logo

国際的ソーシャルQ&Aサイトの「ARIGATO API」を提供開始

国際的なコミュニケーション・プラットフォームとエンゲージメントの構築に貢献

株式会社オウケイウェイヴ(代表取締役社長:兼元謙任、本社:東京都渋谷区)は、同社が運営する国際的ソーシャルQ&Aサイト「ARIGATO」を自社サイトに組み込むことができる「ARIGATO API」を企業や自治体などの法人・官公庁向けに2012年4月19日より提供開始しました。

リンク

このたび提供開始した「ARIGATO API」とは、20ヶ国語に対応した国際的ソーシャルQ&Aサイト「ARIGATO」(リンク)の機能を自社サイトに組み込める仕組みです。「ARIGATO」では様々な国籍のバックグラウンドを持つ利用者らが、お互いに言語の翻訳をしながら様々な話題についてのQ&A(質問と回答)を取り交わし、日々国際的な交流を行っています。「ARIGATO API」を組み込むことで、自社のユーザー同士が言語の壁を超えて交流できる多言語コミュニティを自社サイト内に持つことができるようになります。ユーザーをサイト内に滞留させ、ユーザー同士の交流を促進できるため、自社サイト内での国際コミュニティの普及と、自社とユーザーとのエンゲージメントの構築が期待できます。

「ARIGATO API」では、「ARIGATO」に投稿された質問の一覧ならびにQ&A投稿内容の取得、質問と回答の投稿に関するAPIを提供します。

「ARIGATO API」はとくに海外進出や外国人の受け入れを検討・推進している法人向けに初期導入費・月額利用料の料金体系で提供します。また、とくに「ARIGATO」との親和性が高いFacebookページの運用支援施策やコンサルティングも提供していきます。なお、2012年中に100サイトへの「ARIGATO API」の提供を目指します。

■国際的ソーシャルQ&Aサイト「ARIGATO」について リンク
「ARIGATO」は異文化交流や、海外旅行、留学、就労など、ある国の現地の情報を知りたい時に、各国のユーザー同士が言語の壁を超えて、母国語で交流し、最新の情報が得られるサービスです。FacebookやTwitter、Googleの3大ソーシャルアカウントとの連携によりユーザー属性の信頼性が高く、20ヶ国語に対応したUIならびに機械翻訳とユーザー同士で行うソーシャル翻訳により、世界中の人とのソーシャルなQ&Aコミュニティを実現しています。「ARIGATO」は「時代が求める集合知として全世界でつながるソーシャルサービスとしての新規性があり、コミュニケーション性が高い」ことが評価され2011年度グッドデザイン賞を受賞しています。

■株式会社オウケイウェイヴについて リンク
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。インターネット業界の現在の潮流であるソーシャルメディアにいち早く着目し、2000年1月に日本初、最大級のソーシャルQ&Aサイト「OKWave」(リンク) を開設し、運営しています(月間PV:1億800万以上 ※2011年12月末現在、本体サイト)。「OKWave」のユーザー同士が生み出す有益なQ&Aデータベースは「OKWave QA Partner」導入サイトとして国内大手ポータルサイトを始め100サイト以上が活用。更に、その運営ノウハウを元に、特許技術を有するエンタープライズFAQソリューション「OKBiz Support」やQ&A情報共有自動化ツール「OKBiz Answer」等を、サポート市場を中心に大手企業、自治体等220サイト以上に導入しています。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月には米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。以降も、国内最大規模のソーシャル・ハウツーサイト「OKGuide」(リンク)、リアルタイムQ&Aサイト「おけったー」(リンク)、20言語で利用できる国際的ソーシャルQ&Aサービス「ARIGATO」(リンク)、個人間の知識・スキル売買サイト「Abilie(アビリエ)」(リンク)等、2012年中の20ヶ国語、200ヶ国へのサービス提供を視野に、世界中の人と人を信頼と満足でつなぎ、ありがとうを生み出していくサービスを提供し続けています。

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。

用語解説

API(Application Program Interface):提供されている機能を呼び出すことで、その機能を利用したアプリケーションを作成することができること。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。