logo

ベトナム・ホーチミンで無料のコワーキングスペースの提供を開始予定。スタートアップのIT起業家やIT企業の出張者、駐在予定者向けにオフィスインフラを無償提供。

株式会社バイタリフィ 2012年03月07日 15時00分
From DreamNews

==================================================================
ベトナム・ホーチミンで無料のコワーキングスペースの提供を開始予定
スタートアップのIT起業家やIT企業の出張者、駐在予定者向けにオフィスインフラを無償提供
==================================================================
Vitalify Asia Co.,Ltd(ベトナム・ホーチミン市、代表:崎山 昌広)と株式会社バイタリフィ(東京都渋谷区、代表:川勝 潤治)は、スタートアップの起業家や出張者、駐在予定者向けにオフィススペースや会議室・机・椅子・電源・ネット環境などを無償で提供するサービスを、ベ トナム・ホーチミン市内で3月下旬より開始する。
※IT事業者向け、簡易審査あり

現在バイタリフィアジアは同オフィスビル内に650m2のスペースを持ち、そこに155名の開発エンジニアが稼働している。新たに部屋を賃借して増床し、そこをコワーキングスペースとする計画。
現在拡張スペースの契約は終了しており、240m2のスペースで50~70名程度は収容可能の予定。
反響次第では更に200m2ほどの増床も計画中。

オープンな打合せスペース、個室の会議室も設置予定。

【背景】
・昨今のアジアブーム、スタートアップブームの舞台としてホーチミンは最も注目されている都市の一つであること
・日本国内ではエンジニア不足が深刻で、有力な人材を求めてベトナム進出を検討している企業が多いこと
・世界的にコワーキングスペースが流行っており、アジアでもシンガポールやインドネシアなどで急速に広まっていること

【狙い】
本件においてバイタリフィグループでは、下記のような事業拡大を考えている。
・スタートアップベンチャーとのコラボレーションサービスの立ち上げなどを通じて新たな収益創出
・IT企業のアジア展開の一助となることで、受注の拡大や共同事業の立ち上げなどを通じた収益拡大
・アジア(ベトナム)ならバイタリフィというブランディング確立

【入居資格】
・IT事業者で公序良俗に反していないこと
・短期滞在に限る(1ヶ月以上の長期滞在予定者は要相談)
・入居者情報は、事前了承のもと、WEBで公開させてもらう
※弊社による簡易審査があります。


【本件に関する説明会を下記日程で開催】
ベトナムオフショア開発 Forスタートアップセミナー
3月14日(水) 13時、15時 東京・恵比寿
3月15日(木) 13時、15時 大阪・本町
詳細は リンク こちらをご確認の上、お申し込みください。

参考:ホーチミンから周辺国へのアクセス
飛行機2時間⇒ジャカルタ、マレーシア、シンガポール、ミャンマー
 1時間⇒タイ、カンボジア、ラオス
※当コワーキングスペースを拠点に、東南アジア諸国の視察をするということも考えられます。


■Vitalify Asia Co.,Ltd
所在地:Duy Tan Plaza, Room 108, 232, 3 thang 2 Street, Ward 6, District 10, Hochiminh City, Vietnam
資本金:10万ドル
代表者:崎山 昌広
従業員数:155名(2012年3月現在)
事業内容:WEBアプリ、スマートフォンアプリの企画・開発・検証・運用
URL: リンク

■バイタリフィ
所在地:東京都渋谷区恵比寿西1-9-6 アストゥルビル8F
資本金:3000万円
代表者:川勝 潤治
従業員数:40名
事業内容:WEBサイト、WEBアプリ、スマートフォンアプリの企画・制作・開発・検証・運用
URL: リンク

▼問い合わせ先
Vitalify Asia リンク
TEL:(08) 38682612 (International Call +84+8-38682612) offshore_sales@vitalify.asia
担当:崎山(さきやま)、田村(たむら)

株式会社バイタリフィ リンク
TEL:03-5428-6346 info@vitalify.jp
担当:板羽(いたば)、辻(つじ)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。