logo

東京商工会議所にOKWave提供による 「webQ&Aフォーラム」を開設

会員企業のIT化促進支援の効率化と会員向け自己解決型コンテンツにオウケイウェイヴのQ&Aを活用

東京商工会議所(会頭:岡村正、本部所在地:東京都千代田区、以下東商)と株式会社オウケイウェイヴ(代表取締役社長:兼元謙任、本社:東京都渋谷区、以下オウケイウェイヴ)は中小企業である東商会員がホームページの戦略的活用等をネット上で相談、学習できる「webQ&Aフォーラム」を2012年3月26日(月)より開設します。

東京商工会議所(会頭:岡村正、本部所在地:東京都千代田区、以下東商)と株式会社オウケイウェイヴ(代表取締役社長:兼元謙任、本社:東京都渋谷区、以下オウケイウェイヴ)は中小企業である東商会員がホームページの戦略的活用等をネット上で相談、学習できる「webQ&Aフォーラム」を2012年3月26日(月)より開設します。

「webQ&Aフォーラム」は、東商の会員企業とくに中小企業のIT化を促進させたい東商の考えのもと、オウケイウェイヴの協力により開設しました。
「webQ&Aフォーラム」は大きくは2つのコンテンツで構成されます。コンテンツの1つは東商会員向けWebヘルプデスク。会員企業のIT担当者からのITに関する相談に「Web戦略パートナー」(※)が個別対応するWebヘルプデスクの仕組みをオウケイウェイヴのFAQ作成管理ツール「OKBiz Support」を用いて提供します。多く寄せられる相談はFAQ(よくある質問)として公開できるスキームを備えており、会員企業同士でITに関するFAQを共有できるようにしていく考えです。
もう1つは、オウケイウェイヴの運営する日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」(リンク)の2,600万件以上のQ&Aデータベースの中から、IT関連のQ&Aを抽出し、読み物コンテンツとして会員向けに提供します。
「webQ&Aフォーラム」を通じて、東商の会員企業へのIT化促進支援活動の効率化と、会員企業間でのナレッジ共有ならびに会員企業がサイト上で自己解決できることによる会員満足度の向上等を期待しています。

※ 「web戦略パートナー」は、特定非営利活動法人ITコーディネータ協会(会長:播磨 崇、所在地:東京都港区)から推薦を受けた中小企業に対するHP活用に関する指導実績が高いITコーディネータが就任されます。

■株式会社オウケイウェイヴについて
リンク
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。インターネット業界の現在の潮流であるソーシャルメディアにいち早く着目し、2000年1月に日本初、最大級のソーシャルQ&Aサイト「OKWave」(リンク) を開設、運営しています(月間PV:1億800万以上 ※2011年12月末現在、本体サイト)。「OKWave」のユーザー同士が生み出す有益なQ&Aデータベースは「OKWave QA Partner」導入サイトとして国内大手ポータルサイトを始め100サイト以上が活用。更に、その運営ノウハウを元に、特許技術を有するエンタープライズFAQソリューション「OKBiz Support」やQ&A情報共有自動化ツール「OKBiz Answer」等を、サポート市場を中心に大手企業、自治体等220サイト以上に導入しています。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月には米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。以降も、国内最大規模のソーシャル・ハウツーサイト「OKGuide」(リンク)、リアルタイムQ&Aサイト「おけったー」(リンク)、20言語で利用できる国際的ソーシャルQ&Aサービス「ARIGATO」(リンク)、モバイルでの各種専門領域Q&Aサービス等、2012年中の20ヶ国語、200ヶ国への事業展開を視野に、世界中の人と人を信頼と満足でつなぎ、ありがとうを生み出していくサービスを提供し続けています。

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。