logo

PCとモバイルのインターネットの通信費、家計節約のためにどちらを削る?


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営する3, 000点以上のIT製品情報を掲載する無料会員制サイト『キーマンズネット』(リンク)は、ITに関する身近でちょっと気になるテーマについて、投票形式で白黒をつけるコーナー「情シスのスイッチ」を公開しています。

今回のテーマは「削減」。「PCとモバイルのインターネットの通信費、家計節約のためにどちらを削る?」、「モバイルPCの導入で予算オーバー、犠牲にするならどちら?」の2つをお題にしたアンケート結果をお届けいたします。

▼「情シスのスイッチ」の記事はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
■お題1:PCとモバイルのインターネットの通信費、家計節約のためならどちらを削る?
――――――――――――――――――――
PCのインターネット通信費・・・・・・21%
携帯電話のインターネット通信費・・・79%

家計節約のために削るのは、「PCのインターネット通信費」が21%、「携帯電話のインターネット通信費」が79%と圧倒的な差が開く結果となった。
この数字は、まず「どちらの端末でネットを利用する機会が多いか」ということを反映しているようだ。
「PCの通信費を削る」派の人はネット利用に自宅のPCをほとんど使っていない模様。
「携帯電話の通信費を削る」派の人は自宅PCでネット利用するしないに関わらず「携帯電話の通信料金が高い」と意識している人が多いからこそ、これだけの数字を獲得しているようだ。
すでに何らかの手段で携帯電話の通信費を削減している人も少なくなく、実際に削減の余地があるのは携帯電話の通信費なのかもしれない。

<コメント(一部抜粋)>
【「PCのインターネット通信費」派のコメント】
●仕事以外で、どちらでネットを長く使っているかを考えれば自明の理です。(40代・男性)
●社外では、検索など可能な携帯での通信は必須です。これがないと仕事にも差し支えます。(50代・男性)
●家のPCよりスマホのほうが処理が速いし、インターネットへの接続も速い。(20代・女性)

【「携帯電話のインターネット通信費」派のコメント】
●私の携帯はいまだにガラケー。インターネットはほとんど使いません。この1年での使用回数は、2桁いくかいかないか・・・。(50代・男性)
●インターネットのつながらないPCなんて、ただの置物。だけど、インターネットのつながらない携帯電話は、本来の電話として使えるので問題なし。(30代・男性)
●私物のケータイではインターネット禁止です。家族外への電話も妻の監査を受けます。(50代・男性)

▼その他の「PCのインターネット通信費派」、「携帯電話のインターネット通信費派」の理由はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
■お題2:モバイルPCの導入で予算オーバー、犠牲にするならどちら?
――――――――――――――――――――
パフォーマンスを犠牲に・・・46%
バッテリーを犠牲に・・・・・54%

モバイルPCを導入するとき、犠牲にするなら「パフォーマンス」派が46%、「バッテリー」派が54%というほぼ拮抗した結果に。
「パフォーマンスを犠牲に」派の多くは「モバイルPCの真骨頂はバッテリ駆動の長さ!」と主張している。それはもっともな意見だ。
また「最近ではパフォーマンスを犠牲にしなくても十分な性能のモバイルPCが存在する」というコメントも。
一方の「バッテリーを犠牲に」派は、「バッテリーはスペアを持ち歩けばいいし、電源だってどこでも取れるじゃないか」という意見が多い。
スペアバッテリーやACアダプターを持ち歩けば、確かにバッテリー切れの不安は解消されるかもしれないが、それでは手軽なモバイルではないのでは?

【「パフォーマンスを犠牲に」派のコメント】
●モバイルということは、必要なときにタイムリーに使えなければ価値がない。高いパフォーマンスを求めるならモバイルを選択しない(20代・男性)
●いまどきのPCは低位機種でも十分ハイスペックなので、当然バッテリー優先。(40代・男性)
●手軽に持ち歩くつもりならば、電源はもちたくない。ゆえに長時間耐えうるだけのバッテリーを優先する。ビジネス用途で用いる程度ならばそれほどパフォーマンスは必要ないし、趣味で用いるならばそもそもデスクトップを使う。(20代・男性)

【「バッテリーを犠牲に」派のコメント】
●以前配布されたモバイルPCは、パフォーマンスが悪すぎて30分使っても正味10分ぶんぐらいしか作業が進まず、モバイルの意味がありませんでした。(40代・男性)
●バッテリーは、所詮消耗品と考えている。寿命が短くなったら交換する。パフォーマンスは、仕事に影響するのである程度のものは必要。世の中便利になって電源が取れないところが少なくなった。新幹線内でも電源を利用している。(40代・男性)
●パフォーマンスを下げたら良い仕事はできません。要はたらたら仕事しなければいいのです。(20代・男性)

▼その他の「パフォーマンスを犠牲に派」、「バッテリーを犠牲に派」の理由はこちら
リンク

<調査概要>
○調査期間:2012年4月12日~2012年4月20日
○有効回答数:1351
○調査対象:キーマンズネット会員

――――――――――――――――――――
◇「キーマンズネット」について
――――――――――――――――――――
キーマンズネットは、35万人のIT担当者が集まる無料会員制サイトです。豊富な製品情報以外にも、最新のITキーワードや市場動向を解説した「ITがよく分かる特集」などのコンテンツを通じ、企業の情報システム部門に在籍する方向けに、IT初心者から上級者まで納得の特集や、製品やシステム選びに役立つ情報を提供しています。

<コンテンツ> ※全ての機能は、会員登録する事で、フルにご利用できます!
1)製品レポート「Keyレポ」「Keyノート」
IT製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

2)「比較表」作成機能
製品同士のスペックや価格などの基本情報をまとめた「比較表」が簡単に作成できます。

3)「資料ダウンロード」機能
検索結果や比較表からまとめて資料請求することもでき、情報収集が効率化できます。

4)ITがよくわかる特集
状況や立場に応じて選ぶことができ、興味のあるカテゴリの最新ニュースや製品情報を毎日メールでお届け。IT製品の“いま”がわかります。

5)企業向けITのセミナー・イベント情報
IT製品に関する各種セミナー情報を、Webとメールでご提供します。

6)キーマンズネットDaily
あなたの興味にそった情報を毎日メールでお届けします。製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

キーマンズネットでは、IT製品の選定に必要なさまざまな情報を提供しています。
もちろん登録・利用は無料。是非ご登録いただき、IT製品選びにお役立て下さい。


▼「キーマンズネット」はこちらから
リンク

▼「情シスのスイッチ」オススメ記事はこちらから
◆健康管理?スキルアップ?危機意識を持って実施していることは?
リンク

◆毎日の通勤ルート、細かく計画している人は何パーセント?
リンク

◆ほかにもまだまだあります!「情シスのスイッチ」記事一覧
リンク

▼キーマンズネットの「Facebookページ」はこちらから
リンク

▼リクルートについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。