logo

adingo、SSP「Fluct」において、DSP「FreakOut」と提携し、RTB対応の広告配信を拡大

プレスリリース
2012年3月14日
株式会社adingo
-----------------------------------
adingo、SSP「Fluct」において、DSP「FreakOut」と提携
~RTB対応の広告配信を拡大し、メディアの収益最大化支援をさらに強化~
-----------------------------------


インターネットメディアのマネタイズを支援する株式会社adingo(東京都渋谷区、代表取締役:古谷 和幸)は、SSP(※1)「Fluct」において、RTB(Real Time Bidding:リアルタイム入札)を活用した広告配信を強化するため、2012年3月14日、株式会社フリークアウト(東京都港区、代表取締役:本田 謙)が提供するDSP(※2)「FreakOut」と提携いたしました。これにより、RTBを活用できる広告の取り扱いが拡大し、Fluctと提携するPCメディアに対し、より収益性の高い広告配信が可能になります。

SSP「Fluct」は、提携する複数のアドネットワーク(※3)やDSP、純広告など、様々なWEB広告の中から最も収益性の高い広告を配信し(イールドマネジメントシステム)、提携メディアの広告収益最大化および広告効果の向上を図る広告配信プラットフォームです。2010年12月のサービス提供開始以降、PC・モバイル・スマートフォンメディア/アプリに対応し、現在400以上のメディアに導入されています。また2011年10月より、PCメディアに対してはRTBに対応した広告配信も開始しました。

RTBとは、広告の1表示(1インプレッション)毎にリアルタイムのオークション方式で広告を選択するシステムで、広告主や広告会社から入札された中から最も単価の高い広告が配信される仕組みです。Fluctにおいては、RTBを通じて入札された広告とFluctが提携する複数のアドネットワークの広告を比較し、最も収益性の高い広告を配信することが可能となり、メディアの収益最大化を支援いたします。また、フロアプライス機能により、メディアは最低入札単価を担保することができ、収益性を下げることなく、安定的に収益を得ることも可能です。

現在Fluctは、国内主要アドネットワークを含む20社以上のアドネットワークと連携し、国内外のメディアへ最適な広告を配信、提携メディアの収益化向上に取り組んでおります。今後も、新機能開発や改善を進めるとともに、RTBに対応したDSPとの連携も強め、SSP事業者として提携メディアの収益化支援をさらに強化してまいります。




※1) SSP:Sell-Side Platform(セルサイドプラットフォーム)。メディアの広告収益を最大化させる仕組みです。
※2) DSP:Demand Side Platform(デマンドサイドプラットフォーム)。広告主のROIを最大化する仕組みです。
※3) アドネットワーク:一事業者のアドサーバーから、複数事業者のメディアサイトにまたがって広告を配信するサービスです。

----------------------------------------------------------------------
■株式会社adingo ( リンク )
代表取締役:古谷 和幸
取 締 役:宇佐美 進典、笹部 雅弘、小澤 昇歩
監 査 役:児玉 裕二
所 在 地:東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス8階
設   立:2008年6月2日
T  E  L :03-5459-1182
F A X :03-5459-1881
資 本 金:5,000万円(準備金含む)
株主構成及び所有比率:株式会社VOYAGE GROUP 100%
事業内容 :SSP(Sell-Side Platform)の企画、開発、運営
PC・モバイルでの検索サービス及びリスティング広告の導入支援
ADP (Audience Data Platform)の企画、開発、運営
検索サービスの企画、開発、運営/環境貢献型検索サービス「リーフバンク」の運営




-----------------------------------
【報道関係者お問合せ先】
株式会社VOYAGE GROUP 社長室 広報:江頭(エトウ)
TEL:03-5459-1044 FAX:03-5459-4224 E-mail:pr-info@voyagegroup.com

【その他のお問合せ先】
株式会社adingo マーケティング本部:深山(フカヤマ)
TEL: 03-5459-1182 FAX:03-5459-1881 E-mail: group_pr@adingo.jp
-----------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。