logo

米国の目標には達しないものの、2020年まで力強く成長するプラグイン電気自動車の販売

米国の市場調査会社パイクリサーチ社が出版レポート「世界のプラグインハイブリッド自動車の市場調査:PEVと電池式電気自動車のOEM戦略、需要促進要因、技術動向、主要関連企業、世界市場予測」のプレスリリースにおいて、2016-2020年にPEVの販売は急速に拡大し、世界のPEVの販売数は2020年には年間170万台に達するだろう、との予測結果を発表しました。

米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「世界のプラグインハイブリッド自動車の市場調査:PEVと電池式電気自動車のOEM戦略、需要促進要因、技術動向、主要関連企業、世界市場予測 - Plug-in Electric Vehicles:Battery Electric and Plug-in Hybrid Electric Vehicles: OEM Strategies, Demand Drivers, Technology Issues, Key Industry Players, and Global Market Forecasts」は、PEVは2011-2015年の間に米国で41万台販売されるだろうが、米国での累計は2018年までは100万台に達しないだろうと報告している。

しかし、2016-2020年に、PEVの販売は急速に拡大するだろう。世界のPEVの販売数は、2017年に年間100万台を上回り、2020年には年間170万台に達するだろう。

電気自動車市場の成熟によって、購入パターンの地域による大きな格差がわかってきた。例えば、北米ではプラグインハイブリッド電気自動車が電池式の電気自動車を上回るが、欧州やアジアではその反対である。一方、自動車製造戦略も変化しており、PEVを製造する自動車メーカーの大半は、非常に慎重なペースで、新技術を綿密に確認しつつ、消費者の需要の地域差による嗜好に注目してことを進めている。PEV市場の先行きは、あらゆる点において明るいが、業界は市場の需要の拡大ペースに合わせて、注意深く成長しようとしている。

この調査レポートは、世界のPHEVとBEVの市場を調査している。市場促進要因と阻害要因の詳細な分析、技術動向、法規制、OEMや主要サプライヤの市場勢力図などを記載し、2020年までの世界と地域毎と、車種毎の予測も行っている。


【調査レポート】
世界のプラグインハイブリッド自動車の市場調査:PEVと電池式電気自動車のOEM戦略、需要促進要因、技術動向、主要関連企業、世界市場予測
Plug-in Electric Vehicles
Battery Electric and Plug-in Hybrid Electric Vehicles: OEM Strategies, Demand Drivers, Technology Issues, Key Industry Players, and Global Market Forecasts
リンク


◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク

株式会社データリソースはパイクリサーチ社の日本販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク


◆無料メ-ルマガジンのお申込み
リンク

◆メールマガジンバックナンバー
リンク

日本販売代理店
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:office@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。