logo

「AdStir(アドステア)」本格的なグローバル展開を開始、アメリカ現地法人も設立

ngi group株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長:金子 陽三、証券コード:2497、以下「ngi group」)の提供するスマートフォン媒体社向けの広告プラットフォーム「AdStir(アドステア)リンク」は、2012年3月、本格的にサービスの国際化を行い、グローバル展開を開始致しました。

AdStirは、2011年9月よりスマートフォンアプリ媒体へのSSP(サプライサイドプラットフォーム)サービスの提供を開始し、6カ月目となる2012年3月には国内の提携メディア数が1,000件を突破するなど、急速に拡大を続けております。

そして、さらなる事業拡大のため、海外デベロッパー向けに本サービスのグローバル化を致しました。これにより海外メディアも自由にAdStirを使える環境が整い、また、海外の主要なネットワーク連携を視野に、今後も世界中のメディアが使いやすいサービスとなるよう、機能の追加、拡大を行ってまいります。

また、AdStirを含む当社サービスのグローバル展開に向けて、4月より海外事業部を新設すると共に、アメリカに現地法人 MotionBEAT US, Inc. を設立し、海外展開を加速していきます。

当社は今後も最新アドテクノロジーによる広告ソリューションを提供し、急速に拡大するスマートフォン広告市場においてリーディングポジションを獲得するべく全力で事業展開してまいります。


■「AdStir(アドステア)」とは
(アドサーバー機能+複数広告ネットワーク)×SSP=スマートフォン向け新広告プラットフォーム

AdStirは広告の入稿・配信管理ができる「アドサーバー」機能と複数の広告ネットワークを束ねて一元管理し、収益が最大となるよう広告を最適化配信する「*SSP(サプライサイドプラットフォーム)」機能を組み合わせた国内では初となる全く新しい形のスマートフォン向け広告プラットフォームとなります。

AdStirを導入することで媒体社は、手間をかける事なく、純広告/ネットワーク広告全ての配信管理を一元化することができ、収益の最大化を行うことができます。

■AdStirの主な機能・特徴

◆SSP機能(アドネットワーク最適)
複数のアドネットワークの収益性を確認し、簡単な操作で各アドネットワークの配信量の調整を行う事ができます。また、広告切れを自動で検知し、即座に次のアドネットワークを選択することでフィルレート(広告表示率)を低下させる事なく、インプレッションを無駄なく収益に結び付けます。

◆純広告+アドネットワーク 組み合わせ配信
純広告を配信し、純広告が終了(クリックやインプレッションが予算に達した、もしくは配信期間が切れた)時に、途切れることなく継続して最適化されたアドネットワーク広告を配信することができます。同様に、純広告キャンペーン開始予約を事前に行うことで、アドネットワークを配信しながら、純広告の配信開始日に自動で広告をセットし、無駄なく効率的にメディアの広告枠を運用することができます。

◆アドネットワーク最適+純広告
複数のアドネットワークを運用しながら、期間限定で高単価な純広告があった場合や、自社アプリ/Web広告を限定的に配信する場合など、アドネットワークと純広告の優先度と配信比率を調整する事で自由自在に広告の切り替えを行うことができます。

◆純広告管理
複数の広告キャンペーンを作成し、それぞれのキャンペーン毎に開始日、終了日を設定、入稿からレポーティングまで、一元管理が可能です。配信メニューはクリック、インプレッション、期間配信の全てに対応しています。

*SSP(サプライサイドプラットフォーム)とは
複数の広告案件を一元管理し、配信を最適化する事で収益の最大化を狙う、サプライサイド(媒体側)の広告管理プラットフォームのこと

■ngi group株式会社 会社概要
・商号:ngi group株式会社 ( リンク )
・上場市場:東京証券取引所マザーズ市場(証券コード2497)
・代表者:代表執行役社長 金子 陽三
・事業所:東京都港区北青山3-3-11 ルネ青山ビル6F
・設立年月日:1998年2月20日
・資本金:18億4,051万 ※2011年12月末現在
・主な事業の内容:インターネット関連事業、インベストメント&インキュベーション事業
・サービスサイト:
リンク (学習するアドネットワーク AD-STAサイト)
リンク (広告配信統合管理システム)
リンク (モバイルSEO RISEOサイト)
リンク (スマートフォンアプリ媒体社向け新広告プラットフォームサイト)

※ ngi group株式会社は2012年6月22日(金)開催予定の株主総会で、定款の一部変更が承認されることを条件として、商号を「モーションビート株式会社」に変更いたします。


PR Newsリリース詳細ページ リンク
提供元:PR News リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。