logo

「定置用蓄電池/蓄電システム市場動向調査」を販売開始

~スマートコミュニティに向けた蓄電池普及への各社の戦略~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都文京区)が提供する「定置用蓄電池/蓄電システム市場動向調査」を販売開始しました。

詳細URL:http://www.cross-shop.jp/shop/goods/$/id/8722/

報道関係者各位

平成24年3月13日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「定置用蓄電池/蓄電システム市場動向調査」を販売開始

~スマートコミュニティに向けた蓄電池普及への各社の戦略~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都文京区)が提供する「定置用蓄電池/蓄電システム市場動向調査」を販売開始しました。

詳細URL:リンク


■■ 商品概要 ■■

■2011~2020年度の市場規模を用途別、電池種類別に詳細分析!住宅用蓄電池の普及可能性は?有望用途は?


■主要プレイヤー17社にヒアリング実施。市場の見解と戦略を分析。

■2011年度の出荷製品を価格、容量、サイズ、充放電モードごとに一覧化。各社の製品スペックの比較と、今後の製品トレンドを分析。

2010年頃より、スマートグリッドの構築や再生可能エネルギー普及に伴い、安定した電力の最適な利用に向けて蓄電池が普及の兆しを示し始めています。また、東日本大震災を受けて、防災用途やピークシフトの用途でも蓄電池のニーズが高まり、2011年度は多くの定置用蓄電システム製品が出荷されました。今後は定置用蓄電システムに補助金がつくことも決定しており、定置用蓄電システム市場は大きな成長が期待されています。

本資料は、蓄電池メーカー、蓄電システムベンダー、住宅メーカー、販売会社など、定置用蓄電システム市場の主要プレイヤーや業界有識者にヒアリングを行い、2011年度の市場の動向と各社の戦略を調査しました。

また、調査結果から、定置用蓄電システム市場が、どのような用途(住宅/集合住宅/オフィス/ビル/発電所/など)で利用が増えていくのか、どのような製品(電池種類、用途、システム、など)が求められていくのか、どのような販路が有効か、2020年までの市場規模はどのように推移するのか、などを予測、分析を行いました。


【ヒアリング調査対象】

ヒアリング調査対象【蓄電池メーカー】
  1.株式会社 エジソンパワー
  2.エリーパワー 株式会社
  3.株式会社 ジーエス・ユアサ
  4.日本電気 株式会社
  5.BYD(比亜迪股分有限公司)

【蓄電システムベンダー】
  1.伊藤忠エネクス 株式会社
  2.株式会社 正興電機製作所
  3.株式会社 東芝

【住宅メーカー】
  1.株式会社 イザットハウス
  2.積水ハウス 株式会社
  3.大和ハウス工業 株式会社
  4.トヨタホーム 株式会社
  5.三井ホーム 株式会社

【販売会社】
  1.伯東 株式会社
  2.株式会社 リサイクルワン

【その他関連主要事業者】
  1.三井不動産レジデンシャル 株式会社
  2.株式会社 明電舎




■■ 資料目次 ■■

I.2011年度定置用蓄電池/蓄電システム市場動向
  1.2011年度市場規模
  2.時系列にみる主要各社の動向と東日本大震災の影響

II.定置用蓄電池製品動向と主要プレイヤーの戦略
  1.2011年度製品出荷動向
  2.蓄電池種類
  3.蓄電システムの利用目的と求められる性能
  4.製品スペックと今後の方向性
  5.用途(利用場所)ごとの蓄電システム販売動向と各社の販売網戦略
  6.蓄電池メーカー/蓄電システムベンダーの戦略分析
  7.国/行政の動向
  8.海外における定置用蓄電システムの動向

III.蓄電池搭載新築住宅の動向と住宅メーカーの戦略
  1.2011年度蓄電システム搭載新築住宅
  2.搭載蓄電池
  3.システム構築
  4.蓄電池利用目的
  5.ユーザー層
  6.新築住宅の搭載が進む理由
  7.住宅メーカーの動向

IV.今後の市場動向
  1.2020年度までの市場規模予測
  2.スマートコミュニティ時代における蓄電池普及シナリオ

V.ヒアリング個票_主要各社の動向と今後の戦略
  1.蓄電池メーカー
  2.蓄電システムベンダー
  3.住宅メーカー
  4.販売会社
  5.その他主要関連企業


■■ 商品詳細 ■■

商 品 名: 定置用蓄電池/蓄電システム市場動向調査
発 刊 日:2012年01月27日
発   行:株式会社シード・プランニング
販   売:株式会社クロス・マーケティング
版   型:A4 233頁
頒   価:
製本版    ;168,000円(本体価格160,000円、消費税8,000円)
CD-R版    :168,000円(本体価格160,000円、消費税8,000円)
製本+CD-R版 :199,500円(本体価格190,000円、消費税9,500円)

※別途送料500円

詳細URL:リンク

【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。

【お支払い方法】
法人様・・銀行振込みの後払いとなります。
商品と同封、または別送にて請求書と納品書をお送りいたしますので、
振込み期日までに指定口座へお振込みください。

個人様・・銀行振込みの前払いとなります。
お申し込み後に請求書をお送りいたします。
ご入金が確認されましてから、商品を発送いたします。


■■株式会社クロス・マーケティングについて■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内150万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■株式会社クロス・マーケティング会社概要■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
Cross Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-5565-1555
Mail:cs-info@cross-m.co.jp
Facebook:リンク
twitter:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。