logo

植竹隆政シェフ監修 Oliveto『生パスタ』新商品の試食会を開催

ヤヨイ食品株式会社 2012年03月01日 10時24分
From RELEASE PRESS



冷凍食品メーカーのヤヨイ食品株式会社(東京都港区)は、2月28日に代官山「リストランテ・カノビアーノ」におきまして、1月に新商品発表しました植竹隆政シェフ監修の冷凍パスタ「Oliveto」シリーズの試食会を開催いたしましたので、お知らせ申し上げます。

試食会には問屋関係者様、通販関係者様など13社23名が来場され、植竹シェフが考案した新商品のアレンジメニューをご試食いただきました。メニューは、トマト・チーズ・ベーコンの組み合わせが絶妙な「アマトリチャーナ」と2種類のチーズが濃厚な「カルボナーラ」の生パスタ2品と、「茄子のトマトソース」と「明太子」の全4品で、植竹シェフからレシピの特徴や調理のポイントについて解説があり、ご来場の皆さまは各新商品の特徴やレシピの解説に熱心に耳を傾けていました。
イベントに参加された通販会社のご担当者様は、「生パスタの美味しさに感心し、本日採用を決めた。初夏には導入予定。具体的にお話を進めていく。」と話していました。
今回の新商品の目玉である生パスタについて、監修された植竹シェフは「僕が修行した北イタリアはまさに生パスタの本場。各レストランから家庭までよく食べられている。今回そんなイタリアの味を基本に、日本人好みに仕上げた。」と話し、商品開発本部マーケティング室の池田室長は「生パスタの品質は従来のOlivetoシリーズ品よりワンランク上に設定し、『アレンジの多様さ』を念頭におき商品設計しました。量販店や宅配市場では商品単品で、外食市場では半製品素材としてご使用いたくことで、各店舗独自のメニューでバリエーション展開が可能です。」と話していました。
今回のイベントで提供した植竹シェフ監修レシピは、3/1よりヤヨイ食品Webサイトで公開しています。

【Olivetoシリーズについて】
「oliveto」はイタリア語で「オリーブ園」を意味する言葉で、ヤヨイ食品が展開するパスタシリーズ名です。
「植竹隆政シェフ監修」のコンセプトでミートソースやボロネーゼなどのベーシックなスパゲティ、またはOliveto独自オリジナルのパスタメニューを展開しています。

【今回発表した商品】
①Oliveto 生パスタ・アマトリチャーナ
規格:260g 価格:オープン
特徴:さっぱりとしたトマトの酸味の中にもチーズとベーコンの旨味をしっかり効かせた幅広麺に良く合うコクのあるソースです。

②Oliveto 生パスタ・カルボナーラ
規格:260g 価格:オープン
特徴:もっちりとした平打ち麺と2種類のチーズパウダーで濃厚感を出したカルボナーラです。

③Oliveto スパゲティ・茄子のトマトソース
規格:280g 価格:オープン
特徴:トマトソースと茄子のベーシックなメニューです。シンプルながらも本格的な味わいがお楽しみいただけます。

④ Oliveto スパゲティ・明太子
規格:280g 価格:オープン
特徴:人気の和風メニューを、シェフ監修により辛味を抑えたまろやかなソースに仕上げています。

【植竹シェフ監修レシピ掲載Webサイト】
リンク

【本リリースに関するお問い合わせ先】
ヤヨイ食品株式会社 
経営企画室 
広報担当:皆川麻衣子、福永和弘
TEL:03-5400-1513


リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。