logo

セキュアプリント、国内主要プリンタメーカー製複合機の認証機能に対応

全社のプリンタ使用ログを一元管理し、セキュリティ強化や印刷関連のコスト削減を支援

株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柏木 茂、以下シーイーシー)は、このほど同社の提供する、IDカードを利用した認証印刷ソリューション「SmartSESAME® SecurePrint!Suite(スマートセサミ セキュアプリント スイート)」の、新バージョン提供を開始いたしましたのでお知らせいたします。

今回のバージョンアップによりSmartSESAME® SecurePrint!Suiteは、キヤノン、コニカミノルタ、富士ゼロックス、リコーが提供するオフィス向け複合機の認証機能との連携を実現し、マルチベンダー対応の認証印刷製品では、初の国内主要プリンタメーカー4社への対応が完了いたしました。SmartSESAME® SecurePrint!Suiteが導入されたオフィスでは、PC上から出力するプリンタを選択する必要が無く、各メーカーの提供する認証機能を利用してログインするだけで自由に出力先を選ぶことができます。また、ログイン後は標準機能のコピー、ファクス、スキャンが利用できるほか、SmartSESAME® SecurePrint!Suite独自の機能として、複合機のタッチパネルから印刷部数の変更や出力設定(片面/両面、カラー/モノクロ、ホチキス留め/中綴じ/パンチ等)の変更が可能になります。さらに、各メーカーの提供するログサーバ※注1と連携することで、複数メーカーのプリンタが混在するオフィス環境においても複合機の使用ログが一元管理できるようになります。これによりコピーやスキャンによる不正な電子化の抑止効果を高めることができるほか、複合機上での印刷操作方法を統一することによる利便性の向上、全社のプリンタ利用状況(用紙やトナーの利用状況等)を迅速に把握して、プリンタ管理に伴う業務の効率化および印刷コストのさらなる削減を図ることができます。

シーイーシーは、2002年にSmartSESAME®(スマートセサミ)のブランド名で、IDカードを利用したセキュリティソリューションサービスの提供を開始、2004年からは認証印刷ソリューション「SmartSESAME® SecurePrint!」を提供しています。今回の機能拡張により、複数のメーカーが混在するオフィス環境において、より一層のセキュリティ強化と印刷コスト削減が見込まれるとともに、操作ログ収集や印刷コストの全社集計など、関連した業務の効率化を図ることができます。なお、シーイーシーはSmartSESAMEソリューション事業において、今後3年間で売上30億円を目指します。

※注1. 各メーカーがオプションで提供する、複合機の使用ログを管理するサーバ(印刷用紙サイズや印刷枚数、コピー、ファクス、スキャンの利用時間や回数など。項目や管理方法は各メーカーによって異なります)。

このプレスリリースの付帯情報

SmartSESAME® SecurePrint!Suiteシステム構成、利用イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■特長
【新機能】
①メーカー純正のICカード認証装置を利用して、SecurePrint!Suiteの印刷機能を利用することができます。
②複合機のタッチパネルから、印刷の設定(部数、両面/片面、カラー/モノクロ、ホッチキス留め、中とじ製品など)を変更できます。
③複数のメーカー製複合機やプリンタの混在するマルチベンダー環境において、各メーカーのログサーバと連携して、プリンタ使用ログ(複合機の場合はコピー、ファクス、スキャンなどを含む)を一元管理することができます。

■価格
 標準価格 700,000円~ :(ライセンス、標準設置作業のみ)ハードウエア含まず。
※価格、対応複合機など詳細については、お問い合わせください。

■株式会社シーイーシーについて
シーイーシーは、独立系システムインテグレーターとして、ソリューションサービス事業(PROSES)、検証/診断サービス事業(PROVEQ)、ITライフサイクルマネジメントサービス事業(PROFESSIONAL)、システム開発サービス事業(PROGRESS)まで、トータルにITサービスを提供しています。ソリューションサービス事業においては、生産物流、ヘルスケア、RFID活用分野において、自社の独自製品やサービスを中核とした特徴のあるITサービスを提供しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。