logo

リクルートのデザインギャラリー「クリエイションギャラリーG8」で開催 第14回 亀倉雄策賞受賞「澁谷克彦グラフィックデザイン」展


株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:柏木 斉)が運営するギャラリー「クリエイションギャラリーG8」(リンク)では2012年3月27日(火)より4月27日(金)の期間「澁谷克彦グラフィックデザイン」展を開催いたします。

▼詳細はこちらから
リンク

▼ギャラリー情報はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■「澁谷克彦グラフィックデザイン」展 概要
――――――――――――――――――――

1997年に急逝したグラフィックデザイナー亀倉雄策の生前の業績をたたえ、グラフィックデザイン界の発展に寄与することを目的に、1999年、亀倉雄策賞が設立されました。
第14回目となる今回の受賞作は、澁谷克彦氏の、化粧品会社のイメージポスター「SHISEIDO」に決定いたしました。
資生堂宣伝部で「ZEN」「INOUI ID」「エリクシール」をはじめとする数々の化粧品広告、企業広告のアートディレクションを手掛け、現在は同社のグローバル展開におけるクリエイティブディレクターとして活躍する澁谷氏。今回の受賞作は、資生堂伝統の唐草模様と、「SHISEIDO」のタイポグラフィを融合させ制作された、同社の企業広告ポスターです。このシリーズは当初、雑誌広告としてスタートし、6年目の本作品で、「資生堂のアイデンティティともいえる唐草模様と長年向き合って、ついに新たな時代のものに生まれ変わらせた」と評価され、今回の受賞となりました。

≪展覧会概要≫
■企画展名   第14回亀倉雄策賞受賞記念 澁谷克彦グラフィックデザイン展
■会期     2012年3月27日(火)~4月27日(金)11:00am‐7:00pm
        日曜・祝日休館 入場無料
■会場     クリエイションギャラリーG8(中央区銀座8‐4‐17 リクルートGINZA8ビル1F)
■展示内容   受賞作となった3点のグラフィック作品を中心に、過去に制作してきたシリーズも展示。また、資生堂グローバル展開において手掛けた近作ポスター、今春リニューアルした『花椿』なども展示予定。
■オープニングパーティー 2012年3月27日(月)7:00pm‐8:30pm 予約不要
■トークショー 2012年4月20日(金)7:10pm‐8:40pm
        出演:澁谷克彦、仲條正義、水野卓史
        入場無料、要予約(TEL:03-6835-2260)

▼詳細はこちらから
リンク

▼ギャラリー情報はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■プロフィール
――――――――――――――――――――

澁谷克彦 Katsuhiko Shibuya
1957年東京生まれ。1981年東京藝術大学美術部を卒業。同年、資生堂宣伝部入社。
主な仕事に「SHISEIDO」「PERFECT ROUGE」「クレ・ド・ポー・ボーテ」「INOUI ID」「ZEN」「AYURA」など、企業やブランドの総合的なクリエイティブ・ディレクション&グラフィックデザイン。現在は同社のグローバル展開におけるクリエイティブ・ディレクションを手掛ける。JAGDA新人賞、JAGDA賞、東京ADC賞、東京TDC金賞、NY ADC銅賞など受賞。

――――――――――――――――――――
■亀倉雄策賞について
――――――――――――――――――――

1997年急逝した亀倉雄策の生前の業績をたたえ、グラフィックデザイン界の発展に寄与することを目的として遺族の寄付により設立された亀倉雄策賞。亀倉が設立から長く会長を務めた社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)に運営を一任し、毎年国内賞「亀倉雄策賞」を、さらに3年に一度「亀倉雄策国際賞」を授与する。「亀倉雄策賞」は『Graphic Design in Japan』応募作品の中から、最も優れた作品の制作者を表彰するもの。「いつになっても東京オリンピックの亀倉と呼ばれること」を嫌い、なくなる直前まで「今」の仕事で若い世代と競い、グラフィックデザイン誌『クリエイション』の編集を通じて、グラフィックデザインの芸術性、本質を追究した亀倉の遺志を尊重し、普遍性と革新性をもったグラフィックデザインを顕彰していく。
賞金はいずれも50万円。賞状は佐藤卓によるデザイン。

■これまでの亀倉雄策賞受賞者
第1回 田中一光/第2回 永井一正/第3回 原研哉/第4回 佐藤可士和/第5回 仲條正義/第6回 服部一成/第7回 勝井三雄/第8回 受賞者なし/第9回 松永真/第10回 佐藤卓/第11回 植原亮輔/第12回 浅葉克己/第13回 受賞者なし

▼詳細はこちらから
リンク

▼ギャラリー情報はこちらから
リンク

――――――――――――――――――――
■ギャラリーについて
――――――――――――――――――――

リクルートは、メセナ活動の一環として、東京銀座に「クリエイションギャラリーG8」と「ガーディアン・ガーデン」の2つのギャラリーを運営しています。
「クリエイションギャラリーG8」は、グラフィックデザインに焦点を当てたデザインギャラリー。「デザインとコミュニケーション」をテーマに、国内外を代表する作家から、先鋭的な送り手の作品をご紹介しています。
展覧会ごとに「クリエイティブサロン」というトークショーを開催するなど、作品だけでなく送り手の発想や行動の背景・過程を分かりやすくお伝えできるスペースを目指しています。1985年に「G7ギャラリー」としてオープンして以来、広告・グラフィックデザイン・アートを通じて、来場者の方々に「コミュニケーション」の原点を考える場として親しんでいただいております。
また、「ガーディアン・ガーデン」は若手クリエイターに表現する「機会」と「場所」を提供することを目的に1990年にオープン。
グラフィック、写真を中心としたコンペティション・ギャラリーとして、公募展を中心に活動を展開しています。

▼ギャラリー情報はこちらから
リンク

▼リクルートについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。