した。

編注

ハイネケンは誇り高き、独立したグローバルな醸造会社で、全世界で自社のブランドと製品で消費者に驚きとエキサイトメントを与えることにコミットしている。創立者の名前 - ハイネケン(R) - であるブランドは、世界のほとんどあらゆる国で見られ、世界で最も貴重なインターナショナルプレミアムビールブランドである。会社の目標は、営業展開しているそれぞれの市場において大手の醸造会社になり、世界で最も貴重なブランドポートフォリオとなることである。ハイネケンは ハイネケン(R) ですべての市場を勝ち取り、特定の市場においては完全なブランドポートフォリオを展開する予定である。会社は70を超える国で展開しており、140を超える醸造会社を運営し、2.14億ヘクトリットルのビールをグループとして販売している。ハイネケンはヨーロッパで最大の醸造会社で、出来高では世界3位である。 ハイネケンは200を超える国際的なプレミアム、地域、ローカルおよび特殊ビールやサイダーの責任を持ったマーケティングと消費にコミットしている。 Amstel、Birra Moretti、Cruzcampo、Desperados、Dos Equis、Foster's、ハイネケン、Newcastle Brown Ale、Ochota、Primus、Sagres、Sol、Star、Strongbow、Tecateおよび Zywiecなどが含まれている。先端を行くジョイントベンチャーにはCristal、Kingfisher、TigerおよびAnchorなどがある。2011年には、収益はEUR 171億に達し、EBIT(BEIA)はEUR 27億であった。全世界の社員数はおよそ70,000名。ハイネケンとHeineken Holding N.V. の株はアムステルダムの株式市場に上場している。 普通株の価格は Bloomberg から HEIA NA と HEIO NA のシンボルでアクセスでき、Reuter Equities 2000 Service では HEIN.AS と HEIO.AS のシンボルでアクセスできる。最新情報は ハイネケンのウェブサイト www.theHEINEKENcompany.com リンク を参照ください。

報道機関からのお問い合わせ
John Clarke
E-mail: john.g.clarke@heineken.com
Tel: +31-20-5239-355

John-Paul Schuirink
E-mail: john-paul.schuirink@heineken.com
Tel: +31-20-5239-355

Charles Armitstead
Pendomer Communications
E-mail: charles.armitstead@pendomer.com
Tel: +44-7703-330-269

投資家・アナリストからのお問い合わせ
George Toulantas
E-mail: investors@heineken.com
Tel: +31-20-5239-590

Lucia Bergamini
E-mail: investors@heineken.com
Tel: +31-20-5239-590

概要:Heineken N.V.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。