logo

OKI:タイ生産拠点のフル操業再開のお知らせ

Tokyo, Mar 13, 2012 - ( JCN Newswire ) - タイ中部アユタヤ県ロジャナ工業団地にある当社連結子会社OKIデータ・マニュファクチャリング(タイランド)において、フル操業を再開いたしました。

OKIデータ・マニュファクチャリング(タイランド)では、平成24年1月4日より一部2階にて操業再開しており、フル操業再開は3月末を計画しておりましたが、生産インフラの早期復旧が可能となった為、1階での生産を含めた全面再開を3月1日より前倒しで開始し、3月12日より洪水前の生産水準に復旧しました。

今回洪水対策の強化として、1階、2階の生産ラインの配置見直し、重要生産設備と電源・エアコン系設備の2階への設置を行いました。今後は、グローバルでのバックアップ生産体制の強化など、さらなるBCP推進を図ってまいります。

【OKI Data Manufacturing (Thailand) 概要】

所在地:タイ アユタヤ
代表者:宗像 正博
出資金:4億2,000万バーツ
出資比率:株式会社沖データ 100%
設立:1994年
事業内容:プリンタの製造

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部 田中
電話:03-3501-3835
e-mail:press@oki.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。