logo

リクルート、『キーマンズネット』がIT担当者300人にアンケート!「企業におけるIT戦略面での優先事項(2011年)」


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:柏木斉)が運営するIT製品情報サイト『キーマンズネット』(リンク)は、IT製品の導入状況や製品の選定ポイント、IT担当者の関心事がわかるコーナー「IT担当者300人に聞きました」を公開しています。
今回は企業のIT担当者338人を対象に「企業におけるIT戦略面での優先事項(2011年)」を調査。「IT戦略面での優先事項」、「IT予算の増減と投資先」などから企業の現状が明らかになりましたので、調査結果の一部をお知らせします。

▼「企業におけるIT戦略面での優先事項(2011年)」記事はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■IT戦略面での優先事項は「ITコストの削減」が1位、震災や円高などによる影響大
――――――――――――――――――――
「今年度(2011年度)、IT戦略面で優先した事項は何か」及び「来年度(2012年度)、IT戦略面で優先する事項は何か」をそれぞれ尋ねた結果、今年度(2011年度)の1位は「ITコストの削減」で59.6%、2位は「情報活用の拡大」で35.9%、3位は「ITサービスの品質向上」で34.1%、4位は「既存システムの統合性強化」で29.9%、5位は「IT資産のバックアップ体制強化」21.9%と続いた。

「ITコストの削減」を1位と回答した方々からは、「震災の影響」「業績の低迷により、経営陣からより一層、ITにかかるコストの削減を求められた」「経営効率を上げるために、社内コストの削減を行った」といった意見が寄せられており、震災や円高影響による不景気が続く国内企業で、ITコストの削減を重要課題としている企業が多かった。

▼「企業におけるIT戦略面での優先事項(2011年)」記事はこちらから
リンク
※記事の一部は公開しておりますが、全てご覧頂くには無料の会員登録が必要です。

――――――――――――――――――――
■ビジネス面での優先事項、来期は「新規市場(海外含む)への業務拡大」傾向に
――――――――――――――――――――
次に「今年度(2011年度)のビジネス面で優先した事項は何か」及び「来年度(2012年度)のビジネス面で優先する事項は何か」をそれぞれ尋ねた。まず、今年度(2011年度)のビジネス面で優先した事項の1位は「業務コストの削減(ex:社員の業務効率の改善)」で64.0%、2位は「ビジネスプロセスの改善」で37.2%、3位は「新規顧客の獲得と維持」で31.8%、4位は29.5%と同率で「既存顧客との関係性強化」と「有事の際の事業継続体制強化」、6位は「新製品や新サービスの開発」で22.9%と続く結果となった。

一方、来年度(2012年度)のビジネス面で優先した事項の1位は「業務コストの削減(ex:社員の業務効率の改善)」で54.6%、2位は「新規顧客の獲得と維持」で38.8%、3位は「ビジネスプロセスの改善」で34.3%、4位は「既存顧客との関係性強化」で32.5%、5位は「新規市場(海外含む)への業務拡大」で23.9%と続いた。
今年度と比較して着目すべきは、「新規市場(海外含む)への業務拡大」が5位にランクインしている点だ。12.9%の割合で「来年度(2012年度)のビジネス面で優先する事項」で「最も重視」と回答されており、フリーコメントでは「グローバルエリアでのビジネス展開に重点を置き、コスト削減、品質向上という相反する事項の課題解決を目指した」や「生き残りをかけた海外進出」、「海外と国内の売上比率が逆転する予定だから」などの意見も寄せられていた。

▼「企業におけるIT戦略面での優先事項(2011年)」記事はこちらから
リンク
※記事の一部は公開しておりますが、全てご覧頂くには無料の会員登録が必要です。

――――――――――――――――――――
■最も重視する注目のテクノロジーはクラウド、モバイルテクノロジーと続く結果に
――――――――――――――――――――
「今年度(2011年度)、注目したテクノロジーは何か」及び「来年度(2012年度)、注目するテクノロジーは何か」をそれぞれ尋ねた結果、今年度(2011年度)の注目のテクノロジーでは、1位「クラウドコンピューティング」で62.2%、2位は42.6%と同率で「セキュリティ技術」と「モバイルテクノロジー(スマートフォン、タブレット端末)など」となった。これを「最も重視」と回答している割合で見ると、「モバイルテクノロジー」に関しては15.5%と、クラウドコンピューティングに次いで割合が高かった。

また、来年度(2012年度)の注目のテクノロジーの1位は「クラウドコンピューティング」で63.3%、2位は「モバイルテクノロジー(スマートフォン、タブレット端末など)」で50.3%、3位は「セキュリティ技術」で36.7%と続いた。来年度に関しても「クラウドコンピューティング」に注目している企業の割合が高い結果となった。

▼「企業におけるIT戦略面での優先事項(2011年)」記事はこちらから
リンク
※記事の一部は公開しておりますが、全てご覧頂くには無料の会員登録が必要です。


<調査概要>
○調査期間:2011年12月13日~2011年12月20日
○有効回答数:338
○調査対象:キーマンズネット会員

――――――――――――――――――――
◆キーマンズネットとは?
――――――――――――――――――――
キーマンズネットは、3000点以上のIT製品情報を掲載した会員制サイト(無料)です。豊富な製品情報以外にも、最新のITキーワードや市場動向を解説した「ITがよく分かる特集」などのコンテンツを通じ、企業の情報システム部門に在籍する方向けに製品やシステム選びに役立つ情報を提供しています。


▼「キーマンズネット」はこちらから
リンク

▼「IT担当者300人に聞きました」オススメ記事はこちらから

◆企業におけるログの管理状況
リンク

◆グループウェアの導入状況
リンク

◆ほかにもまだまだあります!「IT担当者300人に聞きました」記事一覧
リンク

▼「Facebookページ」はこちらから
リンク

▼リクルートについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。