logo

シーサー、電子書籍サービス「forkN」をリニューアル。競作感覚で作品が作れる「N次創作」機能をリリース

無料ブログサービス「Seesaaブログ」やWebフォントクラウドサービス「デコもじ」などを運営するシーサー株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:藤原研作)は、電子書籍サービス「forkN(フォークン)」をリニューアルし、作者同士が提供する素材を使って本を作成することができる「N次創作」機能をリリースしました。

■概要
電子書籍サービス「forkN」は、誰でも簡単に電子書籍を作成・販売できるソーシャルパブリッシングと、読書体験を共有するソーシャルリーディングの機能が融合した電子書籍サービスです。

この度行ったリニューアルでは、サイトのデザインを刷新すると同時に、新しい機能として「N次創作機能」と「評価機能」を追加いたしました。

forkN
リンク

■N次創作機能について
N次創作機能とは、作者同士がイラストや写真・テキストなどの素材を提供しあい、競作感覚で新しい作品を作ることができる機能です。
提供される素材は、「forkN」内にあらたに開設された「N次ひろば」にて「お題本」として公開され、作者はお題本をインポートすることで、自分流にアレンジした創作本を作成することができます。

N次ひろば
リンク

創作は何回も行うことができ、「お題本」から創作された本(二次創作本)を、さらに創作(三次創作)することができるため、自分の提供した素材が思いもよらない作品になったり、他の作者の素材から想像を膨らませて作品を作る楽しさを体験できます。

また、今回のN次創作機能のリリースに合わせてコンテストを開催します。

~N次創作大賞~
リンク

お題イラスト5点のいずれかから二次創作を行い、優秀作品を決めるコンテストです。
大賞には賞金10万円、佳作には賞金1万円、forkN賞にはAmazonギフト1万円分が授与されるほか、副賞として、受賞書籍のアプリ化を実施いたします。(7月31日締め切り)

■評価機能について
評価機能は、本への感想を最大5つの星マークとして残すことができます。星の数は集計され、本の詳細ページに表示されますので、書き手のモチベーションアップや、本選びのきっかけに繋がります。

■「forkN」について
「forkN」は、誰でも簡単に電子書籍を作成・販売・閲覧・共有が行えるサービスです。
ブログ感覚のエディタで簡単に書籍の編集が行えるほか、zipファイルにまとめての画像の一括アップロード、PDF、EPUB、MT(ブログ)ファイルのインポートにも対応。短時間での本づくりが可能となっています。

作成した書籍は「forkN」内で無料公開したり、有料で販売することができます。有料で販売する場合は、販売価格を設定して公開します。読み手はクレジットカードなどで書籍を購入することができ、書籍の作者には販売価格から手数料30%を差し引いた70%が売上として支払われます。

「forkN」で公開されている電子書籍はブラウザでの閲覧をはじめ、EPUBやPDF形式でダウンロードした書籍をiPhone・Androidなどのスマートフォンや、iPadをはじめとしたタブレットリーダーで読むことができます。

■今後について
購入機能の強化や、本へのコメント機能、ビューアの縦書き、見開きへの対応などを予定しています。

▼シーサー株式会社 --------------------------------------------------
ウェブサイトURL :リンク
所在地:東京都渋谷区渋谷1-17-2 CRD Shibuya1st 6階
設立: 2003年10月
資本金: 1,510万円(2011年9月末現在)
代表者:代表取締役社長 藤原研作
事業内容 :
・ソーシャルメディア&ショッピングサービス
・インターネットシステムの企画・開発・販売
サービス :
・ Seesaaブログ:リンク
・ デコもじ:リンク
・ forkN:リンク
・ Tabimpact:リンク
・ puble:リンク
・ 19box.me:リンク
・ fontview:リンク

▼本リリースに関するお問合せ --------------------------------------
シーサー株式会社 新規事業開発部:中西 愛美
03-5766-4730
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]