logo

OKI、「CO2排出量ゼロ工場」における2011年度分の排出権無効化処理を完了

Tokyo, Mar 26, 2012 - ( JCN Newswire ) - OKIグループのプリンタ事業会社OKIデータ(社長:平本 隆夫、本社:東京都港区)は、このたび、グローバルなカーボンオフセット活動「CO2排出量ゼロ工場」の2011年度分のCO2排出量の無効化処理を行い、オフセットを完了(注1)しました。

OKIデータの「CO2排出量ゼロ工場」は、2009年10月から2013年3月までプリンタと複合機を生産する全自社工場において、削減努力を行った上でどうしても排出されるCO2をカーボンオフセットによりゼロとする取組みです。対象となる工場は、福島事業所、タイのOKIデータマニュファクチャリング、中国の沖電気実業(深圳)有限公司プリンタ事業部の3工場です。

今回は、2011年度下期分(2011年10月1日~2012年3月31日)の3工場からのCO2排出量合計5,477トンを対象に、以下の通りオフセットを完了しました。なお、全ての排出権は株式会社サティスファクトリーインターナショナルを通じMarkit Environmental Registry(注2)上で無効化されており、第三者が確認可能となっております。

2011年度下期のオフセットに使用したプロジェクト

実施国: インド
プロジェクト名: Bundled 15 MW Wind Power Project in India
排出権の種類: VCU(注3)
数量(トン): 2,019

実施国: タイ
プロジェクト名: Mungcharoen Green Power - 9.9 MW Rice Husk Fired Power Plant Project
排出権の種類: VCU
数量(トン): 2,652

実施国: ブラジル
プロジェクト名: Nobrecel Biomass Energy Project
排出権の種類: VCU
数量(トン): 806

なお、2011年度上期分(2011年4月1日~2011年9月30日)の5,477トンについては、2011年9月に排出権の無効化処理をおこない、オフセットを完了しています。今回の下期分とあわせて、2011年度分のオフセットが全て完了しました。2009年10月の「CO2ゼロ排出量工場」の開始から、今回のオフセットを含めて、合計で26,510トンのCO2のオフセットが完了したことになります。

OKIデータでは、引続きカーボンオフセットの取組みを進めると共に、排出権の無効化処理について公表してまいります。

【用語解説】
注1:2010年度に排出されたCO2排出量合計の2分の1を2011年度下期のCO2排出量としてオフセットを行いました。

注2:Markit Environmental Registry は、以下のサイトでご確認いただけます。
リンク

注3:VCU(Voluntary Carbon Unit)
VCSに基づき認証された温室効果ガス削減・吸収プロジェクトから発行される排出権の単位。VCS(The Voluntary Carbon Standard)は、持続可能な開発のための経済人会議(WBCSD)等により創立された団体による自主的な温室効果ガス削減・吸収プロジェクトを認証する規格。

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI広報部 永野
電話:03-3501-3835
e-mail:press@oki.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。