logo

スマートグリッド用衛星通信市場は2020年までに約3億7000万ドルに達するだろう

米国の市場調査会社パイクリサーチ社が出版レポート「スマートグリッドアプリケーション向け衛星通信:Satellite Communications for Smart Grid Applications」のプレスリリースにおいて、スマートグリッド向けの衛星サービスと機器の収益は、2012年の6700万ドル足らずから、2020年に3億6800万ドルに達するだろう、との予測結果を発表しました。

米国の環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社パイクリサーチ社の調査レポート「スマートグリッドアプリケーション向け衛星通信:変電所自動化、配電自動化、AMIバックホール向けのVSATとBGAN衛星技術 - Satellite Communications for Smart Grid Applications: VSAT and BGAN Satellite Technologies for Substation Automation, Distribution Automation, and Advanced Metering Infrastructure Backhaul」は、スマートグリッド向けの衛星サービスと機器の収益は、2012年の6700万ドル足らずから、2020年に3億6800万ドルに達するだろうと報告している。


多くの電力会社の経営者は、反応時間(レイテンシ)や相互運用性、セキュリティ、帯域幅の効率といった点から、スマートグリッドへの衛星適用に懸念があるとしている。しかし、パイクリサーチ社は、これらの懸念の多くは、時代遅れの感覚に基づくものだとしている。新しい技術や製品には、初期のシステムにつきもののコスト、性能、信頼性などの問題点がある。今日の衛星の往復のレイテンシは600ミリ/秒で、多くの地上波技術と比べても、ほとんどのスマートグリッドに適している。また、データ転送速度は、通常数メガビット/秒(Mbps)まで向上し、競合技術として計画されているケーブルや4Gブロードバンドよりも速いかもしれないというところまで来ている。


この調査レポートは、スマートグリッド関連の衛星通信の経済性と市場力学を調査している。スマートグリッドネットワーキングの市場促進要因、技術問題、技術標準、市場勢力図を記載し、出荷数やインフラとサービスの収益の詳細な予測を技術毎、アプリケーション毎、世界の地域毎に2020年まで予測している。



【調査レポート】
スマートグリッドアプリケーション向け衛星通信:変電所自動化、配電自動化、AMIバックホール向けのVSATとBGAN衛星技術
Satellite Communications for Smart Grid Applications
VSAT and BGAN Satellite Technologies for Substation Automation, Distribution Automation, and Advanced Metering Infrastructure Backhaul
リンク


◆米国市場調査会社 パイクリサーチ社について
リンク


株式会社データリソースはパイクリサーチ社の日本販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。


◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク


◆無料メ-ルマガジンのお申込み
リンク

◆メールマガジンバックナンバー
リンク


日本販売代理店
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:office@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。