logo

【レポート販売】「携帯電話市場動向レポート2012」を販売開始

~用途多様化が創る、さらなる成長~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長五十嵐幹東京都中央区)は、IT関連市場調査会社である有限会社ボイスワーク(代表取締役社長 西村毅 東京都中央区)が提供する調査レポート「携帯電話市場動向レポート2012」の販売を開始しました。

詳細ページ:http://www.cross-shop.jp/shop/goods/$/id/8779/

報報道関係者各位

平成24年3月22日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「携帯電話市場動向レポート2012」を販売開始

~用途多様化が創る、さらなる成長~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■要約■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長五十嵐幹東京都中央区)は、IT関連市場調査会社である有限会社ボイスワーク(代表取締役社長 西村毅 東京都中央区)が提供する調査レポート「携帯電話市場動向レポート2012」の販売を開始しました。

詳細ページ:リンク


■■資料概要■■

2011年度(*1)の国内携帯電話市場の契約数は、前年度比110.2%となる1億3,673万件、金額は同比104.3%の7兆3,228億3,600万円となる見込みです。成熟市場でありながら用途の多様化が進んでおり、今後も堅調な成長を予測。2016年度(*2)の契約数は1億8,446万件、金額は9兆8,294億6,400万円となる見通しです。いくつかの成長要因があげられるが、純増という点では、乗り換え需要が中心のスマートフォンよりデーターカード(WiFiルータ含)やモジュールといったデータ系の貢献度が増しそうです。特にモジュールについては、広い分野で高い潜在需要が見込まれ、新たな市場を創り出しそうです。2016年度におけるデーターカードとモジュールを合わせた契約数は4,449万件と、市場全体の約24%を占めるまでに拡大する見通しです。キャリアの動きとしては、ガラケーから一斉にスマホへ大きく舵を切ったことで、データARPUを順調に伸びています。しかし一方では、急増するトラフィック対策に追われ、設備投資の追加を余儀なくされるなど、キャリアの負担増が見受けられます。想定していた事とはいえ、トラフィックの急増はキャリアにとって頭痛の種となっています。当面は、スマホ普及によるメリットとデメリットの両面を味わう展開が続きそうです。端末動向においては、割賦販売導入後、端末販売台数は一気に落ち込みましたが、昨年からのスマホ需要の本格化により復調、2011年度の販売台数は4,280万台(内スマホ:2,260万台)を予測しています。今後もスマホ需要を中心に高いレベルで推移する見込みです。また、端末販売の低迷により厳しい状況が続いた端末メーカーについては、統合/合併といった動きは一段落し、スマホ需要を追い風に海外市場も視野に入れた端末開発および販売強化を図っています。本レポートでは、携帯電話市場を4つのタイプ(*3)に分け、契約数、キャリア別シェア、端末メーカシェアなどを調査。成熟市場にも関わらず、成長と変化を続ける携帯電話市場の最新動向をレポートしております。

■■主な調査概要■■

■主なポイント

◇市場規模(契約数)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・常に市場の飽和性が指摘されるなか、用途の多様化により、今後も堅調な伸び
が見込める。2011年度の契約数は1億3,673万件(対前年度比110.2%)、金額は
7兆3,228億3,600万円(対前年度比104.3%)を予測。
2016年度には契約数1億8,446万件、金額9兆8,294億6,400万円を見込む。

・フィーチャーフォンからスマートフォンへの流れは予想以上の速さで進む。
2016年度のスマートフォン契約の比率は、携帯市場全体の62%を占める。

・スマホの増加は顕著だが、契約数の純増という意味では、乗り換え中心のスマート
フォンより、データカード通信(WiFiルータ含む)やモジュールといったデータ系
の成長性が貢献。
2016年度のデータカード通信とモジュールを合わせた契約数は4,449万へ拡大、
全体の24%を占める見通し。


◇キャリア動向
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・事業の主軸を一気にスマホへ切り替え、データARPUを伸ばす一方で、急増するトラ
フィック対策が急務に。当面はスマホ普及のメリットとデメリットの両面を味わう
展開に。(音声ARPU減少は二番底が予測される)

・いかに魅力的なサービスをタイミング良く提供できるかが、他社との差別化に。
それには企業提携を含め、多方面からのアプローチが必要。

◇端末メーカー動向
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・端末販売台数は、スマホ需要で復調、今後も高い水準で推移する。
2011年度の販売台数は4,280万台(内スマートフォン:2,260万台)を見込む。

・統合/合併の動きは一段落しそうだが、国内外の市場戦略は、今後も舵取りが難しい。
スマホ時代では、海外比重を高めることは不可欠だが、国内における海外メーカーの
ステータスも増す。


■■ 調査概要 ■■

【調査方法】
携帯電話キャリアおよび関連企業(販売ショップ等)への直接取材および電話取材

【調査期間】
2011年3月~2012年2月

■■概要■■

資 料 名:携帯電話市場動向レポート2012
発 刊 日:2012年2月24日
発   行:有限会社ボイスワーク
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:A4版/130頁
価   格:
■CD-ROM版 \94,500(本体\90,000+消費税\4,500)
■製本+CD-ROM 105,000円(本体100,000円+消費税5,000円)
別途送料500円

※「スマートフォン市場動向レポート 2012」(リンク)と2冊同時購入の場合は下記金額で、ご提供いたします。

(1)CD-ROM(PDF)        \168,000(本体2冊\160,000+消費税\8,000)
(2)CD-ROM(PDF)+製本      \189,000(本体2冊\180,000+消費税\9,000)

【お申し込み方法】
 リンク


■■株式会社クロス・マーケティングについて■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内150万人超の大規模モニターを軸に、
生活者の「生」の声を主にインターネットを活用して収集するマーケティング
リサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサ
ーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視
したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチ
に関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■株式会社クロス・マーケティング会社概要■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
Cross Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-5565-1555
Mail:cs-info@cross-m.co.jp
Facebook:リンク
twitter:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。